復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
5,500円(税込)

火の鳥2772 愛のコスモゾーン [カラー完全版]

手塚治虫 原作 / 御厨さと美 作画

5,500円(税込)

(本体価格 5,000 円 + 消費税10%)

【送料無料】

配送時期:3~6日後

Tポイント:50ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

得票数:17票
火の鳥2772
  • 特典オリジナル冊子「火の鳥2772 追跡ノート」(A5・16P・非売品)


    復刊ドットコムで『火の鳥2772 愛のコスモゾーン [カラー完全版]』を購入すると、先着でオリジナル冊子「火の鳥2772 追跡ノート」(A5・16P・非売品)をプレゼント! 数に限りがありますので、お早めにどうぞ。

    ≪特典に関するご注意≫

    本商品と予約商品(=未刊行商品)を同時にご注文いただく際、「まとめ発送」を指定されると、システム上、特典付きの商品をお届けできない場合がございます。
    特典をご希望の場合は「分割発送」をご指定いただくか、2度に分けてご注文ください。
著者 手塚治虫 原作 / 御厨さと美 作画
出版社 復刊ドットコム
判型 A5
頁数 218 頁
ジャンル コミック・漫画
ISBNコード 9784835457048

商品内容

手塚治虫・原作、御厨さと美・作画の黄金コンビによる
伝説のコミカライズが、新規資料や描き下ろしのオルガのイラスト等も収録した、
初の[カラー完全版]で復活!


■送料無料

1980年・全国東宝洋画系公開、手塚治虫原作・総監督による超大作アニメーション映画『火の鳥2772 愛のコスモゾーン』。
その唯一のコミカライズで、同映画のメインスタッフでもあった気鋭の漫画家・御厨さと美が熱筆をふるった本作品が、皆様のからの復刊リクエストにお応えして、A5判・カラーページ完全再現の単行本として、ここに復活!

雑誌連載時以来初、実に40年ぶりにカラーページ(4色・2色)を完全再現。
しかも、巻末に、対談や新規インタビューをダブル収録。さらに!! 御厨先生からのオルガの描き下ろしイラストとメッセージも収録! まさにファン必携の完全版です!
巻末収録
(1)本作品執筆当時の手塚治虫×御厨さと美対談・全文再録
(2)御厨さと美・新規インタビュー「メイキング・オブ・火の鳥2772」

宇宙ハンター訓練生のゴドーは、権力者ロックからの命令を受け、<未確認生物・認識No. 2772>を捕獲するために宇宙に出る。
恐ろしい鳥の姿にも見えながら、さまざまに姿を変える巨大なエネルギー体=2772。
美しい育児ロボットのオルガや、サルタ博士らのサポートを得て探索艦スペースシャーク号を駆るゴドーは、2772を捕らえることができるだろうか…!?
大宇宙に繰り広げられる火の鳥ハンティングの意外な結末と、地球を襲う地殻変動の危機。
壮大で荘厳な物語を、緻密かつダイナミックに描きぬいた、コミカライズの域をはるかに超える傑作です。

朝日ソノラマ「月刊マンガ少年」1980年2月号-4月号に短期集中連載。
その後、雑誌タイプの本にまとめられたり、文庫化されたりしましたが、連載時の2色カラーページやカラー扉は、残念ながら再現されませんでした。
今回の復刊では、大迫力のA5判サイズに加えて、全カラーページと扉を初出時のスタイルのまま完全掲載。雑誌タイプ本の際の加筆ページも補完します。

当サイトでご購入いただくと、先着オリジナル特典が付き、しかも送料無料です。
<初版完全限定>の特別出版につき、この貴重な機会をぜひお見逃しなく!

復刊ドットコムとしては、『火の鳥《オリジナル版》復刻大全集』(全12巻+別巻2巻)、2019年6月に刊行して話題を呼んだ『火の鳥オールカラー画集[愛蔵版]』に続く、貴重な「火の鳥」アイテムです。

▼仕様
A5判/ソフトカバー/218P=本文:カラー40P+モノクロ158P+資料ほか約20P

▼イメージ画像:(クリックで拡大します)
(上段左から)4色カラー見開き扉/美しい4色カラー本文/ヒロイン・オルガのイメージイラスト/2色カラー扉(1)/同(2)/2色カラー本文・2772との対決
(下段左から)2色カラー本文・スペースシャーク号/同・ゴドー、オルガ、サルタ博士/モノクロ本文・ロックとゴドーの出会い/同・2772捕獲指令/同・加速するスペースシャーク号
火の鳥2772 [カラー完全版] イメージ火の鳥2772 [カラー完全版] イメージ火の鳥2772 [カラー完全版] イメージ火の鳥2772 [カラー完全版] イメージ火の鳥2772 [カラー完全版] イメージ火の鳥2772 [カラー完全版] イメージ
火の鳥2772 [カラー完全版] イメージ火の鳥2772 [カラー完全版] イメージ火の鳥2772 [カラー完全版] イメージ火の鳥2772 [カラー完全版] イメージ火の鳥2772 [カラー完全版] イメージ
※画像は制作中のものです。

▼著者プロフィール
御厨さと美(みくりや さとみ)
1947年・長崎県出身。1970年代に、彗星のように現れた気鋭漫画家。「ノーラの箱舟」「裂けた旅券(パスポート)」「イカロスの娘」などの作品で、セクシーな美形女性、航空機やバイクを中心としたリアルなメカ描写、圧倒的な画力で人気を得る。
手塚治虫からの信頼が厚く、アニメ映画『火の鳥2772』ではメカデザインを担当し、さらに、このコミカライズ版の作画に大抜擢された。

(c)手塚プロダクション/御厨さと美

もっと見る

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

全4件

  • アニメもオリジナル版も早く読みたくなりました。

    手塚治虫先生の火の鳥は当然読んだ事がありましたが、御厨さと美先生の火の鳥2772は、今まで読んだ事が無く、劇場版アニメも見た事がありませんでした。今回、10月からオリジナル版の火の鳥が発売される事から先に御厨先生の火の鳥も読んでみようと思い購入しました。読んでみるとスケールが大きく、アメコミと手塚作品が融合した様な画風でストーリーも面白く一気に最後まで読んでしまいました。キャラクターデザインは、ゴドーやオルガ、ロックは、手塚先生のデザインよりも御厨先生のデザインの方がしっくりくる感じでした。ブラックジャックには違和感がありましたが、セリフや行動からブラックジャックらしさは出ていたと思います。火の鳥は怪物的で、必要悪という様な迫力がありました。ストーリーはアニメ版からカットされた部分もある様なので、劇場版アニメもDVDで見てみたいと思いました。本書にDVDやシナリオ等、火の鳥2772愛のコスモゾーンの全てをセットにした[DVD・シナリオ同梱完全版]を発売して頂きたい位です。又は御厨先生による新規作画の追加コミカライズか続編、スピンオフ作品等を読める日が来ないかと思ってしまいました。いずれにしても火の鳥の面白さを十分兼ね備えた作品でしたので楽しく読めました。今月から発売されるオリジナル版も毎月楽しみにして期待して待ちたいと思います。 (2020/10/08)

    GOOD!0
  • 『火の鳥』のアニメーション映画のコミカライズという、ちょっと特殊なマンガとその成立事情を教えてくれる復刻版

    『火の鳥』で唯一のアニメーション映画が、手塚治虫自身が陣頭指揮をとって創った『火の鳥2772 愛のコスモゾーン』である。その映画をコミカライズしたものが、発表から40年を経て復刊されたのが本書である。しかも、発表当時のカラーページまで復刻された完全版である。
    原作はもちろん手塚治虫だが、作画は手塚自身でなく、映画のスタッフでもあった御厨さと美というのが、他の『火の鳥』特にオリジナルのマンガとはかなり趣を異にしている。ストーリーは映画を踏襲しているが、細かなところは異なっている。そのあたりの事情は本書に収められている作者のインタビューで語られている。
    映画自体が、手塚自身が陣頭指揮をとっていたにも関わらずいわゆる手塚マンガらしいタッチではなく、火の鳥の描かれ方もとてもオリジナルのようには見えなかったので、結局公開当時には観に行かなかった覚えがあるが、このコミカライズはそのタッチともまた異なる御厨マンガそのままになっているのが、今になればとても斬新に見えて面白かった。
    作者の御厨さと美は、1970年代にアメコミ風のタッチのマンガをいくつか手がけた人だが、私はそれよりも小学館の学年雑誌『小学六年生』で読者コーナーのようなページを担当していたみくちゃんとしての覚えの方が強いので、その時とこのマンガとのギャップに驚きつつ楽しめた。映画ではメカニカルなどの設定を担当した御厨だということだが、そんな人にコミカライズを任せた手塚治虫は、どこまでいっても劇画と名づけられるようなマンガにコンプレックスというか対抗心を持っていたということではなかったのかと想像してしまう。手塚マンガでおなじみのロックや猿田、ブラックジャックが御厨タッチで登場するのは、なんだか妙な感じだったけれど。
    まあ、ともかくこんな『火の鳥』もあったのだ。という資料的価値としてもこの1冊はいろいろと面白い。なんだかんだで楽しめたし、「火の鳥』にこだわらずに見れば御厨さと美の作品としても十分に楽しめたように思う。 (2020/07/12)

    GOOD!0
  • 家宝にします

    抽選に当選し、御厨先生のサインをいただきました。ありがとうございました。連載時の「マンガ少年」も、押し入れのどこかにあるはずです。誰かに自慢したいのですが、とにかく、家宝にします。 (2020/02/19)

    GOOD!0
  • 懐かしかった

    御厨さと美さんが、描いておられるのを知らなかったので、初見でした。
    価格が、少し高いかなぁ?
    とは、思いました。 (2019/11/24)

    GOOD!0
  • レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全17件

  • 読んだことがないので読んでみたい (2020/01/21)
    GOOD!0
  • 映画スタッフによるコミカライズということで、非常に興味がある。 (2019/09/18)
    GOOD!0
  • 御厨さとみ先生の漫画が読みたいと思っても、絶版ばかりなので、復刊して貰えるとありがたいです。御厨先生は、再評価されて欲しい作家です。 (2019/09/04)
    GOOD!1
  • 現在、御厨氏の作品が手に入らないので。 (2019/09/04)
    GOOD!1
  • メインスタッフである御厨さんの筆による「火の鳥2772」、是非読んでみたい! (2007/04/19)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!