1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ルーマニア日記(岩波文庫)(ハンス・カロッサ著 高橋健二訳)』 投票ページ
  5. 情報提供 復刊・重版予定

情報提供 復刊・重版予定

ルーマニア日記(岩波文庫)

このリクエスト作品について、
1.新規に復刊・重版された
2.復刊・重版予定がある
3.元々絶版ではなかった
等の情報をお持ちの場合、タイトル/出版社/発行(予定)時期/参考URLなどと合わせてお知らせください。
(出版社が異なるなど完全な復刊でない、厳密には復刊でない場合に関してもこちらからお知らせください)

できる限り情報の入手元(※)をご記入ください。また、刊行予定日はわかる範囲でお知らせください。
(※ 著者や出版社の公式サイト、ニュースサイト、テレビ・雑誌・新聞など)

必須
必須

発売時期をご存知でしたら入力ください。おおよその日にちでも結構です。

10桁もしくは13桁で入力ください。
複数のISBNがある場合は複数回に分けて情報提供をお願いします。

出版社などの刊行情報がわかるサイト情報があれば入力ください。

次の画面へお進みください。



ルーマニア日記(岩波文庫)

  • 著者:ハンス・カロッサ著 高橋健二訳
  • 出版社:岩波書店
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2012/08/10
  • 復刊リクエスト番号:55747

得票数
0票

リクエスト内容

第1次大戦に従軍したカロッサの軍医としての体験記録.陰惨な冬のルーマニア戦線に生死の間をさまよいながら,いつも柔軟で素直な心を失わなかった詩人――敵兵を見つけても,砲兵隊の観測将校に教えるべきか否かに悩んでついに黙っていた彼であり,砲煙弾雨の血なまぐさい巷に,自然と人生の意味を静かに見つめていた彼である.(岩波書店ホームページより)

岩波文庫版のほかに新潮文庫・高橋義孝訳が存在します。
ISBNコードは両方登録してあるので復刊してほしい版をコメント欄に書き込んでください。

TOPへ戻る