復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

天狼星の旅人さんの公開ページ 復刊投票コメント一覧 2ページ

復刊リクエスト投票

  • 超人ピタゴラスの音楽魔術

    【著者】斉藤啓一

    昨今注目をあびているグノーシス思想(反宇宙的な二元論)は、ギ
    リシア哲学のハルモニアの観念と対比することなくして理解する
    ことはできないだろう。ピュタゴラスの宇宙論はアカデミズムに
    よって葬り去られた為、多くを知ることはできないが、本書はそ
    の一端に光をあてており、その意味でも貴重な一冊。(2004/07/12)
  • 形而上学叙説(岩波文庫33-616-2)

    【著者】ライプニッツ著 河野与一訳

    ライプニッツの全体的な人間像に興味がある。「単子論」と合わ
    せて読みたい。(2004/07/12)
  • 單子論(単子論)

    【著者】ライプニツ(ライプニッツ)著、河野与一訳

    モナドの概念というのは、名前ばかり一人歩きしている感じで非
    常に理解しにくい。(使っている人も理解しているとは思えない)
    で、ライプニッツの原著を読もうとすると、これがまた見当たら
    ないと...。こういう状況はかなり変ですね。だいたい代表的な基
    本文献が文庫で絶版になっていること自体おかしい。(2004/07/12)
  • リグ・ヴェーダ讃歌

    【著者】辻 直四郎 訳

    この本が絶版になっていると聞いて、目の前が真っ暗になりまし
    た...。非常に困ってます。私には版権の問題がどうなっているの
    か分かりませんが、岩波で出版できないのなら、他の出版社で出
    せるようにできないでしょうか? 重要な古典文献は公共のもので
    あるべきだと思います。(2004/07/12)
  • 夜の言葉

    【著者】アーシュラ・K・ル=グウィン

    買いそびれて読んだことないが、ル=グィンは私が注目するタイ
    プの才能の持ち主のようなので。文庫版で復刊したら絶対買う。(2004/07/11)
  • 天のろくろ

    【著者】アーシュラ・K・ル・グイン

    買いそびれて読んだことないが、ル・グインは私が注目するタイ
    プの才能の持ち主のようなので。文庫版で復刊したら絶対買う。(2004/07/11)
  • 境界例と想像力 現代分析心理学の技法

    【著者】N.シュワルツ‐サラント

    興味あり。読んでみたい。(2004/07/11)
  • ロクス・ソルス

    【著者】レーモン・ルーセル

    「肉のない話す唇」なんて...そそるよねぇ~。読みたい!(2004/07/11)
  • 【著者】アンナ・カヴァン

    「バラードのはるか彼方、形而上学の寒風の中へと船出した破滅
    小説」なんて...。読みたいよねぇー。タイトルもいいし。(2004/07/11)
  • ワイルドボーイズ

    【著者】ウィリアム・S・バロウズ

    ところでペヨトル・リバイバル・プロジェクトって何なのでしょ
    う? バロウズのは勿論全部読みたいけど、あそこは昔アルトーの
    「タラユマラス」なんてのも出してたしねー、また復活して欲し
    いですね。(2004/07/11)
  • 黄金の夜明け(世界魔法大全1)

    【著者】江口之隆、亀井勝行共著

    この際「世界魔法大全/全5巻」を全て復活させるってのはどうだ?(2004/07/11)
  • 占星術のシクミがわかる本

    【著者】松村潔

    古代の天文学の考え方を少しでも理解したいので。(2004/07/09)
  • 陰欝な美青年

    【著者】ジュリアン・グラック

    サン・ジュストに捧げた詩があまりに美しかったので、J・グラッ
    クはずっと好きでした。この作品も読めるものなら読んでみたい
    い。(2004/07/09)
  • 霊視と幻聴(原題「The Vision and The Voice」)

    【著者】アレイスター・クロウリー

    参考資料として貴重。入手したい。(2004/07/07)
  • バフォメット

    【著者】ピエール・クロソウスキー

    昔、持っていたのに手放してしまい後悔してます。ペヨトル工房
    が解散したのは本当に残念。(2004/07/07)
  • ソフト・マシーン

    【著者】ウィリアム・S・バロウズ

    はたしてW・バロウズはグノーシス派アナーキストか!?
    とにかく三部作は全部読みたい。(2004/07/07)
  • ノヴァ急報

    【著者】ウィリアム・S・バロウズ

    はたしてW・バロウズはグノーシス派アナーキストか!?
    とにかく三部作は全部読みたい。(2004/07/07)
  • 爆発した切符

    【著者】ウィリアム・S・バロウズ

    はたしてW・バロウズはグノーシス派アナーキストか!?
    とにかく三部作は全部読みたい。(2004/07/07)
  • 心霊的自己防衛(世界魔法大全4)

    【著者】ダイアン・フォーチュン

    80年代のいつだったか、ウィリアム・バロウズが現実的に有効な
    サイキックディフェンスの参考書として本書を推薦していたこと
    があり、感銘を受けたことがあります。彼のような実験的な作家
    ですら、裏でこの本を読んでいるというのが意外だったのです。
    あの頃から比べればオカルティズムに関わる人たちの様相も変化
    し、時代も変わりましたが、ダイアン・フォーチュンのような才
    能を探し求めている読者はどんな時代になっても存在するのです
    から、このまま埋もれさず再び世に出して欲しいと思います。そ
    れに、この種の本は本書のように毒もあって少々危険性を孕んだ
    内容であってこそ参考にする価値があるというものです。魔術カ
    バラを学ぶとき、愚者の席は何処にも用意されてないということ
    を著者ほど親切に教えてくれる人間もいないですし、貴重です。(2004/07/06)
  • 神殿伝説と黄金伝説

    【著者】ルドルフ・シュタイナー

    暗黒の未来を洞察した鋭い内容です。シュタイナーの研究家に
    とって、この本は今後、重要な位置付けになっていくでしょう。
    復刊が強く望まれます。(2004/07/04)

T-POINT 貯まる!使える!