復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5

投票する

ダッハウ収容所のゲーテ

ダッハウ収容所のゲーテ

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 5

著者 ニコ・ロスト 著 / 林功三 訳
出版社 未來社
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784624990343
登録日 2011/01/18
リクエストNo. 52535

リクエスト内容

第二次大戦末期、ドイツの収容所・ダッハウで日々襲い来る恐怖と闘いながら文豪ゲーテなどの文学を糧に生き抜いてきたオランダ人ジャーナリストの日誌。

【刊行年】初版1991・最終版1991年
【判型】四六判【頁数】438頁
【価格】予価4104円(本体3800円)

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全5件

  • 2015年の日本が(政権も人々もふくめて)戦争とファシズムへと急速に傾斜していってるように思えてならず、その流れにどう抗していくべきかを、ぼくは日々考え続けています。
    数々の豊かな文学、音楽など、芸術作品を産み出したドイツの人々が、なぜナチズムへと走ってしまったのか? ナチの収容所という極限状態のなかで、著者はドイツ文学にどう向き合えたのか?
    ドイツ文学を勉強する身としても、とても興味があり、今すぐ読んで見たい一冊です。 (2015/01/08)
    GOOD!1
  • 面白そう (2015/01/08)
    GOOD!0
  • テーマに興味があるので、読んでみたい。 (2013/10/26)
    GOOD!0
  • 極限状況での文学がどのように消費されたのか、史実として非常に興味深いです。 (2012/01/11)
    GOOD!0
  • ナチ収容所で、文学が著者のどういう支えとなったのか知りたいです。 (2011/02/15)
    GOOD!0

NEWS

  • 2013/04/01
    『ダッハウ収容所のゲーテ』復刊決定!

  • 2011/01/18
    『ダッハウ収容所のゲーテ』(ニコ・ロスト 著 / 林功三 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!