復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

著者「ツルゲーネフ(トゥルゲーネフ)」 復刊リクエスト一覧

ショッピング2件

復刊リクエスト12件

  • ロシア文学講義
    復刊商品あり

    ロシア文学講義

    【著者】ナボコフ

    投票数:59

    以下『ヨーロッパ文学講義』への復刊希望理由として書いたものを、転用。 現在この書籍と、いわゆる著者の講義もの計3点、いわく『ヨーロッパ文学講義』のほかに『ロシア文学講義』『ドンキホーテ講義』に... (2004/02/17)

    投票ページへ

  • ロシア的人間
    復刊商品あり

    ロシア的人間

    【著者】井筒俊彦

    投票数:21

    井筒俊彦氏は名著「意識と本質」、「イスラーム文化」の著者であり、氏のロシア文学に関する評論を知りたいと思うのは、読者の共通の願いです。本書のような重要な書籍を誰でも安価に手に入る状態にしておく... (2003/02/18)

    投票ページへ

  • 猟人日記

    猟人日記

    【著者】ツルゲーネフ

    投票数:13

    高校生の頃、国語の授業でこの作品を知りました。教科書に載っていたのはほんの一部分でしたし、内容はほとんど覚えていないのですが、当時読んだとき鮮烈な印象を受けたことは覚えています。是非、復刊を願... (2004/02/11)

    投票ページへ

  • ルーヂン

    ルーヂン

    【著者】ツルゲーネフ

    投票数:9

    村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」で登場してました。――人は自らの欠点を正すことはできないのだ。人の性向というのはおおよそ二十五までに決まってしまい、そのあとはどれだけ努... (2007/11/26)

    投票ページへ

  • ロシア神秘小説集

    ロシア神秘小説集

    【著者】川端香男里・編

    投票数:7

    世界幻想文学大系は、この分野における必読書だと思います。常に少しずつでいいから増刷して入手しやすくしていただきたい。 個人的には、どうしてもこの巻だけが入手できない。何とかお願いします。 (2004/05/05)

    投票ページへ

  • あひゞき,片恋,奇遇 他一篇(岩波文庫 緑 7-3)

    あひゞき,片恋,奇遇 他一篇(岩波文庫 緑 7-3)

    【著者】ツルゲーネフ

    投票数:6

    夏目漱石の「I love you」の日本語訳は知っていたのですが、二葉亭四迷の日本語訳を知り、ぜひ読んでみたいと思い探したのですが絶版のようで…残念です。 岩波出版の作家のチョイスも翻訳... (2009/05/02)

    投票ページへ

  • 春の水

    春の水

    【著者】ツルゲーネフ

    投票数:6

    中学生の時にこの本の存在を知って、当時ロシア文学が好きだったのでどうしても読みたかったのですが、どうやって探しても見つかりませんでした。復刊してもられたらとずっと思い続けていた作品です。 (2002/08/03)

    投票ページへ

  • 楽しみと冒険(1)地図を夢みる

    楽しみと冒険(1)地図を夢みる

    【著者】辻邦生編

    投票数:4

    新潮社の名アンソロジー「楽しみと冒険シリーズ」の一冊です。 アンソロジーというものは手軽で、つい読み捨ててしまいがちですが、自分が既に知っている作品でも、他の作品との文脈との兼ね合いで新たな魅... (2004/10/28)

    投票ページへ

  • ツルゲーネフ 生涯と作品

    ツルゲーネフ 生涯と作品

    【著者】小椋公人

    投票数:3

    ツルゲーネフの著作は、彼についての評論を含めて現在入手困難なものが多く、誠に寂しい限り。忘れられてよい作家ではないと思います。 (2004/09/24)

    投票ページへ

  • 父と子

    父と子

    【著者】イワン ツルゲーネフ

    投票数:2

    最近の軽いというか、浅いというか、殺伐とした家族関係 人間関係にこれでいいのかと愕然とした。戦慄までおぼえた。 (2015/03/06)

    投票ページへ




  • 毒ヘビは急がない-團伊玖磨対談集1

    【著者】團伊玖磨

    投票数:2

    豪華な対談者揃いです。余談ですが、復刊の際は改題したほうがよろしいのでは?(笑) (2005/11/27)

    投票ページへ

  • その前夜

    その前夜

    【著者】ツルゲーネフ

    投票数:1

    ツルゲーネフの長編は、概して経済的に余裕があって暇をもてあます人々の心の移ろいを描いていて、とりとめがない印象のものが多いが、『その前夜』はあまり有名でないのが不思議なくらい生彩があった。情熱... (2010/05/15)

    投票ページへ

カテゴリで探す

検索されている人気キーワード

キーワード一覧へ

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!