復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

出版社「吉川弘文館」 ショッピング一覧

ショッピング248件

リクエスト187件
  • 新着

    明智光秀の生涯

    【著者】諏訪勝則

    予価 1,980円(税込)

    18ポイント


    配送時期:2019/11/中旬

    戦国史最大の謎、本能寺の変の首謀者。その若き日の姿を知る術はないが、将軍足利義昭に従って歴史の表舞台に登場。織田信長に臣従して、卓越した行政能力を発揮する一方、有力な軍事指揮官として各地を転戦する。 ...

    購入ページへ

  • 新着

    信長と家康の軍事同盟 利害と戦略の二十一年

    【著者】谷口克広

    予価 2,420円(税込)

    22ポイント


    配送時期:2019/11/中旬

    戦国群雄にとって、裏切りや謀反は当たり前で、信義関係など成り立たない時代。織田信長と徳川家康の同盟は、本能寺の変まで二十一年続いた。 同盟が維持された理由と実体を解き明かし、天下統一につながる動きに迫...

    購入ページへ

  • 文化遺産と〈復元学〉

    【著者】海野聡 編

    予価 4,950円(税込)

    45ポイント


    配送時期:2019/11/中旬

    失われた文化遺産を再生する復元はどのように行われるのか。近世の内裏図作成と考証、平安宮八省院を模した平安神宮や寺院・城郭の再建、美術品のレプリカ、海外の再建建築の世界遺産登録など、広範囲に及ぶ時代と地域...

    購入ページへ

  • 平将門の乱を読み解く

    【著者】木村茂光

    1,980円(税込)

    18ポイント


    配送時期:2019/10/中旬

    「新皇」即位--。皇統を揺るがせ、朝廷に衝撃を与えた平将門の乱。貴族社会に深い刻印を残した反乱の原因を探りつつ、その過程に八幡神や天神など新しい神々が登場する意味や国家の高度な支配イデオロギーである王土...

    購入ページへ

  • amazon販売

    核軍縮の現代史 北朝鮮・ウクライナ・イラン

    【著者】瀬川高央

    2,090円(税込)


    東西冷戦の終結後、核兵器全廃に向けた世界的軍縮が進む一方、核拡散の脅威が現実化した。 米ソの中距離核戦力削減交渉、ウクライナや朝鮮半島の非核化交渉、イラン核交渉など、将来の核軍縮・不拡散合意の破綻を回...

    購入ページへ

  • 日本の神話を考える

    【著者】上田正昭

    2,420円(税込)

    22ポイント


    配送時期:2019/10/中旬

    『古事記』『日本書紀』だけが日本の神話ではない。『風土記』や『万葉集』『先代旧事本紀』なども、神話の貴重な断片を伝えている。 その全体を東アジアとの関わりも視野に入れて見通し、日本神話の成立と構造を解...

    購入ページへ

  • 送料無料

    戦後日本の教科書問題

    【著者】石田雅春

    9,900円(税込)

    90ポイント


    配送時期:2019/10/中旬

    教育課程や検定制、歴史教科書の記述内容などを焦点に進められてきた戦後の教科書問題研究。昭和20年から50年ごろまでの諸問題を、占領期・講和独立後・家永教科書裁判提訴後にわけて分析。 占領期の文部省とC...

    購入ページへ

  • 中世鎌倉のまちづくり 災害・交通・境界

    【著者】高橋慎一朗

    3,080円(税込)

    28ポイント


    配送時期:2019/10/下旬

    三方を山と谷が取り囲み、南に海が広がる武家の都鎌倉。多くの寺社や遺跡、地形を生かした都市の「かたち」が、鎌倉に幕府が設置された当時の雰囲気を現在に伝える。 多様な機能を持つ橋、静寂な谷の奥に向かって展...

    購入ページへ

  • 送料無料

    帝国日本の大陸政策と満洲国軍

    【著者】及川琢英

    9,900円(税込)

    90ポイント


    配送時期:2019/10/中旬

    帝国日本において、満洲国軍とはいかなる存在だったのか。 日露戦争期の馬賊ら在地勢力が、張作霖主導の奉天軍期を経て満洲国軍に組み込まれていく過程や、陸士留学生の役割、軍内統制の実態、徴兵制を規定した国兵...

    購入ページへ

  • 送料無料

    日本陸軍の軍事演習と地域社会

    【著者】中野良

    9,900円(税込)

    90ポイント


    配送時期:2019/10/中旬

    軍隊の維持に不可欠な軍事演習にあたり、陸軍と地域社会はいかなる関係を有したか。 日露戦後から昭和戦前期という、軍隊をとりまく環境が揺れ動く時期を対象に、演習地の負担・被害と歓迎や利益追求、演習地に対す...

    購入ページへ

  • 戸籍が語る古代の家族

    【著者】今津勝紀

    1,870円(税込)

    17ポイント


    配送時期:3~6日後

    いまを遡ること1300年以上前、古代でも戸籍に人々が登録され、租税負担や徴兵の基本となっていた。どの範囲の親族が記載されたのか、人口総数や平均余命、貧富の差、出産数、歳の差婚が多かった理由、婚姻は通いだ...

    購入ページへ

  • amazon販売

    奈良の寺々 古建築の見かた

    【著者】太田博太郎

    2,420円(税込)


    絵画や彫刻と異なり実用性も要求される建築は、基本的な知識がないと美や良さを理解するのが難しい。 奈良の古寺を題材に、基礎用語と建物の構造をやさしく解説した、鑑賞のための入門書。便利な建築用語索引を付す...

    購入ページへ

  • 生活道具の民俗考古学 籠・履物・木割り楔・土器

    【著者】名久井文明

    4,950円(税込)

    45ポイント


    配送時期:3~6日後

    籠や畳薦、曲げ物、履物、土器…。 縄紋時代以降の人びとは生活道具をどのように作り、使用していたのか。出土遺物が形成された背景を、これまでの考古学が研究対象にしなかった全国各地に残る民俗事例を参照して追...

    購入ページへ

  • 食べ物の民俗考古学 木の実と調理道具

    【著者】名久井文明

    4,950円(税込)

    45ポイント


    配送時期:3~6日後

    木の実の乾燥・備蓄、それを割った石器や「あく抜き」、初期の木製甑(こしき)の使い方など、縄紋時代以降の人びとは食べ物をどのように処理し、利用してきたのか。出土遺物が形成された背景を、これまでの考古学が研...

    購入ページへ

  • 鎌倉幕府の転換点 『吾妻鏡』を読みなおす

    【著者】永井晋

    2,420円(税込)

    22ポイント


    配送時期:3~6日後

    鎌倉幕府の歴史は、正史『吾妻鏡』にいかに叙述されているのか。源平合戦、御家人の抗争、北条氏の権力確立などを年代順に辿り、『吾妻鏡』の記述と京都の公家・寺院の記録を比較検証。何が事実であったかを読み解く。...

    購入ページへ

  • 検証 奈良の古代遺跡 古墳・王宮の謎をさぐる

    【著者】小笠原好彦

    2,420円(税込)

    22ポイント


    配送時期:3~6日後

    古代には大和(やまと)と呼ばれ、政治・経済・文化の中心地だった奈良。 葛城(かつらぎ)氏の本拠である馬見(うまみ)古墳群、壁画で知られる飛鳥の高松塚古墳とキトラ古墳、厩戸(うまやど)皇子の斑鳩(いかる...

    購入ページへ

  • 海辺を行き交うお触れ書き 浦触の語る徳川情報網

    【著者】水本邦彦

    1,980円(税込)

    18ポイント


    配送時期:3~6日後

    江戸時代、海運・海難に関するお触書「浦触(うらぶれ)」が、全国の海辺の村や町を行き交っていた。年貢米輸送船の行方捜索や島抜け流人の追跡、瓦や材木の回漕予告、漂着した異国船の長崎への護送など、テーマは海事...

    購入ページへ

  • 日本における書籍蒐蔵の歴史

    【著者】川瀬一馬

    2,640円(税込)

    24ポイント


    配送時期:3~6日後

    中世の金沢文庫に始まり、豊臣秀次・徳川家康・近世大名や文人の収書、近代の安田文庫や好事家の収集と現代に到るその蔵書の歴史をたどる。 多くのコレクションにかかわった、書誌学の第一人者による日本文化史の試...

    購入ページへ

  • 特攻隊の<故郷> 霞ヶ浦・筑波山・北浦・鹿島灘

    【著者】伊藤純郎

    1,870円(税込)

    17ポイント


    配送時期:3~6日後

    空に憧れ飛行兵への道を選んだ若者たちは、なぜ、どのように、誰の命令で「必死」の任務、特攻隊員となったのか。 筑波山を仰ぐ茨城県霞ヶ浦湖畔や北浦・鹿島灘を望む地で、厳しい訓練に励んだ予科練生・飛行予備学...

    購入ページへ

  • amazon販売

    天皇の政治史 睦仁・嘉仁・裕仁の時代

    【著者】安田浩

    2,750円(税込)


    大日本国帝国憲法下の天皇制は、立憲君主として臣下の補弼により統治を総覧するとされた。だが実際は天皇自身も政策に介入することがあり、内閣・軍部も天皇を利用した。史料を深く読み込み、天皇三代の実態に迫る。 ...

    購入ページへ

カテゴリで探す

検索されている人気キーワード

キーワード一覧へ

T-POINT 貯まる!使える!