復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

「原発原子力」 復刊リクエスト一覧 (投票数順)

ショッピング25件

復刊リクエスト97件

  • ラジヲマン
    復刊商品あり

    ラジヲマン

    【著者】あさりよしとお

    投票数:308

    単行本で読みたい一冊。2010年に一度発刊決定の報があったが原発事故のため立ち消えに。 2014年3月にあさり氏とお会いした際に質問したところ、この漫画は「消された」わけではなく、また本人も... (2016/11/27)

    投票ページへ

  • チェルノブイリ:放射能と栄養

    チェルノブイリ:放射能と栄養

    【著者】V.N.コルズン,I.P.ロス,O.P.チェストフ著 白石久二雄訳

    投票数:307

    放射能汚染は確実に広がっていると考えて行動しなければならない時期にきているとおもいます。しかし、すべての汚染地域の人たちが汚染されていない場所へ移動することなど不可能です。 食品についても、... (2011/07/28)

    投票ページへ

  • チェルノブイリの雲の下で

    チェルノブイリの雲の下で

    【著者】田代ヤネス和温

    投票数:153

    チェルノブイリ事故の際の西ドイツにおいて、放射線への恐怖に対して、ジェンダー的な差異があることを指摘している重要な本だそうです。 (2017/02/01)

    投票ページへ

  • 原発はなぜ危険か 元設計技師の証言
    復刊商品あり

    原発はなぜ危険か 元設計技師の証言

    【著者】田中三彦

    投票数:41

    電力会社の原子力発電のCMには、「二酸化炭素を出さないクリーンなエネルギー」と言っているが(言っていた)、どこがクリーンなのか?今回、福島第一原発の事故を目の当たりにして二酸化炭素より危険な放... (2011/03/20)

    投票ページへ

  • あしたは晴れた空の下で ぼくたちのチェルノブイリ
    復刊商品あり

    あしたは晴れた空の下で ぼくたちのチェルノブイリ

    【著者】中沢晶子

    投票数:39

    「豚のPちゃんと32人の小学生」の話に疑問を持ち色々調べていた所、とあるサイトにこの本の事に触れられていた事がきっかけです。私自身も小学の国語の授業でこの本を読んだ事があり、普段気にも留めない... (2008/11/14)

    投票ページへ

  • 原発ジプシー
    復刊商品あり

    原発ジプシー

    【著者】堀江 邦夫

    投票数:36

    かつてこの本が刊行された頃に父が堀江氏から本を寄贈されました。大きな衝撃を持って本書を読んだ記憶があります。残念ながら月日が流れ、現在手元に本が見当たりません。 東日本大震災による福島原発は... (2011/04/07)

    投票ページへ

  • 原子爆弾の誕生 普及版 上・下
    復刊商品あり

    原子爆弾の誕生 普及版 上・下

    【著者】リチャード・ローズ 著 / 神沼二真 渋谷泰一 訳

    投票数:34

    本書は科学・技術的観点から、かつ歴史的観点からも綿密な調査と検証の上さらに科学者としての良心の元に記述されており、一度、紀伊国屋のものではなく、元版を持っていたのですが、止む無く手放した事情が... (2008/01/03)

    投票ページへ

  • 原子力談義

    原子力談義

    【著者】島村武久、川上幸一

    投票数:30

    本当のことを政府も企業も言ってくれないようなので、 この本が絶対的な真実とは言わないけれど情報が欲しい。 23年前の本だから今現在、主には語られない当時の情況なども知り、経緯を知りたい... (2011/05/02)

    投票ページへ

  • 原子力帝国
    復刊商品あり

    原子力帝国

    【著者】ロベルト・ユンク:著、 山口 祐弘:訳

    投票数:27

    22年前に読みかけたままになっていたのですが昨年5月から読み返してみて、著者の洞察の深さに改めて驚かざるを得ませんでした。以下は本書の序文(硬直した道)からの引用です。 「本書は不安と怒... (2012/01/11)

    投票ページへ

  • 原子力の社会史 その日本的展開

    原子力の社会史 その日本的展開

    【著者】吉岡斉

    投票数:26

    いま、まさに読みたい本・読むべき本です。 福島原発事故のあと、エネルギー政策を見直すとしても、 過去の原子力行政の構造を見直さずには、とうてい 本格的なものといえません。 朝日新聞も、... (2011/05/20)

    投票ページへ

  • 原発と陰謀

    原発と陰謀

    【著者】池田整治

    投票数:19

    まだ依然として原発は放射能を垂れ流しの状態である。 この原発の存在にどんな陰謀がからんでいるのか 鋭い著者の視点を確認したいです。 (2016/12/02)

    投票ページへ

  • チェルノブイリ極秘―隠された事故報告

    チェルノブイリ極秘―隠された事故報告

    【著者】アラ・ヤロシンスカヤ著 和田あき子訳

    投票数:17

    福島原発事故が発生した今、読み直すべき本である。 (2011/07/10)

    投票ページへ

  • 闇に消される原発被曝者
    復刊商品あり

    闇に消される原発被曝者

    【著者】樋口健二

    投票数:15

    今まさに福島でおきている事だと思う。 今まで、知らないでいた自分が恥ずかしい。 どこを探しても、手に入らない。ぜひ、復刊を望みます。 一人ひとりが、考えないとならない。誰かの犠牲の上の幸... (2011/04/11)

    投票ページへ

  • 最終弁論 歴史的裁判の勝訴を決めた説得術

    最終弁論 歴史的裁判の勝訴を決めた説得術

    【著者】マイケル・S.リーフ H.ミッチェル・コールドウェル ベン・バイセル

    投票数:14

    レオポルドとローブの事件を題材にした舞台、「スリル・ミー」のトークライブでこの書籍を知りました。史実とそれを題材にした作品の同一視はしなくとも、被害者も加害者もユダヤ人だったこの事件で死刑反対... (2021/05/31)

    投票ページへ

  • チェルノブイリ食糧汚染

    チェルノブイリ食糧汚染

    【著者】七沢 潔

    投票数:13

    健康を維持するために食べ物は大切なもの。福島原発事故による食べ物への汚染と真っ正面から向き合うために、知識が必要です。そのために、チェルノブイリから私たちは学ばなければなりません。今迄に経験し... (2011/08/27)

    投票ページへ

  • 武谷三男著作集 全6巻

    武谷三男著作集 全6巻

    【著者】武谷三男 (TAKETANI, Mituo)

    投票数:13

    21世紀に入り、環境もしくは科学技術政策における「予防原則」の必要性がようやく認識されてきています。武谷は、もう50年も前からこの予防原則の核となる思想を著作の中で展開し、なおかつ日本の住民運... (2006/03/26)

    投票ページへ

  • プルトニウム・ファイル(上下)

    プルトニウム・ファイル(上下)

    【著者】アイリーン・ウェルサム

    投票数:10

    アメリカ国民すらモルモットにされたという衝撃の事実。プルトニウムの恐ろしさを多くの人に知って欲しい。 (2012/11/16)

    投票ページへ

  • ふうせんの日

    ふうせんの日

    【著者】八起正道

    投票数:8

    20年近く前に初めて手に取った本。当時は最悪の想定の物語を、よくぞ児童書で書いたな、という感想と、まずありえないことだろうが、現実となった時の、自身の戒めとして忘れられない作品でした。 ... (2012/04/22)

    投票ページへ

  • 放射線被曝の歴史
    復刊商品あり

    放射線被曝の歴史

    【著者】中川保雄

    投票数:8

    被曝許容限度基準なるものは、そもそも<科学的・客観的に定められた基準>ではなく、核開発の前提となる被曝の受忍を実現するための政治的基準である。という点を喝破した書物ときいて、まさに被曝を受忍さ... (2011/08/12)

    投票ページへ

  • 武谷三男現代論集 全7巻

    武谷三男現代論集 全7巻

    【著者】武谷三男 (TAKETANI, Mituo)

    投票数:8

    現在、武谷三男の著作目録をつくっています。できれば、約170冊にも及ぶ ものです。ところが武谷三男著作集は現在まだ出版されているようですが、現 代論集の方はもう品切れのようです。とても残念です... (2004/01/02)

    投票ページへ

カテゴリで探す

検索されている人気キーワード

キーワード一覧へ

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!