1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『パルチザンの理論(シュミット)』 投票ページ
  5. 情報提供 復刊・重版予定

情報提供 復刊・重版予定

パルチザンの理論

このリクエスト作品について、
1.新規に復刊・重版された
2.復刊・重版予定がある
3.元々絶版ではなかった
等の情報をお持ちの場合、タイトル/出版社/発行(予定)時期/参考URLなどと合わせてお知らせください。
(出版社が異なるなど完全な復刊でない、厳密には復刊でない場合に関してもこちらからお知らせください)

できる限り情報の入手元(※)をご記入ください。また、刊行予定日はわかる範囲でお知らせください。
(※ 著者や出版社の公式サイト、ニュースサイト、テレビ・雑誌・新聞など)

必須
必須

発売時期をご存知でしたら入力ください。おおよその日にちでも結構です。

10桁もしくは13桁で入力ください。
複数のISBNがある場合は複数回に分けて情報提供をお願いします。

出版社などの刊行情報がわかるサイト情報があれば入力ください。

次の画面へお進みください。



パルチザンの理論

  • 著者:シュミット
  • 出版社:筑摩書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/11/06
  • 復刊リクエスト番号:6394

得票数
113票

リクエスト内容

シュミットはナチスの政治理論に使用されたことによって社会から異端視されている。しかしそのことは彼の評価を決しておとしめることではないと思う。なぜなら哲学とは本来危険なものであり、それを誰より知っていたヒトラーが最大限使わないはずがないからだ。
この本はパルチザン闘争の理論について書かれている。国家対国家の戦争ではなく、土地を守るための闘いである。このことは今回のテロ事件にも深くかかわっているのである。

TOPへ戻る