復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
9,350円(税込)

ザ・クレーター ≪オリジナル版≫

手塚治虫

9,350円(税込)

(本体価格 8,500 円 + 消費税10%)

【送料無料】

配送時期:3~6日後

Tポイント:85ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:31 個

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

  • 手塚治虫・画「ザ・クレーター」複製原画(A4)


    復刊ドットコムで『ザ・クレーター ≪オリジナル版≫』を購入すると、先着で手塚治虫・画「ザ・クレーター」複製原画(A4サイズ)をプレゼント! 特典は数に限りがありますので、お早めにどうぞ!


    ≪特典に関するご注意≫

    本商品と予約商品(=未刊行商品)を同時にご注文いただく際、「まとめ発送」を指定されると、システム上、特典付きの商品をお届けできない場合がございます。
    特典をご希望の場合は「分割発送」をご指定いただくか、2度に分けてご注文ください。
著者 手塚治虫
出版社 復刊ドットコム
判型 A5
頁数 552 頁
ジャンル コミック・漫画
ISBNコード 9784835458175

商品内容

お待たせしました!
1969~70年連載、巨匠・手塚治虫の傑作恐怖シリーズが、
52年を経て、ファン待望の≪オリジナル版≫・全1巻で初登場!


初の連載順&全話収録。未収録ページやカラーページ、幻の各話「次回予告」なども網羅した
初出バージョンを、初のA5判、“全1巻”で一挙刊行!


『鉄腕アトム』『火の鳥』『リボンの騎士』などの大河名作群から、『奇子』『MW』『人間昆虫記』といったブラックテイストの異色作、そして『三つ目がとおる』『七色いんこ』などの後期ヒット作まで、さまざまな角度から幅広くラインナップされてきた、復刊ドットコムの元祖≪オリジナル版≫シリーズ。
このたび、ファン人気も高いオムニバス恐怖ファンタジーの傑作『ザ・クレーター』が、ついに刊行決定いたしました。

1969~70年、隔週刊時代の「少年チャンピオン」(秋田書店刊)で好評を博した同作品。連載当時、「恐怖シリーズ」というショルダーコピーが付いていましたが、実は、ホラー、SF、ファンタジー、社会風刺劇、ユーモラスな学園コメディーなど、ひと言ではとても括りきれない多彩な表現と語り口を駆使した野心作でした。
オムニバスという形式から、のちの単行本化にあたっては、ページ数の制限によるエピソードの削除や、エピソード順の変更が作者自身によって行われ、また後年、各話の作風の多様性から、テーマ別のアンソロジー本に分載されることも多かった一方で、連載時準拠の単行本は、一度も刊行されていませんでした。
今回は、初出から実に52年を経て、待望の≪オリジナル版≫での初刊行となります。

連載時どおりのエピソード順と内容はもちろん、初のA5判(これまでの刊行では新書判・B6判・四六判・文庫判)で、オリジナル原稿からの新規スキャンによる高画質、褪色に強い良質な本文用紙を使用。

さらに、今回の大きな特長は、連載時に毎回の最終ページ(またはその近く)に収録されていた、手塚治虫・筆のカットを含めた「次回予告」を、初めて全収録したことです。
オムニバス連載であるがゆえに、「次回は、どんなタッチでの、どんな話だろう?」という、読者の期待を膨らませる効果絶大。これらはすべて、単行本化時に削除され、それに伴い、各話のコマ割り・ページ割りが改変されました。
また、連載時の本文内にあった広告・記事類も省かれたため、そこでもページ割り・段組みが改変。この2つの理由から、単行本未収録カット、あるいは加筆カットが多数発生。本書では、本文は連載時のスタイルに戻しつつ、巻末の図説にて、連載版と単行本版の差異を解説いたします。

加えて、単行本未収録ページ・初のカラーページを再現。全扉絵・予告・カラーイラストなどのレア素材や、詳細な図説の収録を含めて、まさに決定版と呼べる一冊です!
[初版完全限定]につき、どうぞお見逃しなく!!

▼仕様
A5判/ソフトカバー/552ページ(予定)/全扉絵(原画版・連載版の2バージョン)収録/カラーページ全再現/
巻末ギャラリー・詳細な図説も充実/初版完全限定

▼本書でのエピソード収録順(連載順)
1:二つのドラマ/2:八角形の館/3:溶けた男/4:風穴/5:墜落機/6:双頭の蛇/7:三人の侵略者/8:鈴が鳴った/
9:雪野郎/10:オクチンの奇怪な体験/11:巴の面/12:大あたりの季節/13:ブルンネンの謎/14:紫のベムたち/
15:オクチンの大いなる怪盗/16:生けにえ/17:クレーターの男

※上記は2021年5月時点での予定であり、多少変更の場合もございます。
※画像は制作中のサンプルです。

監修&(c):手塚プロダクション

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

全4件

  • やはり残念A5版

    「次回予告」も良かったし、やはり「少年チャンピオン」と手塚先生の相性は抜群だ。なのに、雑誌サイズでなかったのは、本当に残念。サイズアップで再販されても買えないかもしれない。 (2021/08/29)

    GOOD!2
  • 残念な部分

    先のレビューと同じく製本のサイズ、初出時との相違は残念。
    発行部数から高価な本になるのは仕方ないが、発行ごとに内容が改変される手塚治虫作品において、たとえ現在の表現事情があったとしてもに本当の初稿を謳う復刊本としては残念な商品となってしまったと思う。 (2021/08/29)

    GOOD!3
  • なにゆえA5版で?

    「連載時どおりのエピソード順と内容はもちろん、初のA5判(これまでの刊行では新書判・B6判・四六判・文庫判)で(後略)」というふれこみだけど、なんでA5版なんでしょうか? 少年チャンピオン創刊号のあたりはA5で出版されていたのですか? ウェブサイトにも、本書の“図説”にもその点についての説明はないので、ワタシのように無知な者にはこの作品がA5版で復刊される理由がわかりません。 (2021/08/29)

    GOOD!1
  • 修正されている内容があるぞ!

    黒人差別を全面に出している「双頭の蛇」の回
    当時の「くろんぼめ!」が、「黒人め!」に直されており、当時の物とは違うそのまま掲載してると言う?お粗末な巻末のお断り文は意味不明
    その他にもチャンピオン掲載時とは違う「ふきだし」有り (2021/08/23)

    GOOD!3
  • レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!