1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『ジンメル著作集 全12巻(ゲオルク・ジンメル)』 投票ページ

ジンメル著作集 全12巻

得票数
5票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

哲学・論理学・倫理学・社会学と多方面に活躍し、著書「貨幣の哲学』をはじめ、「形式社会学」の提唱者として社会学の分野ですぐれた業績を残した、ドイツの哲学・社会学者ジンメル(1858-1918)の著作集。

登録者の評価★★★★★★★★★★

<巻立て>

第1巻 歴史哲学の諸問題 (生松敬三/亀尾利夫訳)

第2巻 貨幣の哲学(上)分析篇 (元浜清海ほか訳)

第3巻 貨幣の哲学(下)綜合篇 (居安正訳)

第4巻 カント/カントの物理的単子論 (木田元訳)

第5巻 ショーペンハウアーとニーチェ (吉村博次訳)

第6巻 哲学の基本問題/現代文化の葛藤 (生松敬三訳)

第7巻 文化の哲学 (円子修平/大久保健治訳)

第8巻 レンブラント (浅井真夫訳)

第9巻 生の哲学 (茅野良男訳)

第10巻 芸術の哲学 (川村二郎訳)

第11巻 断想 (土肥美夫/堀田輝明訳)

第12巻 橋と扉 (酒田健一ほか訳)

新着投票コメント

最近、中村雄二郎の「術語集」を読み返した。その中でジンメルの「橋と扉」に触れた部分があったので是非読んでみたいと思った。合わせて他の巻も読みたい。(古本で10巻だけは手に入れたが) (2011/06/22)

0

ジンメルは非常に優れた社会学者である。現在からみると隔たりのある知識に裏づけされているようには感じるものの、生を肯定的にとらえたその視点は今なお発見が多い。復刊はぜひ必要である。 (2009/09/14)

0

『貨幣の哲学』のみがジンメルではない。エッセイの思想家と呼ばれた彼の幅広い業績を多角的に捉えた本集は永く読み継がれるべきものだと思います。 (2007/11/11)

0

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

貨幣の哲学 ジンメル 著 / 居安正 訳
12,960円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/12/24
『貨幣の哲学』販売開始しました!
2007/11/11
『ジンメル著作集 全12巻』(ゲオルク・ジンメル)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

経済学に関するQ&A

本のタイトルが思い出せません

ビジネス・経済の本を探しています。タイトルがどうしても思い出せません。 内容としては営業か仕事術もしくは集客の分類に入ると思います。 先週立ち読みしたのでそこまで古い本ではないと思います。 ...

TOPへ戻る