1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 著者「フォイエルバッハ」 復刊リクエスト一覧

キーワード「フォイエルバッハ」(著者)のリクエスト一覧

復刊リクエスト

全9 件
キリスト教の本質 上・下

【著者】フォイエルバッハ
【出版社】岩波文庫

ジル・ドゥルーズ「ニーチェ(ちくま学芸文庫刊)」の訳者の改題にてニヒリズムの系譜上フォイエルバッハが重要であるとされているので。また、フォイエルバッハ「唯心論と唯物論(岩波文庫刊)」が楽しめる...

得票数
17票

ヘーゲル左派論叢 全4巻

【著者】良知力 広松(廣松)渉 ヘーゲル フォイエルバッハ シュティルナー
【出版社】御茶の水書房

第4巻のみ入手可ですが、第1巻と第3巻も入手できるようにしてほしい。あと、適当な編集者にお願いして(良知力/広松渉両氏が故人になったため)第2巻を刊行してほしい。

得票数
5票

フォイエルバッハ全集 全18巻

【著者】フォイエルバッハ ライプニッツ(ライプニツ)
【出版社】福村出版

「キリスト教の本質」(岩波文庫)を以前、所持していましたが、読まないうちに処分していたようです。最近読みたくなったところ、岩波文庫では絶版になっていました。無いとなると、無性に読みたくなります...

得票数
4票

フォイエルバッハ論

【著者】フリードリッヒ・エンゲルス フォイエルバッハ
【出版社】岩波書店

レーニンが、自覚した労働者が座右に置くべき書物である、と書いていました。

得票数
3票

フォイエルバッハ 思想と生涯 (阪南大学翻訳叢書11)

【著者】フォイエルバッハ
【出版社】発行:花伝社 発売:共栄書房

Feuerbach研究の良書です

得票数
3票

ドイツ・イデオロギー 草稿完全復元版

【著者】カール・マルクス フリードリッヒ・エンゲルス フォイエルバッハ
【出版社】新日本出版社

日本におけるマルクス研究は世界のトップレベルであるといわれているがそれも神話であったかもしれない。なぜならば本書でも指摘されているとおり誰一人としてマルクスの草稿にあたって研究を行った研究者が...

得票数
2票

フォイエルバッハ

【著者】フォイエルバッハ
【出版社】勁草書房

コミュニズムが破産したかに見える今日の状況は、人間の自己疎外の進行の過程として、織りこみ済みなのではないか。 学生時代に読んだままになっている本書にたち戻って見ようかと思う。

得票数
1票

唯心論と唯物論

【著者】桝田啓三郎 フォイエルバッハ
【出版社】岩波書店

フォイエルバッハの主著の一つ。このような名著はぜひ入手しやすい文庫版で普及してほしい。

得票数
1票

全9 件

ニュース

2016/10/28
『キリスト教の本質 下』販売開始しました!
2016/10/28
『キリスト教の本質 上』販売開始しました!
2013/10/30
『フォイエルバッハ論』販売開始しました!
2011/04/01
『フォイエルバッハ』復刊決定!
2011/01/18
『フォイエルバッハ』(城塚 登)の復刊リクエスト受付を開始しました。
2011/01/10
『キリスト教の本質 上・下』(フォイエルバッハ 著 / 船山信一 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。
2010/11/20
『唯心論と唯物論』(フォイエルバッハ)の復刊リクエスト受付を開始しました。
2010/11/20
『ドイツ・イデオロギー 草稿完全復元版』(カール・マルクス, フリードリヒ・エンゲルス [著] ; 渋谷正編・訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。
2010/05/12
『カスパー・ハウザー(福武文庫 フ1201)』(A・v・フォイエルバッハ著 西村克彦訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。
2008/03/25
『フォイエルバッハ論』販売開始しました!
2008/02/23
『フォイエルバッハ全集 全18巻』(ルートヴィヒ・フォイエルバッハ著 船山信一訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。
2007/03/12
『フォイエルバッハ論』(エンゲルス)の復刊リクエスト受付を開始しました。
2004/11/26
『キリスト教の本質  上  改版』販売開始しました!
2004/11/26
『キリスト教の本質  下  改版 』販売開始しました!
2002/03/12
『フォイエルバッハ 思想と生涯 (阪南大学翻訳叢書11)』(ゲオルク=ビーダーマン(Georg Biedermann)/著 尼寺義弘/訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。
2002/03/10
『ヘーゲル左派論叢 全4巻』(良知力, 広松渉/編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

Q&A 【あの本のタイトルが知りたい】

にんの木

高校生ぐらいの頃(1980〜1990年ごろ)図書館で読んだ本です。 短編集の中のひとつの物語だったと思うのですが... 物語の中の世界では、何か悪いことをしたのか、不治の病になったのか理由は覚えてな...


新規リクエストする

アクセスランキング

期間:2019/02/18~2019/03/17
(毎週月曜更新)

TOPへ戻る