1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『パルチザンの理論(シュミット)』 投票ページ
  5. 情報提供 著者/絶版情報

情報提供 著者/絶版情報

パルチザンの理論

著者の近況や所在、現在絶版になっている特別な理由等ご存知でしたらお知らせください。
また著者と面識があって連絡が取れる方やでご紹介いただける方や、復刊についてご意見をお持ちの著者御本人様からもご連絡をお待ちしております。

必須
必須

著者の近況や所在、現在絶版になっている特別な理由等をご存じであればご記入ください

参考サイトがあればご記入ください

次の画面へお進みください。



パルチザンの理論

  • 著者:シュミット
  • 出版社:筑摩書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/11/06
  • 復刊リクエスト番号:6394

得票数
113票

リクエスト内容

シュミットはナチスの政治理論に使用されたことによって社会から異端視されている。しかしそのことは彼の評価を決しておとしめることではないと思う。なぜなら哲学とは本来危険なものであり、それを誰より知っていたヒトラーが最大限使わないはずがないからだ。
この本はパルチザン闘争の理論について書かれている。国家対国家の戦争ではなく、土地を守るための闘いである。このことは今回のテロ事件にも深くかかわっているのである。

TOPへ戻る