復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

みなとかずあきさんのページ

復刊リクエスト投票

  • 宮崎駿イメージボード集

    【著者】宮崎駿

    こんなのがあるとは知りませんでした。ぜひ、見てみたいです。(2015/10/28)
  • レコパル・ライブ・コミック未収録作品の単行本化

    【著者】松本零士、石森章太郎、さいとうたかを、貝塚ひろし、ジョージ秋山、政岡としや、長谷川法世、望月三起也、他多数

    レコパル自体は2014年に1号のみ復刊しました。そこに、黒鉄ヒロシのベートーベンが復刻されていました。かつての記憶がよみがえりました。
    なので、まだまだ埋もれた名作があるはずです。是非とも読み返してみたいです。
    また、これは言ってみればオムニバス作品集なわけです。手塚治虫をはじめとして、大家と呼ばれるような人たちが思わぬ音楽家やミュージシャンを取り上げているというおもしろさもあります。
    ぜひ、復刊していただければと思います。(2014/12/24)
  • 【著者】V.ジャンケレヴィッチ 著 / 仲澤紀雄 訳

    名著と聞いていますが、実際に読む機会がありませんでした。2009年の復刊時にも読み逃したので、今回はぜひ手に入れたいです。(2014/01/15)

レビュー

  • 石ノ森章太郎クロニクル 魂 仮面ライダー キカイダー サイボーグ009 and more.

    仮面ライダー、キカイダー、009、嵐にKなどなど、懐かしくも古びることのないヒーロー達を楽しむ

    石ノ森章太郎生誕80周年記念の本の1冊。
    タイトルにあるように仮面ライダーを初めとした石ノ森章太郎が産み出したヒーロー、特に特撮テレビ番組としても知られている主人公を取り上げたもの。
    出版社が出版社だからなのか、途中にはフィギュアの紹介があったりするが、それよりも目を惹くのは石ノ森の生原稿が見られることか。
    収められている生原稿は、『仮面ライダー』『仮面ライダーBlack』『仮面ライダー絵コンテ漫画』『人造人間キカイダー』『イナズマン』『ロボット刑事』『変身忍者嵐』『サイボーグ009』と、子どもの頃によく読んだマンガばかりで、懐かしくなる。
    生原稿以外にも、それぞれのマンガの実写化にあたって描かれたスケッチ等も収められていて、眺めているとそれぞれのマンガやテレビ番組についていろいろと思い出したことを誰かに話したくなってしまう。
    もっとも、この本はタイトルに『石ノ森章太郎クロニクル魂』となっているように、石ノ森の過去の作品を懐かしむだけでなく、石ノ森の産み出したヒーロー達やその表現のされ方がいかに現在(生誕80周年であると同時に没後20年にもなるのだ)の表現者たちに受け継がれているのかについても触れられており、何人かのインタビューも載せられている。
    確かに、ここに収められているイラスト等はすでにどこかで見たようなものも多く、没後20年にもなれば目新しいものはないかもしれないが、これだけのものが残されており、さらにそれを受け継いで新しい表現のもとヒーロー達が活躍するということこそがこの本が伝えたかったことなのかもしれない。
    まあ、そんなことを抜きにしても、やっぱり懐かしく、そして何時までも古びることのない石ノ森ヒーロー達を堪能できる本であることに違いないのだ。(2019/03/03)

  • 【バーゲンブック】百物語 上・下巻

    杉浦日向子

    杉浦日向子らしい百物語

    カバーに「古より百物語と言う事の侍る 不思議なる物語の百話集う処 必ずばけもの現れ出ずると・・・」とあるように、さまざまな怪異譚が収められている。一話は数ページなのであっさりと読めてしまうが、そのあっさり感がむしろ不気味さと言うか不思議感が増すように思える。
    あっさり感は話の中身だけでなく、杉浦日向子の絵柄もそんな雰囲気だ。久しぶりに杉浦日向子のマンガを読んでみたら、改めてその不可思議さを味わってしまった。
    わずか数ページの話ばかりなのだが、一つ一つ趣が異なり、どれもが不思議さを醸し出している。よくよく見れば、少しずつ絵柄が違うというか、話によって描き方を変えているのがわかる。それがまた雰囲気が出ていて良い。
    一応マンガと呼べるのだろうが、描かれ方をみているとある種絵物語のようであり、誰かの話すのを聴きながらいろいろと想像しているようにも思えてくる。まあ、百物語というもの自体がそんなようなものと言えるのだから、当然と言えば当然なのだが。(2016/11/07)

  • 岡崎二郎SF短編集 ビフォー60

    岡崎二郎

    やっぱり岡崎SF短編は面白い

    始まりは『ビッグコミック・オリジナル』だったか、その増刊号だったか。ともかくかなり初期から、岡崎二郎のマンガを読んでいたはずだ。そのSFテイストと、数ページだけで完結するストーリーは、まるでマンガで読む星新一のようだったのが、当時のストーリー・マンガで溢れかえっていた雑誌の中で異彩を放っていたように思う。それは、星新一をリアル・タイムで読んでいた私たち世代にきっとフィットしていたのだと思う。
    きっとある程度(こんな言い方は作者に失礼だ!)人気があったのだろう。1話は数ページであっても連載となって毎号雑誌に載っていると、メインのマンガとは別に密かに楽しみにして読んでいたという覚えがある。ただ、この1話数ページがくせもので、単行本になかなかならなかったのだ。だから、単行本化されても知らずにいたりして、後になって買いそろえたという覚えもある。
    そんな岡崎二郎のマンガを見かけなくなったのはいつ頃だったのか。見かけなくなれば、段々忘れていってしまうのも人の常というか、まあそんなものだ。
    そこへこの短編集の刊行を知った。懐かしい気持ちと、これまで単行本に収録されなかった話からなるというので、改めて新作を読むような楽しい気持ちで買ってみた。
    いやあ、やっぱり岡崎SF短編はいい。長々と話を続けるのも面白いかもしれないが、限られた中に簡潔にまとめあげられているのを読むのはとても気持ちいいものだ。
    しかも、この短編集には収録作品にまつわる著者自身の解説となるマンガまで収められている。これが、リアル・タイムで読んでいた時の打ち明け話みたいになっていて面白かった。というか、なんだやっぱり雑誌連載は打ち切りになっていたりしてたんだ。
    何にせよ、岡崎SF短編がいいのは、今巷に溢れているSFまがいのものとは違って、著者自身が解説でも言っているように「正確な科学知識、それに矛盾のないストーリー展開なくしてSFと呼ぶべからず」(p.197)という気概をもって描かれているからなのだろう。
    いろいろなことがあったのだろう。今は「リタイア状態」という著者らしいが、そろそろ新作も手掛けてほしいものだ。そんなことを強く思わせられた、そんな短編集だった。(2016/11/07)

  • 鈴木敏夫のジブリ汗まみれ 5

    鈴木敏夫

    今回も多士済々

    『汗まみれ』の書籍化5冊目に登場するゲスト人は、いつものごとく多士済々です。
    2016年夏の話題映画『シン・ゴジラ』を製作した2人、庵野秀明と樋口真嗣に始まり、EXILE ATSUSHIから斎藤環ら総勢13人に、鈴木敏夫が菅原文太のことを語ったものまで収録されています。
    しかも、庵野秀明・樋口真嗣の回はポッドキャストでは未配信のものであったり、いくつか加筆されているものもあります。
    まあ、概ね映画関係の話が多いわけですが、後半はなんだかヤンキーについて人を替えながら話を進めているような感じにも思われます。
    個人的には庵野・樋口の回(これはゴジラネタではなく、2012年の特撮博物館公開時のもの)と斎藤環・川上量生のヤンキーvsオタクの話が興味深くありましたが、坂本美雨との坂本・矢野一家の話とか、三浦しをん原作の映画にまつわる宣伝の話やら、いろいろと興味はつきません。
    きっと、鈴木敏夫氏の興味の向いている先がとても面白いことばかりなんでしょう。(2016/08/11)

  • マスカーワールド 仮面ノ世界

    石ノ森章太郎

    角川ホラー文庫とは別物ですか?

    角川ホラー文庫で、平成13年9月10日初版発行の『マスカーワールド~石ノ森章太郎恐怖アンソロジー~』というタイトルがありますが、これとは別物のことでしょうか。
    「ホラー」となっていますが、収録されているのは『変身忍者嵐』『イナズマン』『ロボット刑事』『奇妙な友人たち』『サイボーグ009』というものです。(2014/10/19)

T-POINT 貯まる!使える!