復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

「日本史」 ショッピング一覧 (新しい順)

ショッピング845件

復刊リクエスト1,256件
  • 新着

    奈良絵本・絵巻

    【著者】石川透

    3,960円(税込)

    36ポイント


    配送時期:2022/07/下旬

    奈良絵本・絵巻は、室町末から近世前期にかけて制作された一品物の手書き絵本。 この分野の研究をリードしてきた著者によって、その重要さ、豊饒さをわかりやすく伝える。図版多数。

    購入ページへ

  • 新着 送料無料

    名刀甲冑武具大鑑

    【著者】小川盛弘

    59,400円(税込)

    540ポイント


    配送時期:2022/11/下旬

    日本独自のサムライアート。美と迫力をまとめて堪能する美術書 刀剣・甲冑を中核とした戦具は侍の表道具。彼らが最も大切にしたものだ。 日本を約700年の長きにわたり実質的に支配・統率してきた侍たちが...

    購入ページへ

  • 47都道府県・城郭百科

    【著者】西ヶ谷恭弘 著 / 笹﨑明 編

    4,400円(税込)

    40ポイント


    配送時期:2022/07/下旬

    お城から見るあなたの県の特色 日本各地に建設された数多くの城。それらは山城や平城、はたまた海城など、その地域の地形を生かしたさまざまな形態をもち、バラエティに富んでいる。また天守が現存するものもあ...

    購入ページへ

  • 古墳図鑑 訪れやすい全国の古墳300

    【著者】青木敬

    2,640円(税込)

    24ポイント


    配送時期:2022/07/下旬

    これまでに有りそうで無かった全国の古墳をカバーしたハンディサイズの古墳図鑑です。 その中でも訪れやすい古墳を300基ピックアップ。古墳の魅力を余すところなく解説していきます。 軽くて持ち運びも便利な...

    購入ページへ

  • 日本古典風俗辞典

    【著者】室伏信助 小林祥次郎 武田友宏 鈴木真弓

    1,496円(税込)

    13ポイント


    配送時期:2022/07/下旬

    有職故実や当時の生活が分かれば、古典はもっと面白い! 古墳時代から江戸時代まで、人々の服装・住居・家具・武器・年中行事の詳細を、豊富な図版と写真を用いて解説する。創作の参考書としても最適。底本は『有職...

    購入ページへ

  • 日ソ戦争 南樺太・千島の攻防

    【著者】冨田武

    3,740円(税込)

    34ポイント


    配送時期:2022/07/中旬

    『日ソ戦争1945年8月』(2020年)で記述できなかった南樺太・千島戦とその後の占領を、続編として刊行。 ヤルタ密約後のソ連の参戦動機と米ソの角逐から、日本人捕虜や居留民の実態、ソ連による南樺太・千...

    購入ページへ

  • 事典 太平洋戦争と子どもたち

    【著者】浅井春夫 川満彰 平井美津子 本庄豊 水野喜代志 編

    2,420円(税込)

    22ポイント


    配送時期:2022/07/下旬

    戦争は子どもたちに何をもたらすのか。直接の犠牲だけでなく、暮らしや教育、戦後も含めて太平洋戦争を振り返る。 軍国少年・少女、教育勅語と御真影、学童疎開、沖縄戦、引揚、孤児生活など、四七の問いに図版を交...

    購入ページへ

  • 皇位継承と藤原氏 摂政・関白はなぜ必要だったのか

    【著者】神谷正昌

    1,870円(税込)

    17ポイント


    配送時期:2022/07/下旬

    藤原氏が外戚の地位を独占して権力を掌握したとされてきた平安時代の摂関政治。近年では、天皇制の危機を回避し、それを擁護・補完するためのものだったと見直されている。幼帝の即位など皇位継承がゆらぐなか、藤原氏...

    購入ページへ

  • 送料無料

    鉄道開業150周年 日本鉄道大地図館

    【著者】今尾恵介 監修

    39,600円(税込)

    360ポイント


    配送時期:2022/09/下旬

    鉄道地図で旅する激動の日本近現代史 1872年(明治5年)に日本で鉄道が開業してから2022年で150周年になります。それは地図に鉄道路線が描かれた歴史でもあります。事業者は路線の計画や工事のため...

    購入ページへ

  • 送料無料

    平安時代の后と王権

    【著者】東海林亜矢子

    9,900円(税込)

    90ポイント


    配送時期:3~6日後

    摂関政治の成立・展開に、后の権限はいかに変化したか。立場と役割を解明し、権威が上昇した経緯を分析。 社会構造を捉え直す。 ▼目次 序章 后研究の課題と本書の研究視角 母后の内裏居住と王権-平...

    購入ページへ

  • 光源氏に迫る

    【著者】宇治市源氏物語ミュージアム 編

    2,420円(税込)

    22ポイント


    配送時期:3~6日後

    千年の時を越え、世界中で読まれ続ける『源氏物語』。主人公・光源氏をキーワードに、歴史・文学・美術など多様な切り口から物語にアプローチ。彼の生涯や恋愛模様はもちろん、頭中将(とうのちゅうじょう)らにみる貴...

    購入ページへ

  • 牛車で行こう!

    【著者】京樂真帆子

    2,090円(税込)

    19ポイント


    配送時期:3~6日後

    車種は? スピードは? 嫌なやつと同乗したら? 平安貴族の移動手段「牛車(ぎっしゃ)」とは、どんな乗り物だったのか。古記録や古典文学、絵巻物を素材に、乗り降りの作法、生きる動力=牛の性能、乗車定員やマ...

    購入ページへ

  • 平安貴族と陰陽師

    【著者】繁田信一

    2,530円(税込)

    23ポイント


    配送時期:3~6日後

    新居や空き家の神々、もののけ、疫病をもたらす鬼…。目に見えないさまざまな霊物が、貴族たちの平穏な日々を脅かす。彼らが陰陽師に求めたものは何だったのか。転居や病の治療を題材に、生活文化のなかの陰陽師という...

    購入ページへ

  • 送料無料

    後宮と女性

    【著者】公益財団法人古代学協会 編

    5,500円(税込)

    50ポイント


    配送時期:3~6日後

    政略と愛憎に彩られた王朝政治、千年の古典となりゆく貴族文化——後宮はすべての淵籔(えんそう)であり、個性的な女性たちがその活動を担った。角田文衞の独壇場と言うべき後宮史・人物史をテーマに、遺された珠玉の...

    購入ページへ

  • 源氏物語を読む

    【著者】瀧浪貞子 編

    3,080円(税込)

    28ポイント


    配送時期:3~6日後

    王朝社会に生きた源氏一族の壮大な物語。これは、紫式部が歴史書として描いた「虚構のなかの正史」であった。物語の誕生、源氏と王権、王朝貴族たちの恋愛・死生観、発掘された平安京の姿、源氏絵・注釈書、伝統芸術に...

    購入ページへ

  • 紫式部と平安の都

    【著者】倉本一宏

    2,200円(税込)

    20ポイント


    配送時期:3~6日後

    千年の時を超え、世界最高の文学と称えられる『源氏物語』。不遇な学者の女(むすめ)から中宮彰子への出仕に至った作者・紫式部の生涯を追い、物語執筆の謎に迫る。平安京や須磨・明石、宇治を訪ね、物語の舞台に想い...

    購入ページへ

  • 入道殿下の物語 大鏡

    【著者】益田宗

    2,420円(税込)

    22ポイント


    配送時期:3~6日後

    平安中期、幼少の天皇に代わり、外戚の藤原氏が摂政・関白となって政治を行う体制が成立した。その最盛期を迎える道長の時代に至る推移を、歴史物語「大鏡」を軸に、平易な語り言葉で述べる。文学的にも優れた入門書。...

    購入ページへ

  • 平安京のニオイ

    【著者】安田政彦

    1,870円(税込)

    17ポイント


    配送時期:3~6日後

    藤原道長が栄華を誇った時代。都ではどのようなニオイがしたのか。優美で華やかなイメージの平安京も、排泄(はいせつ)・廃棄物・動物・死など、暮らしと切り離せないさまざまなニオイが存在した。 『今昔物語集』...

    購入ページへ

  • 平安朝 女性のライフサイクル

    【著者】服藤早苗

    1,870円(税込)

    17ポイント


    配送時期:3~6日後

    平安王朝の女性は、宮廷を飾る花ではなく、家政をとりしきり、時には政治まで動かす存在だった。 生い立ちから結婚、子育て、老いにいたる年齢による家での役割分担、長寿を全うして至福の時を迎えるまでの一生を描...

    購入ページへ

  • 紫式部との交流 <現代語訳 小右記 5>

    【著者】倉本一宏 編

    3,080円(税込)

    28ポイント


    配送時期:3~6日後

    娍子立后をめぐって対立する三条天皇と道長。実資は「天に二日無し」といって立后の儀を主宰する。道長と彰子の確執も表面化し、実資は彰子と頻繁に接触する。その間の取り次ぎ役を担ったのが、かの紫式部であった。

    購入ページへ

カテゴリで探す

検索されている人気キーワード

キーワード一覧へ

T-POINT 貯まる!使える!