復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5

投票する

ヘルマン・コーヘン哲学の体系 全3巻




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 5

著者 ヘルマン・コーヘン著 村上寛逸訳
出版社 第一書房
ジャンル 専門書
登録日 2011/01/01
リクエストNo. 52317

リクエスト内容

パウル・ナトルプとならぶ新カント派マールブルク学派の創始者コーヘン(コーエン)の主著で『純粋認識の論理学』・『純粋意志の倫理学』・『純粋感情の美学』の三部作。
コーヘンはカッシーラーとローゼンツヴァイクの師であり、コーヘンとナトルプのおこなった科学的認識の基礎付けは、現代哲学の旗手ガダマーやブルーメンベルクにも受け継がれています。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全5件

  • 新カント学派の先駆けとなったコーヘン哲学は日本を代表する京都学派の哲学者達(西田幾多郎、田辺元、波多野精一など)にも受け継がれています。ちなみに英語圏ではユダヤ宗教哲学に関する後期のものだけが訳されており、前期のコーヘン哲学と呼ばれるような「哲学の体系」や「新理想主義哲学序論」の英訳は存在しません。その意味でも歴史的に重要な文献と呼べるものではないでしょうか。ちなみに『新理想主義哲学序論」は児玉達童訳で絶版になっていますので、こちらの方も復刊リクエストしてみてもよろしいかと思います。
    海外で日本哲学の英訳を出版している自分としては、この本が復刊されてもっと手に入りやすくなる事を切に願っております。 (2013/08/30)
    GOOD!2
  • 新カント派が日本思想界に幅を利かせていた頃の遺産です。リッケルトなどの西南学派はまだしも、マールブルク学派のコーエンは読まれなくなって久しいです。しかし、新カント派の再評価が進みつつある現在、最も注目を浴びているのは意外なことに西南学派ではなく、コーエンです。
     コーエンが後に思想家に与えた影響は甚大で、京都学派の面々に加えて、カッシーラー、フッサール、シュトラウス、レヴィナス、ケルゼン、ドゥルーズ、デリダなどなど超一級の思想家がコーエンから大なり小なり影響を受けていると言われています。全く一般人向けの本ではないので、数が売れるわけではないでしょうが、新カント派が影響力を持っていた時代を明らかにする上では欠かせない本ですので、それなりの研究者は手に入れようとするでしょう。 (2020/05/16)
    GOOD!1
  • マールブルク学派の創始者へルマン・コーエン。ヘーゲル後、唯物論に傾く思想界にあってカントに帰れ運動の中心人物。戦前に出版(大正・昭和1桁)されたままその後復刊されていません。絶対に必要な書籍なので復刊を強く希望いたします。お願いいたします。 (2011/03/31)
    GOOD!1
  • ユダヤ思想の再検討が流行っていますが、現代ユダヤ思想の旗手というべきコーヘンの主著を読んでみたいです。 (2017/10/20)
    GOOD!0
  • 読みたい。 (2012/09/01)
    GOOD!0

NEWS

  • 2011/01/01
    『ヘルマン・コーヘン哲学の体系 全3巻』(ヘルマン・コーヘン著 村上寛逸訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!