1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『もうひとつの声 : 男女の道徳観のちがいと女性のアイデンティティ(キャロル・ギリガン)...』 投票ページ

もうひとつの声 : 男女の道徳観のちがいと女性のアイデンティティ

  • 著者:キャロル・ギリガン
  • 出版社:川島書店
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/04/08
  • ISBNコード:9784761003302
  • 復刊リクエスト番号:23469

得票数
20票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

近年社会科学、人文社会科学の分野に止まらず、広く注目を浴びている「ケア」という概念を語るにあたっての、バイブルとも言うべき書。人間の成長を「いかに「正義」という観念を体得したか」という形ではかる現状を批判し、「ケア」の観念もまた、正義と同等に人間の成長をはかる物差し(基準)となり得ることについて論じている。もうひとつの声、とは正義とは異なる「ケア」を指しているのであろう。

投票コメント

よく引用されるので、図書館で読んでみました。内容に納得できることはもちろん、研究の手法も参考にすることができます。著述の手法も学びたいです。ぜひ手元に置き、何度も読み直したい本だと思います。古書でもなかなか手に入りません。ぜひ復刊をお願いします。 (2010/01/12)

1

この本は決して研究者や好事家だけ読めばよいというような種類の本ではありません。 なぜなら、この本が切り拓いた「配慮の倫理」という視点は、もはや社会諸科学共通の 「ゲームのルール」であり、社会や法、政治などについて語る上で回避することの許さ れない視点だからです。この本の不在は、確実に日本の文化水準を押し下げます。それ を食い止めるためにも、復刊してください。 (2006/05/10)

1

どうしてこの本が絶版になっているのでしょう!!社会科学研究においては、不可欠な書です。この本のことを知らない社会科学研究者はいないといってもよいほどです。英語で事足りる、といってしまえばそれまでなのかもしれませんが、大学の教養教育のなかで、是非是非教科書として使いたいのです。お願いします!!!! (2004/04/08)

1

=

=

様々な分野(心理学、教育学、政治学、法律学など)の文献で引用され、昨今話題のケアの倫理でもおなじみのC.ギリガンの代表的著作。やはり日本語で読みたいです。ぜひ復刊をお願いします。 (2014/03/25)

0

ケアの倫理を代表する書物のうちの一冊だと思います。 日本語で手軽に読めるようにしてほしいです。 (2013/06/16)

0

もっと見る

新着投票コメント

最近、紹介を読んで興奮しました。 ぜひとも読んでみたいと思うのですが、とても古本が高いのでした。 (2015/10/30)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/04/08
『もうひとつの声 : 男女の道徳観のちがいと女性のアイデンティティ』(キャロル・ギリガン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る