1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ルーマニア日記(岩波文庫)(ハンス・カロッサ著 高橋健二訳)』 投票ページ

ルーマニア日記(岩波文庫)

  • 著者:ハンス・カロッサ著 高橋健二訳
  • 出版社:岩波書店
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2012/08/10
  • ISBNコード:9784003243626 9784102500712
  • 復刊リクエスト番号:55747

得票数
0票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

第1次大戦に従軍したカロッサの軍医としての体験記録.陰惨な冬のルーマニア戦線に生死の間をさまよいながら,いつも柔軟で素直な心を失わなかった詩人――敵兵を見つけても,砲兵隊の観測将校に教えるべきか否かに悩んでついに黙っていた彼であり,砲煙弾雨の血なまぐさい巷に,自然と人生の意味を静かに見つめていた彼である.(岩波書店ホームページより)

岩波文庫版のほかに新潮文庫・高橋義孝訳が存在します。
ISBNコードは両方登録してあるので復刊してほしい版をコメント欄に書き込んでください。

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2012/08/10
『ルーマニア日記(岩波文庫)』(ハンス・カロッサ著 高橋健二訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る