復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

23

投票する

『阿含経典』全六巻

『阿含経典』全六巻

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 23

リクエストに関連する復刊/関連商品をみる

著者 増谷文雄
出版社 筑摩書房
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784480094711 9784480094735 9784892032417 9784892032899 9784892033063 9784892033124 9784892033193
登録日 2002/06/23
リクエストNo. 10784

リクエスト内容

原始仏教の主要経典の集成。この種のものでは古典的名訳であり、基礎教理がテーマ毎に集成されたパーリ『相応部』や漢訳『雑阿含経』をベースに編集されているのが貴重。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全23件

  • 著者・増谷文雄は、阿含経典の原点は相応部(雑阿含)にあると主張している。中部(中阿含)や長部(長阿含)は相応部の経を編集して再構成されたものであり、増支部(増一阿含)は後に成立した教学解説を集めたもので論(アビダルマ)の原形であり、その他が小部である。その相応部に限定しても互いに重複する要素を持った経のバリエーションが多数存在するので、さらに相応部の中から必要最小限に選別した、いわば最大公約数としての姿が、この『阿含経典』1~4巻(5、6巻は相応部以外の中部・長部から選出した訳を収録した別冊扱い)である。膨大な経数を誇る相応部は未だに現代日本語訳の全訳は存在しないことと、前述の選別作業の成果を見ることができるという両方の観点から、この本の資料価値は未だ低下していないと言える。第4巻「詩偈に関する経典群」については、中村元の現代日本語の全訳が存在することもあり、「開題」と「巻末資料」を除けば必ずしも必要ではない。よって、全6巻でなくとも、1~3巻(+4巻の「開題」「巻末資料」)で十分、形態も文庫本で十分なので、復刊が熱望されるところです。 (2010/05/28)
    GOOD!1
  • この経典には釈尊、その人の教えが素直に表されていると思います。そして釈尊の日常生活、息ずかいさえも感じられます。釈尊以外の人の思想の混入がなく、純粋に釈尊と向き合えるような気がします。歴史の流れの中、人の垢が入って仏教史に発展して複雑膨大になっている現代の日本仏教ですが、原点を確認できる本だと思います。1~4巻は所持しているのですが、5,6巻を買いそびれていましたので是非復刊をお願いいたします。増谷氏の文章は高潔でとても良いと思います。 (2007/06/14)
    GOOD!1
  • 原初経典の現代語訳はまだまだ私たちの目にふれることは少なく、とても貴重だと思います。お釈迦様が私に直接話してくださっている感じがしてうれしくなりました。特に第3巻は図書館で借りて読んで感動しましたので座右の書としたいのでぜひ復刊をお願いします。 (2006/02/23)
    GOOD!1
  • 昔、第一卷のみ購入。
    全巻読んで見たい。
    古書では揃わないので。 (2012/03/08)
    GOOD!0
  • 是非とも文庫化希望です。 (2011/07/09)
    GOOD!0

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2012/10/02
    『『阿含経典』全六巻』販売開始しました!

  • 2012/08/10
    『阿含経典 1 存在の法則(縁起)に関する経典群 人間の分析(五蘊)に関する経典群』販売開始しました!

  • 2012/08/10
    『阿含経典 2 人間の感官(六処)に関する経典群 実践の方法(道)に関する経典群 詩(偈)のある経典群』販売開始しました!

  • 2002/06/23
    『『阿含経典』全六巻』(増谷文雄)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!