1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ドストエフスキイ前期短篇集、後期短篇集(ドストエフスキー)』 投票ページ

ドストエフスキイ前期短篇集、後期短篇集

  • 著者:ドストエフスキー
  • 出版社:福武文庫
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/09/17
  • ISBNコード:9784828830537 9784828830582
  • 復刊リクエスト番号:12251

得票数
37票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

前期短編集は『初恋』『クリスマスと結婚式』『ポルズンコフ』『弱い心』『鰐』後期短編集は『おとなしい女』『ボボーク』『キリストのヨルカに召されし少年』『百姓マレイ』『百歳の老婆』『宣告』『現代生活から取った暴露小説のプラン』『おかしな人間の夢』をが入っている。

投票コメント

最近、講談社文芸文庫から「鰐」や「おとなしい女」が刊行されたが、それでもこの2冊の短篇集の貴重さは失われていない。特に、後期短篇集は貴重であり、『作家の日記』のあちこちに隠れ潜んでいる短篇をかき集めたもので、1冊でまとめて読めるのはこの本だけである。長篇とは異なる味をこれらの短篇で大いに愉しむことができる。 (2010/08/27)

1

大学の教授が授業のときに「おとなしい女」を紹介してくださり、先生に頼んでコピーを頂いて読んでみたところ、実に興味深い話でした。 ドストエフスキーは文庫本で出ている小説しか呼んだことがなかったので、彼の短編がこんなにも考えさせる作品であることを知りませんでした。 彼の短編がこんなに考えさせるような作品であるならば、もっと多くの読者に触れられるべきだと思います。 是非とも惜しまず復刊してほしいです。 (2006/07/31)

1

後期の方は持っていますが、前期の方を「そのうち買おう」と思っているうちに、品切れになってしまい、後悔しています。 ドストエフスキーといえば長編というのは基本ですが、短編には短編の味もあり、また、ユニークな実験的な作品もあります。ぜひ、手軽な文庫本で読みたいものです。 (2006/07/27)

1

ドストエフスキーは主として長編が有名な作家であると思う。 しかしながら、それは現在手軽に読める短編があまりに少ないからでもある。周知の通り、日本人は短編を好む傾向があるし、若い世代にはそれが顕著であると思う。ドストエフスキーを読むには、確かに長年生きる事によって培われる知識が必要なものもある。しかしながら、その多くは若い世代に非常に有益なものであると思う。若い世代の人に、気軽に作品に接してもらうためにもこの短編集の復刊は、文化の発展の上でも、非常に有益なものであると思う。是非、復刊してもらいたい。 (2003/12/29)

1

現在、出版されてない事自体おかしいと感じます。 (2009/05/21)

0

もっと見る

新着投票コメント

他の短篇がおもしろかったのでもっと読みたい (2011/02/19)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2002/09/17
『ドストエフスキイ前期短篇集、後期短篇集』(ドストエフスキー)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ベネッセコーポレーションに関するQ&A

1968年の中3コースの夏頃の付録小説

ラストのシーンがさわやかで印象に残っている。海辺の崖の上の草原らしい場所で中3の男女二人が遠い海に叫んでいるシーン。

TOPへ戻る