1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『SFロマン文庫全30冊(本の内容に書きます)』 投票ページ

SFロマン文庫全30冊

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

<SFロマン文庫>全30巻[岩崎書店]

1.『第四惑星の反乱』R.シルヴァーバーグ/作
2.『太陽系の侵入者』P.フレンチ/作
3.『わすれられた惑星』M.ラインスター/作
4.『宇宙人アダム・トロイ』M.パチェット/作
5.『うしなわれた世界』C.ドイル/作
6.『まぼろしのペンフレンド』眉村卓/作
7.『アーサー王とあった男』M.トウェーン/作
8.『迷宮世界』福島正実/作
9.『生きている首』A.ベリャーエフ/作
10.『作戦NACL』光瀬龍/作
11.『宇宙怪獣ラモックス』R.ハインライン/作
12.『大氷河の生存者』R.シルヴァーバーグ/作
13.『宇宙の勝利者』G.ディクスン/作
14.『時間と空間の冒険<世界のSF短編集>』福島正実/編
15.『宇宙紀元ゼロ年』B.メレンチェフ/作
16.『タイム・カプセルの秘密』P.アンダースン/作
17.『超世界への旅<日本のSF短編集>』福島正実/編
18.『なぞの第九惑星』D.ウォルハイム/作
19.『宇宙大オリンピック』M.レッサー/作
20.『フェニックス作戦発令』福島正実/作
21.『タイムマシン』H.G.ウェルズ/作
22.『宇宙人ビッグスの冒険』N.ボンド/作
23.『宇宙の漂流者』T.ゴドウィン/作
24.『消えた土星探検隊』P.レーサム/作
25.『百万の太陽』福島正実/作
26.『宇宙の密航少年』R.M.イーラム/作
27.『凍った宇宙』P.ムーア/作
28.『木星のラッキースター』ポール・フレンチ/作
29.『まぼろしの支配者』草川隆/作
30.『夢見る宇宙人』J.D.マクドナルド/作

投票コメント

新設されたばかりの中学校で図書委員長をつとめたときに、私が選んで入れて貰った全集です。 心ときめかせてラベルをつけ、昼休みの貸し出し当番をしながら片っ端から読んだのを、今でも鮮明に憶えています。本当に面白かった。もう一度読みたいです。 (2012/11/06)

1

とにかく懐かしい。 群馬県の榛名山近辺の某区営保養所で きれいな状態であったから今でも入手可能とおもっていたのに。 P.フレンチはI.アシモフさんの別名なんですよー。 とりあえず福島正実さんの「百万の太陽」とかまた読みたいです。 G・ディクスンの子供向け作品とかこのシリーズならではです。(TT) (2009/03/09)

1

私が出会った最初のSFです。ノスタルジーを差し引いても、優れたシリーズでした。現在「SF名作コレクション」として部分的に復刊(?)されていますが、あくまで部分的でしかなく、また明らかに低年齢向けの装丁となっているのが許せません。希望する事は2つです。 (1)できれば全て、ダメならせめて『宇宙の勝利者』と『宇宙人ビッグスの冒険』だけは復刊して欲しい。 (2)できれば元のイラストを、ダメだとしてももっとまともなイラストを使って欲しい。 (2006/07/10)

1

中学校の図書館に揃っており、30冊を夢中で読みました。あのおもしろさが忘れられず、小学校高学年になった息子にも読ませたいのですが、今は図書館を探しても見当たりません。 このシリーズをもう一度目にしたいがために、復刊ドットコムの会員登録をしたようなものです。 ぜひ、もう一度読ませてください! (2005/05/30)

1

小学校の頃に読んだ、14「時間と空間の冒険(世界のSF短編集)」の 「バーンハウス効果」(この全集での題名は違うかも?)がすごく印象に 残っていて、ずっと探していました。この巻には「フェッセンデンの宇宙」 も入っていたと思います。他の巻も「アーサー王とあった男」や「生きて いる首」など、SFの古典的な名作が多く、ぜひ読み返したいです。私は、 このシリーズを小学校時代に何度もワクワクしながら読んで、SF好きに なってしまいました。 (2005/05/04)

1

もっと見る

新着投票コメント

小学生の時に図書館で出会い、以降SFに心を奪われる要因になった本です。 しかしながら現在はAmazonだろうが古本だろうが手に入れることは困難です。 特に「超世界への旅」での「色盲の街」は今まで知りえなかった公害問題、光化学スモッグの恐ろしさがSFならではのおどろおどろしいリアリティのある描写で描かれていて、しばらく校庭を眺めながらあんな恐ろしいことが起こるのだろうかと考えたこともあります。 また、「あばよ!明日の由紀」では少年と少女が入れ替わる、そんなこの前流行ったような話が布の質感から未知への焦燥を鮮明に描きながらあります。しかし書かれたのは1979年。生まれてすらいないそのお話に思いを馳せることは今でもあります。 あの思い出の本をぜひ、手元に置いておきたいのです。 (2018/07/22)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/12/20
『SF名作コレクション(全10巻)』販売開始しました!
2005/06/26
『SFロマン文庫全30冊 』が規定数に到達しました。
2001/10/31
『SFロマン文庫全30冊』(本の内容に書きます)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2005/07/14
メール連絡済み
この本は出版社へ復刊希望のメール連絡済みです。
実際に交渉した際には改めましてご連絡します。
(交渉先:出版社)
2005/06/26
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

SF小説(日本)に関するQ&A

ドームの外に出ようとする本のタイトル教えてください

祖父の家で読んだのでかなり古いと思うのですがお願いします 絵の雰囲気が星の王子さまみたいな感じで ドームの図がついていました! あらすじは 昔戦争があって科学者?魔法使い?達が大きいドー...

TOPへ戻る