1. TOP
  2. ショッピング
  3. コミック・漫画
  4. 『どろろ <漫画原稿再生叢書>(手塚治虫 著 / 手塚プロダクション 協力)』 販売ページ

どろろ <漫画原稿再生叢書>

どろろ <漫画原稿再生叢書>

  • 特典
  • 著者: 手塚治虫 著 / 手塚プロダクション 協力
  • 出版社: 復刊ドットコム
  • 判型: A3・函入
  • 頁数: 56 頁
  • ジャンル: コミック・漫画
  • 配送時期: 2019/10/下旬
  • 在庫数: 16 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格:予価 25,300 円 (税込)
    (本体価格 23,000 円 + 消費税10%)
    【送料・代引手数料無料】
  • Tポイント: 230ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
≪復刊ドットコム オリジナル予約特典≫
復刊ドットコムで『どろろ <漫画原稿再生叢書>』をご予約された方全員に、オリジナル特典をプレゼント! どんな内容になるかはお楽しみに!

≪特典に関するご注意≫
本商品と、2019年11月上旬以降発売予定の他の予約商品を同時にご注文いただく際、「まとめ発送」を指定されると、システム上、特典付きの商品をお届けできず、通常商品でのお届けとなります。
特典をご希望の方で、他の「11月上旬以降発売予定の予約商品」を同時にご注文される場合は、「分割発送」をご指定いただくか、2度に分けてご注文ください。


<ご注意>
2019年10月以降発売の商品につき、10%の消費税率が適用されます。あらかじめご了承ください。

商品内容

まさに、読む複製原画。
漫画原稿再生叢書第3弾に、漫画の神様降臨!!


「読める」複製原画として、現存する原稿全体を、実際の原稿用紙に近い紙に4~5色で印刷し、紙を曲げずにすむようノド側を180度開くことのできるコデックス装で製本&箱封入した<漫画原稿再生叢書>シリーズ。

初めての方に、<漫画原稿再生叢書>について簡単にご説明いたします。

▼漫画原稿再生叢書とは
「漫画原稿再生叢書」は、日本のマンガ史を代表する名作マンガを、生原稿を原寸のまま、マンガ執筆でよく使用される紙に印刷、ノド側が曲がることないようにコデックス装(特殊製本)で書籍化していこうとするシリーズです。
マンガ原稿が1ページ1点として複製原画化されて、展示や販売されることがありますが、それは「読む」という行為ではありません。
本シリーズは、普段は作者か担当編集者くらいしか体験できない、生原稿を読むという体験ができる、いわば「読む複製原画」なのです。
近年はマンガもデジタルで描かれデータ入稿されるケースが多いのですが、紙に黒インクや墨汁、カブラペンやGペンで、その作者特有の筆致が刻まれた原稿は、まさに<生>のものであり、それ自体が特別な工芸品でもあります。

これまで、石ノ森章太郎による『仮面ライダー』連載第1回を全収録した第1弾、水木しげるの永遠の名作『ゲゲゲの鬼太郎』のうち「猫仙人(前・後編)」「ゆうれい電車」「コマ妖怪」を収録した第2弾を刊行いたしました。
そして、満を持して送る第3弾には、漫画の神様・手塚治虫の数々の人気作品のうちから、本年(2019年)の新作アニメが好評を博したことで、国内外から新たな注目が集まっている『どろろ』(手塚治虫オフィシャルサイトの漫画部門では、昨今、タイトルアクセス数でナンバー1)の、漫画原稿再生叢書をお届けします。

『どろろ』について簡単に説明いたします。

多重で複雑な設定の悲劇的英雄譚
一人の武家・醍醐景光が、権力を掌中にするため、48体の魔神像へと自身の子供を贄としてささげたことから物語は始まる。体のほとんどを魔物に奪われた異形の存在として生まれ、不要のものとして川へと流された嬰児は、彼を拾った医師・寿海により義手や義足を与えられることで、命をつないだ。やがて百鬼丸と名付けられた〈生贄の子〉は、奪われた体躯を取り戻すための旅に出た。
そんな百鬼丸がであったのは、「どろろ」と名乗る孤児。
旅の相棒となったふたりはさまざまな妖異と邂逅しながら、はてなき旅を続けていく。

1967年、小学館「週刊少年サンデー」誌上で連載が開始され、1969年からはアニメ化もされた『どろろ』---。様々な事情により「少年サンデー」での連載は中断され、アニメ化の折には連載媒体が秋田書店「冒険王」誌へと移ります。自身の業績を「漫画に悲劇を持ち込んだこと」とも語る手塚作品のうちでも、『どろろ』はエンタテインメント性と哲学性を混淆しながらも、妖怪退治のアクション漫画の規範を全うする傑作ともいえるでしょう。
今回の<漫画原稿再生叢書>で収録をするのは、血腥き貴種流離譚の冒頭部分- 醍醐景光の地獄堂での契約を描く発端の巻、どろろと百鬼丸のはじめての出会い、一匹の魔物退治と眼球の恢復までを描く百鬼丸の巻の計51ページ分になります。

漫画の神様・手塚治虫の軌跡が存分に味わえるものになっているこれらの作品を、原稿サイズ原寸のまま掲載するべく、株式会社廣済堂による高品質の印刷技術を駆使してまとめるのが、漫画原稿再生叢書版『どろろ』なのです。

綺麗にレストア(修復)がされた誌面とは一味も二味も違う、経年による黄ばみ、シミ、折れ、所々に見られる破れなどを丁寧にスキャン・補正し、可能な限り現物に近い質感を出せるようまとめました。
その魅力を、ぜひ実際にお手にとって直接お確かめください!

▼イメージ画像:(クリックで拡大します)

どろろ <漫画原稿再生叢書> イメージどろろ <漫画原稿再生叢書> イメージどろろ <漫画原稿再生叢書> イメージ

どろろ <漫画原稿再生叢書> イメージ どろろ <漫画原稿再生叢書> イメージどろろ <漫画原稿再生叢書> イメージ
※画像は制作中のものです。
※カバー画像はイメージです。

▼著者プロフィール
手塚治虫(てづか おさむ)
1928年11月3日生まれ。1951年、大阪大学付属医学専門部を卒業(1952年医師免許取得、1961年医学博士号取得)。1946年、『マアチャンの日記帳』(少國民新聞)で漫画家デビュー。以後、『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』『火の鳥』『アドルフに告ぐ』など、幼年向きから大人向きまで、あらゆるジャンルの漫画を描き続け、「漫画の神様」とも称される。生涯に描いた作品数は700以上、約15万枚と言われている。1989年2月9日、逝去。兵庫県宝塚市に「宝塚市立手塚治虫記念館」がある。

【仕様】
A3判、函入、56P

(c)手塚プロダクション 2019



すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/08/06
『どろろ <漫画原稿再生叢書>』(手塚治虫 著 / 手塚プロダクション 協力)の注文を開始しました。

この商品は現在販売中です。

幽霊・お化け・妖怪(怪談)に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る