復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

「インド」 復刊リクエスト一覧 2ページ

ショッピング28件

復刊リクエスト213件

  • マハーバーラタ 上・中・下
    復刊商品あり

    マハーバーラタ 上・中・下

    【著者】C・ラージャーゴーパーラーチャリ 著 / 奈良毅 田中嫺玉 訳

    投票数:27

    ko

    ko

    新書サイズで手に取りやすく、コンパクトにまとまっているので読みやすいです。他の方にお勧めする時にも読んでもらいやすいと思うのですが、入手しようとすると大変高価になってしまっているので、手に入り... (2016/01/25)

    投票ページへ

  • 南インドの瞑想  ラマナ・マハリシとの対話

    南インドの瞑想  ラマナ・マハリシとの対話

    【著者】ラマナ・マハリシ/おおえまさのり

    投票数:25

    霊性について書かれた本の中で、数少ないほんものの本だと思います。私の周りにも何人かが読んでいますが、そろって感銘を受けたと話しています。私も友人から借りて読んだのですが、ぜひ手元において常に読... (2003/05/13)

    投票ページへ

  • タゴール詩集 ギーターンジャリ

    タゴール詩集 ギーターンジャリ

    【著者】タゴール著 渡辺照宏訳

    投票数:23

    インド3大哲人の一人タゴールの、まさしく、人類の至宝とも呼ぶべき「ギーターンジャリ」を是非、岩波文庫で読みたいと思ったから。 以前、この本を本屋で見たとき、英語の方も掲載されていて、勉強にな... (2006/02/17)

    投票ページへ

  • シャクンタラー姫
    復刊商品あり

    シャクンタラー姫

    【著者】カーリダーサ 辻直四郎訳

    投票数:23

    彫刻の題材にもなっている古来からの傑作です。 ほんの5年前に購入したときには岩波から出ていたのに。 大切な人に渡したままもどってくることはないので、 自分の手元においておきたい、大切な1冊なの... (2001/05/27)

    投票ページへ

  • ラマナ・マハリシの教え

    ラマナ・マハリシの教え

    【著者】ラマナ・マハリシ

    投票数:22

    今かなり人気が数年前からあり、 この本は中古市場で7千円以上もします。(2千円台でした) おおえまさのり氏が翻訳してます。(監訳?) 本屋においても新しいバージョンが売れていますが、 ... (2003/05/13)

    投票ページへ

  • クリシュナムルティの神秘体験
    復刊商品あり

    クリシュナムルティの神秘体験

    【著者】J・クリシュナムルティ

    投票数:21

    原書は持っていますが、せっかくの翻訳なので是非とも復刊を希望します。この本はクリシュナムルティの徹底した観察の鋭さと、そこに流れる清澄さが調和を織り成した意義のある名著だと思います。クリシュナ... (2003/07/04)

    投票ページへ

  • 今夜、自由を

    今夜、自由を

    【著者】D.ラピエール/L.コリンズ

    投票数:21

    「莫大な情報量から1947年のイギリス・インド帝国の崩壊後のアジアの激動を精密に描き、その著者ラピエールとコリンズにより発表された最上のジャーナリズムととらえても過言ではない」と大学教授が絶賛... (2002/10/23)

    投票ページへ

  • キッチン日記―J.クリシュナムルティとの1001回のランチ

    キッチン日記―J.クリシュナムルティとの1001回のランチ

    【著者】マイケル クローネン (著), Michael Krohnen (原著), 高橋 重敏 (翻訳)

    投票数:19

    クリシュナムルティの著作や人物像は、取っ付き難く難解、と言った印象でしょうか。 この本は、もしかしたら突破口になりますよ。日本でのクリシュナムルティ再評価の。 是非、復刊すべきです。 表... (2008/04/25)

    投票ページへ

  • 破天 一億の魂を掴んだ男

    破天 一億の魂を掴んだ男

    【著者】山際素男

    投票数:19

    「男一代菩薩道」を読んで、佐々木師の人生を、その道のりを、よりよく知りたいと感じる気持ちを抑えることができません。本書から、使命感をもつということ、ひたすらひたむきに天命を全うすること、そんな... (2005/05/15)

    投票ページへ

  • 生と覚醒のコメンタリー 1--クリシュナムルティの手帖より

    生と覚醒のコメンタリー 1--クリシュナムルティの手帖より

    【著者】J・クリシュナムルティ

    投票数:19

    読んでいて、頭だけではなく感覚まで刺激される。人生の中でこれほど感銘を受けた本は少ない。真の洞察に満ちた書。 翻訳すると原著より大幅に頁数が増えてしまうのも絶版になってしまった理由の一つだろう... (2003/03/30)

    投票ページへ

  • 宝石の声なる人に

    宝石の声なる人に

    【著者】岡倉天心/プリヤンバダ・デーヴィー

    投票数:18

    恋したひとと離れているときのコミュニケーションについて考えていたとき、ふと思い出しました メールは簡便ながらそれだけ頻度が要求されます でも恋文ってそんなものかしら? もっと熟したことば... (2006/12/22)

    投票ページへ

  • あるがままに -ラマナ・マハルシの教え
    復刊商品あり

    あるがままに -ラマナ・マハルシの教え

    【著者】デーヴィッド・ゴッドマン

    投票数:17

    「ラマナ・マハルシの教え」がとても解り易く系統立てて書かれており、 真我実現の方法(「私・私・私・・・」と想い続ける)、 修練の進歩の度合いの確かめ方、真我とは何か?が 詳しく載って... (2008/04/17)

    投票ページへ

  • 英知の探求

    英知の探求

    【著者】J.クリシュナムーティー

    投票数:17

    この本はクリシュナムルティの本の中でも 非常に秀逸な一品の一つです。 どちらかというと「英知の教育」と同じような構成に なっています。 「英知の教育」があってこの本が訳されていないのは 片手落... (2002/05/02)

    投票ページへ

  • 摂大乗論 和訳と注解 上・下

    摂大乗論 和訳と注解 上・下

    【著者】長尾雅人

    投票数:16

    唯識の理解の為の最重要の図書の一つであり、仏教書の和訳研究としても名著である。このような書物を刊行し続けることは出版社としては誇りであろう筈である。 しかし講談社は誇りというものがないの... (2008/04/16)

    投票ページへ

  • マヌ法典 ヒンドゥー教世界の原型

    マヌ法典 ヒンドゥー教世界の原型

    【著者】渡瀬信之

    投票数:16

    古典インド法典である『マヌ法典』を簡潔に解説したわが国唯一の書籍。新書という形で簡単に古典インド法律文献の世界をうかがうことができていたのだが、絶版のために有用な入口を失っている。ぜひ復刊して... (2005/11/11)

    投票ページへ

  • 復興亜細亜の諸問題

    復興亜細亜の諸問題

    【著者】大川周明

    投票数:16

    北一輝と双璧をなす昭和の思想家。彼の思想は北畠親房の神皇正統記「大日本(おおやまと)は神の国」という有名な言葉を普遍させる思考だったように思う。神の国とは様々な世界観を許容する共生の原理を指し... (2005/08/04)

    投票ページへ

  • ラマナ・マハルシの言葉

    ラマナ・マハルシの言葉

    【著者】ラマナ・マハルシ(著)、アーサー・オズボーン(英訳)、柳田 侃(訳)

    投票数:16

    教えに深く感銘を受け、ラマナ・マハリシの本を探しております。 こんな本まで過去に出ていたとは、驚きました。 社会人院生なので、大学間のネットワークで本を借りることも画策しましたが、『あるが... (2004/04/07)

    投票ページへ

  • クリシュナムルティ・実践の時代

    クリシュナムルティ・実践の時代

    【著者】メアリー・ルティエンス

    投票数:16

    mm

    mm

    クリシュナムルティの教えに深く学びたいと彼の本を読んでいるのですが、 この本は何処にも見当たりません。彼の伝記としての大切な本です。 彼をもっと知りたいと思います。どうぞ復刊していただきた... (2003/07/04)

    投票ページへ

  • カター・サリット・サーガラ 全4冊

    カター・サリット・サーガラ 全4冊

    【著者】岩本裕 訳

    投票数:16

    『カターサリットサーガラ』は、サンスクリット語の初級読解テキスト"LANMAN"に部分的に採用されており、インド文学の代表的な古典の一つである。 インド古典の研究を行っている学生としては、一... (2000/12/14)

    投票ページへ

  • ヤンボウ・ニンボウ・トンボウ 【全10巻】

    ヤンボウ・ニンボウ・トンボウ 【全10巻】

    【著者】飯沢匡、土方重巳

    投票数:15

    幼い頃、母に読んでもらうのが楽しみで、弟と一緒に夢中になって聞き入りました。 本を自分で読めるようになってからも、大作なので読み通すには幼いなりの気合と体力?がいりましたが、読み出すとやめられ... (2005/12/07)

    投票ページへ

カテゴリで探す

検索されている人気キーワード

キーワード一覧へ

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!