復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

107

投票する

高等魔術の教理と祭儀 祭儀篇・教理篇

高等魔術の教理と祭儀 祭儀篇・教理篇

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 107

著者 エリファス・レヴィ
出版社 人文書院
ジャンル 実用書
ISBNコード 9784409030226 9784409030233
登録日 2002/05/15
リクエストNo. 10006

リクエスト内容

【教理篇】
魔術とは何か?この単純な疑問に対して近代精神の立場から回答を与えた最初の本である。

【祭儀篇】
高等魔術の教理と祭儀 教理篇の続編にあたる本です。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全107件

  • 昔、教理編を買い、祭儀編をひたすら待っていましたが一向に出版されず出版社に問い合わせたところ出版のめどはたっていないと言われ理不尽な話だとは思いつつ、あきらめてそのままになっていました。が、知らぬ間に出版され絶版していたのを最近知り愕然となりました。教理編の隣に是非、祭儀編を置きたいし何よりたまらなく手にとって読みたいです。 (2006/05/19)
    GOOD!1
  • ランボー、マラルメ、ボードレール、ヴィリエ・ド・リラダン、ブルトン、等々の芸術家に影響を与えた本、らしい。

    現代のオカルト哲学・神秘主義の母であるブラヴァツキー夫人の神智学――「あらゆる宗教の根底には、太古から共通の啓示がある」という思想――の源泉でもある、らしい。

    レヴィが実際に行なった魔術で起こった霊的体験が書かれている、らしい。

    読みたい気分。 (2005/03/15)
    GOOD!1
  • カモワン・タロットを教えることを修行中の私です。
    タロットは単なる占いの道具ではなく、魂を進化させる秘密教義と知りました。(まだ、私の魂はあんまり進化していませんが・・)
    同様の秘密教義である魔術にも関心をもつようになりました。
    同じ著者の『高等魔術の歴史』を読みましたが、イマイチでした。
    でもこの本は評価が高いみたいなので、読んでみたいです。(ミーハーな動機で、申し訳ありません。) (2003/09/10)
    GOOD!1
  • 某インターネット古書店で法外な(と思う)価格で売られているのを見て投票する気になりました。
    祭儀篇92年11月10日発行定価3811円。最近思い切って購入した「魔術の歴史」が6300円。
    昔、学生の頃食費を切りつめてこの手の本を購入していたのを思い出します。若い人の手が届く価格での復刊を希望します。 (2002/09/03)
    GOOD!1
  • アレイスタークロウリー(著)魔術理論と実践とならんで、
    高等魔術の第一級の文献とされる、本書ですが現在書店
    では入手できなくなっています。
    オカルトマニアのみならず、宗教、人文科学の分野でも
    一級の文献といわれていますが、入手できず残念です。 (2002/07/16)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2002/05/15
    『高等魔術の教理と祭儀 祭儀篇・教理篇』(エリファス・レヴィ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!