1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『カール・シュミットの法思想―ブルジョア法とファシズムの間(I・マウス(著)、今井弘道(...』 投票ページ

カール・シュミットの法思想―ブルジョア法とファシズムの間

  • 著者:I・マウス(著)、今井弘道(訳)
  • 出版社:風行社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2013/01/08
  • ISBNコード:9784938662110
  • 復刊リクエスト番号:56791

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ワイマールからヒトラー体制への転換期にかけての法思想を、
法と政治・経済・思想の交錯点を見据えつつ分析した本。

新着投票コメント

無

文庫化すべき。講談社学術文庫、岩波現代文庫あたりで。 (2013/01/08)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/01/08
『カール・シュミットの法思想―ブルジョア法とファシズムの間』(I・マウス(著)、今井弘道(訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る