1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『アンソロジー=恐怖と幻想(全3巻)(矢野浩三郎編)』 投票ページ

アンソロジー=恐怖と幻想(全3巻)

  • 著者:矢野浩三郎編
  • 出版社:月刊ペン社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/08/08
  • 復刊リクエスト番号:18580

得票数
32票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

幻想文学の代表的アンソロジーです。
第1巻 昭和46年1月15日初版発行 267頁
「恐怖の来訪者」トマス・ブレスケット・トマス/「オルラ」ギィ・ド・モーパッサン/「マグナス伯爵」M・R・ジェイムズ/「アヴロワーニャの森のランデヴー」クラーク・アシュトン・スミス/「二階の男」レイ・ブラッドベリ/「最後の降霊術」アガサ・クリスティー/「妖虫の谷」ロバート・E・ハワード/「噛む」アントニー・バウチャー/「葦毛に乗った女」ジョン・コリア/「メロフロア博士の最後の患者」ミンドレッド・ロード/「青二才」E・C・タップ/「吸血鬼などは」リチャード・マシスン/「吸血鬼の告白」ジョン・ヘイグ
第2巻 昭和46年3月1日初版発行 244頁
「手の幽霊の話」J・シェリダン・レ・ファニュ/「右手の中指」アンブローズ・ビアス/「殺人事件公判」チャールズ・ディケンズ=チャールズ・コリンズ/「墓場からの帰還」ロバート・シルバーバーグ/「わが友マートン」ジュリアス・ファースト/「幽霊船」リチャード・ミドルトン/「家」アンドレ・モーロワ/「闇の海の声」ウィリアム・ホープ・ホジスン/「冷房装置の悪夢」H・P・ラヴクラフト/「顔」レノックス・ロビンスン/「信仰と希望と愛と」アーヴィン・S・コップ/「夜の風が吠える時」L・スプレイグ・ド・キャンプ フレッチャー・ブラット/「呪いの家」シーベリ・クイン/「十三階の女」フランク・グルーパー
第3巻 昭和46年7月15日初版発行 304頁
「コーン」H・G・ウェルズ/「牝猫」ブラム・ストーカー/「獣の痕跡」ラドヤード・キャプリング/「蛇」ジョン・スタインベック/「猫の王様」スチーヴン・ヴィンセント・ベネット/「ランニング・ウルフ」アルジャノーン・ブラックウッド/「五本指のけだもの」W・F・ハーヴェイ/「猫の影」ロバート・ブロック/「監視者」レイ・ブラッドベリ/「ネコ男」バイロン・リゲット/「怪物」ジェラール・クラン/「魔女の家の怪」H・P・ラヴクラフト
幕の内弁当的な名作がいっぱい。角川文庫版「怪奇と幻想」と重複する作品多数ですが、今なお「読まれる価値ある作品」だと思います。

投票コメント

〈定番の名作〉とは言っても、ハヤカワの『幻想と怪奇』とか創元の『怪奇小説傑作集』とダブらないように選んでくださってるんですね、編者さんは。こういうのは嬉しい。 角川版をもっていない身としては全作復刊してほしいけど、贅沢は言いません、一部でも読めるようになれば。 (2003/11/04)

1

こちらは角川文庫「幻想と怪奇」全3巻より前に編まれたアンソロジーです。わたしが幻想文学を愛するようになったきっかけのシリーズです(とはいうものの所有は再版)。月刊ペン社の消滅とともに絶版の憂き目に会っていますが、角川文庫版と重複を避けて復刊してもらうと、世の怪奇好きは感涙するのでは。 (2003/08/08)

1

ここでしか読めない短篇がいくつもあるので読んでみたい。 (2011/10/21)

0

読みたし。 (2010/06/25)

0

ホンマに出版界は気が狂っとる!この本が絶版とか有り得ぬ……。 (2010/03/12)

0

もっと見る

新着投票コメント

読んでみたいな (2013/05/10)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/08/08
『アンソロジー=恐怖と幻想(全3巻)』(矢野浩三郎編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

猫に関するQ&A

太った猫が三色アイスを食べている絵本

20年ほど前に母親に読んでもらっていた絵本のタイトルが知りたいです。 ストーリーはうろ覚えなのですが、3匹ほどの猫たちがデザートを作って、誰の作ったものが一番美味しいか、別の太ったねこに試食してもらっ...

TOPへ戻る