1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『崇高と美の観念の起原(エドマンド・バーク著 中野好之訳)』 投票ページ

崇高と美の観念の起原

  • 著者:エドマンド・バーク著 中野好之訳
  • 出版社:みすず書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2007/09/01
  • ISBNコード:9784622050414
  • 復刊リクエスト番号:39675

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

人間は何を原因として崇高と美を感じるのだろうか。建物、植物、動物、音、色彩…古典主義を批判しつつ、現代へと連なる新しい美学カテゴリーを提示する。(「BOOK」データベースより)

古典主義美学の審美基準を退け、感覚主義の立場から美学上の観念を分析。1757年初版刊行時にロンドンの文壇で注目された美学論考。1973年刊「エドマンド・バーク著作集1」に収録された訳文を一冊に。〈ソフトカバー〉(「MARC」データベースより)

美学を語る上で欠かすことのできない古典中の古典。
本書以外にも理想社より鍋島能正の翻訳(『崇高と美の起源』)が出ている。

新着投票コメント

いい加減出しなさい。 (2010/03/13)

0

読んでいた本で数度引用に出くわし、「そのもの」を読んでみたいと思いました。 (2010/02/12)

0

図書館で読んでいて、思わず線を引きたくなったので、 是非愛読書にしたいです。 (2008/10/06)

0

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

崇高と美の観念の起原 E・バーク/中野好之訳
3,024円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2010/05/24
≪書物復権2010≫「崇高」という美学的カテゴリーを唱導する現代思想を考察する名著!エドマンド・バーク『崇高と美の観念の起原』 (5票)復刊決定!
2007/09/01
『崇高と美の観念の起原』(エドマンド・バーク著 中野好之訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る