1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『プリンキピア・マテマティカ序論(A.N.ホワイトヘッド、B.ラッセル著 岡本賢吾、戸田...』 投票ページ

プリンキピア・マテマティカ序論

  • 著者:A.N.ホワイトヘッド、B.ラッセル著 岡本賢吾、戸田山和久、加地大介訳
  • 出版社:哲学書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2008/02/05
  • ISBNコード:9784886790231
  • 復刊リクエスト番号:41074

得票数
10票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

二十世紀に至って突如、生と思考のあらゆる領域に、パラドクス=悪循環の問題系が露出する。ラッセルとゲーデルがそれを数学の基礎中に見出して以降、精神分裂病の原因、認識の基盤、生命の起源……に通底する自己言及のパラドクスが次々と解かれる。文学からコンピュータ科学までを生気づける、二十世紀知の始点、一九一〇年初版からの本邦初訳。(哲学書房ホームページより)

(目次)
まえがき
第1章 種々の概念と表記法についての予備的説明
第2章 論理的タイプの理論
I 悪循環原理
II 命題関数の性質
III 真と偽の定義並びにその体系的な多義性
IV なぜ関数は特定のタイプの代入項を要求するか
V 関数および命題の階層体系
VI 還元公理
VII 還元公理を承認する理由
VIII 矛盾
第3章 不完全記号
I 記述
II クラス
III 関係

投票コメント

これだけの名著が学びたい者のすぐ手元にないのは大変残念です。海外では安くで専門書が購入できるのに・・・ 学ぶ意欲を掻き立てる書物はいつでも手の届くところにある事がこれからの学びたい者さらなる飛躍に通じると想います。 (2011/05/04)

1

読まなくてはいけない古典中の古典なので、ぜひ。必ず読みたいです。 (2010/11/03)

0

分析哲学をやるならやはり読みたい。 図書館で借りて読むのには大部過ぎます。 (2010/03/24)

0

復刊宜しくお願い致します (2009/01/19)

0

理解できるかわかりませんが、是非読みたい1冊です。 (2008/08/21)

0

もっと見る

新着投票コメント

現代数学・論理学の古典と呼ぶべき作品です。序論だけでも読みたいです。 (2017/07/20)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/07/20
『プリンキピア・マテマティカ序論』が10票に到達しました。
2008/02/05
『プリンキピア・マテマティカ序論』(A.N.ホワイトヘッド、B.ラッセル著 岡本賢吾、戸田山和久、加地大介訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

生物学に関するQ&A

全巻並べると、背表紙に虹

30年ほど前に、実家にあり、愛読しておりました。 なかなか、探しても見つからず、困っています。 動物や、人体や、未来、12館ほどあったと思います。 全巻を、順番通りに並べると、虹があらわれ...

TOPへ戻る