1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『パルチザンの理論(シュミット)』 投票ページ

パルチザンの理論

  • 著者:シュミット
  • 出版社:筑摩書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/11/06
  • ISBNコード:9784480082282
  • 復刊リクエスト番号:6394

得票数
113票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

シュミットはナチスの政治理論に使用されたことによって社会から異端視されている。しかしそのことは彼の評価を決しておとしめることではないと思う。なぜなら哲学とは本来危険なものであり、それを誰より知っていたヒトラーが最大限使わないはずがないからだ。
この本はパルチザン闘争の理論について書かれている。国家対国家の戦争ではなく、土地を守るための闘いである。このことは今回のテロ事件にも深くかかわっているのである。

投票コメント

ナチスはユダヤ人大虐殺などしていない http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-34.html http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/sohiasenseinogyakutensaiban2_mokuji.html http://d.hatena.ne.jp/zundel/ http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc600.html http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/ (2006/03/07)

1

冷戦構造崩壊以降、流動化し複雑化し、果て無き暴力が引き起こされる現代の世界情勢の中で、<政治>というものを再考するのに必読の一冊だと思います。先年死んだデリダが、『友愛のポリティクス』でこの本のアクチュアリティを指摘しました。 (2005/11/06)

1

この本には、シュッミトの友敵理論が平明に述べられている。 友と敵、これは『友愛のポリティックス』でデリダが思考した概念であるが、現在、テロと正義の安易な線引きが横行する時代に、再考が求められる思考の最重要概念ではないか。 このような理由によって、この古典的書物が復刊されることを強く望みます。 (2004/09/20)

1

戦後幾度か(特に福田内閣以降)日本が戦争に赴く傾向が見られたが、大戦当時の思想的特徴や社会情勢を日常の視点で捉えた作品を読みたいと思い、よりその特徴に近い本を読いと思っていました。そんな時に、「現代思想」(青土社)の酒井隆の投稿を読んでビクトール フランクルの「夜と霧」を連想させる本に会った気がしました。「異常」が社会に表出するのは決して異常な人が、異常な状況で起こすわけではない事を自覚するのに適切な本だと思います。また、社会思想のみならずDVやいじめ問題など現代を考察する上でも使える本だと思います。 (2003/11/19)

1

著者のC・シュミットという思想家はナチスの政治理論家。本著はユダヤ・キリスト教的報復史観(賎民は賎民であるがゆえに、次代の選民になる)と抵抗者(つまり次代の権力者)の党派性ということについて考える際の、最も基本的な文献と言ってよいだろう。しかし、誠に残念なことに、現在では絶版になっている。なぜこれほどの名著が絶版になるのか、理解に苦しむ。 (2003/09/27)

1

もっと見る

新着投票コメント

必読書。 (2015/07/08)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2008/04/09
復刊!シュミット『パルチザンの理論』
2006/03/20
『パルチザンの理論』が規定数に到達しました。
2001/11/06
『パルチザンの理論』(シュミット)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2006/03/20
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る