1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『おとなの時間(8)家族としての犬と猫(庄司薫編)』 投票ページ

おとなの時間(8)家族としての犬と猫

  • 著者:庄司薫編
  • 出版社:新潮社
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2004/10/28
  • ISBNコード:9784106017285
  • 復刊リクエスト番号:26600

得票数
8票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

内外の著名な作家たちによる、犬と猫についての作品を集めたアンソロジー。
(企画:丸谷才一、辻邦生、挿画:和田誠)
オーナー評価★★★★★★★☆☆☆

序 家族としての犬と猫について/庄司薫

1.一匹の犬が二匹になる話/マルセル・ベルジェ

2.母親/ガブリエル・ルイヤール

3.美しき犬 [詩]/室生犀星

4.愛猫 [詩]/室生犀星

5.ポチ―平凡より/二葉亭四迷

6.畜犬談/太宰治

7.雑種の犬/遠藤周作

8.ピエロ/ギ・ド・モーパッサン

9.お富の貞操/芥川龍之介

10.白い犬/永井龍男

11.犬/安部公房

12.猫ふんじゃった/吉行淳之介

13.犬/ジュール・ルナール

14.猫/ジュール・ルナール

15.交尾/安岡章太郎

16.お犬さまの天国/開高健

17.猫の教訓/オールダス・ハックスレー

18.不老長寿/庄司薫

19.猫の墓/夏目漱石

20.犬死でない死/五木寛之

21.猫に呼びかける [詩]/トーマス・エリオット

※なお、「おとなの時間」第9巻、第10巻は、リクエストNO.16546、17037に、それぞれ登録されています。

新着投票コメント

amy

amy

この本だけ持ってません。庄司薫ファンを名乗れなくなります~。 (2013/01/08)

0

この本は未だ読んでない… 復刊,お願い! (2012/09/02)

0

買い損なった本の一つ、古書店にもなかなか在庫がないので復刊を希望します。 (2010/06/11)

0

大好きな庄司薫さんの文章に触れたい (2006/02/24)

0

すき (2005/11/25)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/10/28
『おとなの時間(8)家族としての犬と猫』(庄司薫編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

犬に関するQ&A

耳の長いピンク色の犬が泥棒に連れ去られた友達を助ける話

【⠀いつ頃の本か 】→私が幼稚園生の頃に読んでいた本で、2005年頃だったと思います 【⠀覚えてる本の内容⠀】→耳の長い動物(確か犬だった気が…)泥棒もしくは強盗のような人となにかアクションを起こす...

TOPへ戻る