1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『奇妙な味の小説(吉行 淳之介)』 投票ページ

奇妙な味の小説

  • 著者:吉行 淳之介
  • 出版社:中央公論新社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2010/10/30
  • ISBNコード:9784122015647
  • 復刊リクエスト番号:51766

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

アンソロジーの名編者が星、安岡、森、小松、河野、阿川、開高、筒井、結城、島尾などの「奇妙な底味」をもつ作品16篇を選び収めた会心の名作集。
作家のバリエーションも豊富で、現在では読めない貴重な作品も多い。
「暑さ」星新一
「秘密」安岡章太郎
「さかだち」柴田錬三郎
「うまい話」結城昌治
「召集令状」小松左京
「思いがけない旅」河野多恵子
「わが愛しの妻よ」山田風太郎
「エスパニエル幻想」阿川弘之
「勝負師」近藤啓太郎
「暗い海暗い声」生島治郎
「二重壁」開高健
「手品師」吉行淳之介
「脱出」筒井康隆
「黒猫ジュリエットの話」森茉莉
「白夜の終り」五木寛之
「夢の中での日常」島尾敏雄

投票コメント

有名どころの作家の作品も沢山入っています。吉行氏本人の小説も入っていますし、何より“吉行 淳之介”という作家自らが編んだアンソロジーというところに興味がわきます。是非読んでみたいです。絶版するには惜しいものだと思います。 (2010/10/30)

1

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2010/10/30
『奇妙な味の小説』(吉行 淳之介)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る