復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

12

投票する

エドマンド・バーク著作集

エドマンド・バーク著作集

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 12

リクエストに関連する復刊/関連商品をみる

著者 エドマンド・バーク
出版社 みすず書房
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784622006923 9784622049180 9784622050414
登録日 2005/03/06
リクエストNo. 28231

リクエスト内容

日本語で読める唯一のバーク全集もの。

(収録内容)
第1巻:中野好之 訳『現代の不満の原因/崇高と美の観念の起源』
第2巻:中野好之 訳『アメリカ論・ブリストル演説』
第3巻:半沢孝麿 訳『フランス革命の省察』

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全12件

  • 保守するための改革(バーク)。これこそがいわゆる市井の人々を幸福にできる方法である。日本では保守はまったく理解されず、歪曲化されている。マスメディアは単なる提灯持ちでしかなくなり批判精神すら持たなくなっている。政治というものはマスメディアが実践するのではない。市井の人々こそが主役である。この視点を再確認し歴史に学ぶためにもバークの著作は読まれるべき古典である。 (2006/08/29)
    GOOD!1
  • バークの思想こそ今一度検証し実践するべき政治状況にある。"We must change to remain the same"は映画「山猫」の有名な台詞である。まさしく真の保守主義とはこのようなものだろう。そして保守主義を学ぶためにも保守主義を実践したバークの本を手に取ることが欠かせない。彼自身の言葉に耳を傾けつつ一票を投じたい。「読書して考えないのは、食事をして消化しないのと同じである」。 (2006/04/18)
    GOOD!1
  • 「フランス革命の省察」など単行本はまばらに、各社から出版されているが、全集ものは30~40年前の当該全集以来、国内では出版されていない。元祖保守主義者といわれる彼の全集さえ出版されない情況は、出版の思想的均衡を保つ上で好ましくない。 (2005/03/06)
    GOOD!1
  • 価格がちょっと心配だが、復刊願いたい (2011/03/26)
    GOOD!0
  • ヒュームと来ればバークも。 (2011/02/14)
    GOOD!0

もっと見る

タイトル 価格 サイト
崇高と美の観念の起原 3,080円 アマゾン
フランス革命の省察 3,850円 アマゾン
※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

NEWS

  • 2016/02/08
    『崇高と美の観念の起原』販売開始しました!

  • 2016/02/08
    『フランス革命の省察』販売開始しました!

  • 2005/03/06
    『エドマンド・バーク著作集』(エドマンド・バーク)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!