復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

〓▲〓さんのページ

復刊リクエスト投票

  • 映像のポエジア

    【著者】アンドレイ・アルセーニエヴィチ・タルコフスキー、鴻英良

    単なる映画論ではない。イメージというものを通して世界を捉える行為についての哲学。ドゥルーズの『シネマ』のように、哲学者がイメージを考えたのではなく、イメージ的に思考し、卓抜なイメージを創造しえた者によって紡がれた証言としての稀少価値がある。(2015/04/16)
  • 嫉妬

    【著者】ロブ=グリエ

    現代小説の頂点にして出発点。客観描写に徹しているかに見える語り手の、生々しい情念が、その無機質な文体の隅々にまで浸透している。人間にとって裸の現実などというものはなく、全ては何らかの関心なり視角なりから照らし出された事象であるということ。読み手を否応なく共犯関係に引きずり込む語り手。その、妄想と現実、現在と過去とが同列に並んだ世界。もはやこれは「古典」でしょう。読まれるべき作品。(2011/07/13)
  • エリーザベト・ニーチェ ニーチェをナチに売り渡した女

    【著者】ベン・マッキンタイアー/藤川芳朗訳

    昨年からにわかに沸き起こったニーチェ・ブーム。そのポジティブで明るい人生訓ばかりが持て囃され、彼の暗く厳しくまた過激な言説には目が向けられないままですが、その裏面を曲解・悪用したのがナチス。反ユダヤ主義者を批難していたニーチェがなぜ歴史上に汚点を残すような羽目に陥ったのか、ニーチェが嫌っていた妹の果たした役割をこの本から学びたい。(2011/02/15)
  • オルグ学入門

    【著者】村田宏雄編

    図書館でチラリと中身を確認してみたが、ギッシリ詰まった中身で濃い。マーケティング論的な面も見えるが、そこに「闘争」という概念が盛り込まれていることで、独特の生々しさや激しさが感じられる。(2011/02/15)
  • おとぎの国のモード

    【著者】坂井妙子

    ちょっと今まで目にしたことのないアプローチからのファッション論、童話論のようなので、気になる。フィクションに於けるファッション論というのは映画やドラマに関しては気になっていたけれど、絵本というのは盲点。(2011/02/15)

もっと見る

T-POINT 貯まる!使える!