復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

著者「カール・シュミット」 復刊リクエスト一覧 (投票数順)

ショッピング3件

復刊リクエスト24件

  • パルチザンの理論
    復刊商品あり

    パルチザンの理論

    【著者】シュミット

    投票数:113

    戦後幾度か(特に福田内閣以降)日本が戦争に赴く傾向が見られたが、大戦当時の思想的特徴や社会情勢を日常の視点で捉えた作品を読みたいと思い、よりその特徴に近い本を読いと思っていました。そんな時に、... (2003/11/19)

    投票ページへ

  • 教会・公法学・国家 ―初期カール=シュミットの公法学―

    教会・公法学・国家 ―初期カール=シュミットの公法学―

    【著者】和仁 陽

    投票数:28

    この文献はカール・シュミットを公法学の観点から研究した日本語では唯一の文献です。 現在でも文献的価値が高いにもかかわらず、絶版で、中古では5万円近くし入手困難であることから、復刊を強く希... (2020/09/04)

    投票ページへ

  • 大地のノモス(上・下)

    大地のノモス(上・下)

    【著者】カール・シュミット

    投票数:23

    沢山あるシュミットの訳書の中で現在も入手可能なものは戦前のものが多く、戦後のものはほとんど手に入らないのが現状です。中でもこの『大地のノモス』は大著ですが、シュミットの思想が体系的に展開された... (2004/01/09)

    投票ページへ




  • 危機の政治理論

    【著者】カール・シュミット/長尾龍一編

    投票数:22

    シュミットの主要論文が1冊にまとめられている点でも使いやすいし、某社の一連の訳書より翻訳の水準も高い。シュミットの法理論、政治理論の意義については多言を要しないが、この本が絶版であるのは非常に... (2002/12/28)

    投票ページへ

  • リヴァイアサン : 近代国家の生成と挫折

    リヴァイアサン : 近代国家の生成と挫折

    【著者】カール・シュミット著 ; 長尾竜一訳

    投票数:21

    ヒトラーの御用法学者とされるシュミットだが、ナチスの没知性 的政治性には批判的であり、「エセ民族社会主義者」と忠誠を疑 われていた。まさに本書は、この「SSとの綱渡り」からシュミッ トが距離を... (2003/03/04)

    投票ページへ

  • 陸と海と
    復刊商品あり

    陸と海と

    【著者】カール・シュミット

    投票数:18

    an

    an

    未来社から邦訳の出ていないシュミットの著作も読んでみたいので。紹介を見ると非常におもしろそうです。 (2006/03/03)

    投票ページへ

  • 一般国家学

    一般国家学

    【著者】ゲオルク・イェリネク (芦部信喜ほか訳)

    投票数:14

    国家論の研究を志す者として、「国家学」という学問分野には非常に関心があります。 ケルゼン・シュミット・ヘラーは購入可能なのに、それと並ぶ国家学の名著であるイェリネックの『一般国家学』が入手不可... (2004/12/14)

    投票ページへ

  • 憲法論
    復刊商品あり

    憲法論

    【著者】カール・シュミット / 阿部照哉 村上義弘 訳

    投票数:14

    東アジアの政治状況において憲政とは何か、改めて問われていると思うから。 (2012/02/24)

    投票ページへ




  • 現代帝国主義論

    【著者】カール・シュミット著 ; 長尾龍一訳

    投票数:14

    レーニンの帝国主義論も光文社から新訳で出たことだし、これも復刊するべきだと思います。 (2006/12/20)

    投票ページへ




  • マルクス主義軍事論 現代篇

    【著者】革命軍事論研究会/編

    投票数:13

    興味深い内容。共産主義の軍事的側面を理論面から考察する本はあまり見かけない。 (2016/10/05)

    投票ページへ

  • ヴァイマルの反逆者たち

    ヴァイマルの反逆者たち

    【著者】八田 恭昌

    投票数:6

    1981年という、来るべきバブルの前に「黄金の20年代」について書かれた本が出たというのは、今思えばなにやら暗号めいた不思議な気がする。ワイマール時代が騒然としながらも、いろいろな意味で活気に... (2007/03/17)

    投票ページへ

  • カール・シュミットと現代

    カール・シュミットと現代

    【著者】臼井隆一郎(編)

    投票数:2

    無

    文庫化すべき。岩波現代文庫あたりで。 (2013/01/08)

    投票ページへ

  • 近代政治思想史-思想と歴史のダイナミズム

    近代政治思想史-思想と歴史のダイナミズム

    【著者】田中浩

    投票数:2

    無

    良書だと思います。 (2008/02/12)

    投票ページへ

  • 民主主義の逆説

    民主主義の逆説

    【著者】シャンタル・ムフ

    投票数:1

    自由民主主義を問い直し、自由主義と民主主義、グローバリズムとローカリズム、右派と左派といった対立や関係を根本から見直してこれからの社会のあり方を構想する上で重要な知見を提供してくれる。 (2017/05/10)

    投票ページへ




  • 憲法理論

    【著者】カール・シュミット

    投票数:1

    憲法学の研究に必須の古典的名著。 シュミットの理論を知らずして憲法は語りえない。 (2013/06/28)

    投票ページへ

  • ワイマルの崩壊とC・シュミット―C・シュミット研究序説

    ワイマルの崩壊とC・シュミット―C・シュミット研究序説

    【著者】中道寿一

    投票数:1

    無

    シュミット入門として文庫化すべき。講談社学術文庫、岩波現代文庫、ちくま学芸文庫、平凡社ライブラリーあたりで。 (2013/01/08)

    投票ページへ

  • シュミットとシュトラウス―政治神学と政治哲学との対話

    シュミットとシュトラウス―政治神学と政治哲学との対話

    【著者】ハインリヒ・マイアー(著)、栗原隆/滝口清栄(訳)

    投票数:1

    無

    文庫化すべき。講談社学術文庫、ちくま学芸文庫、岩波現代文庫、平凡社ライブラリーあたりで。 (2013/01/08)

    投票ページへ

  • カール・シュミット時事論文集―ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議

    カール・シュミット時事論文集―ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議

    【著者】カール・シュミット(著)、古賀敬太/佐野誠(訳)

    投票数:1

    無

    古書価格高騰、文庫化すべき。講談社学術文庫、ちくま学芸文庫、岩波現代文庫、平凡社ライブラリーあたりで。 (2013/01/08)

    投票ページへ

  • カール・シュミットとナチズム

    カール・シュミットとナチズム

    【著者】ベルント・リュータース(著)、古賀敬太(訳)

    投票数:1

    無

    文庫化すべき。講談社学術文庫、ちくま学芸文庫、岩波現代文庫、平凡社ライブラリーあたりで。 (2013/01/08)

    投票ページへ

  • カール・シュミットの立場と概念―史料と証言

    カール・シュミットの立場と概念―史料と証言

    【著者】H・クヴァーリチュ(著)、宮本盛太郎(訳)

    投票数:1

    無

    シュミット入門として文庫化すべき。岩波現代文庫、講談社学術文庫、ちくま学芸文庫、平凡社ライブラリーあたりで。 (2013/01/08)

    投票ページへ

カテゴリで探す

検索されている人気キーワード

キーワード一覧へ

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!