1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『氷(アンナ・カヴァン)』 投票ページ

  • 著者:アンナ・カヴァン
  • 出版社:サンリオSF文庫
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/11/20
  • 復刊リクエスト番号:13418

得票数
68票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ヘロインによる自己崩壊を氷による世界崩壊にたとえた破滅小説。

『B・W・オールディスは彼のSF史の大著『十億年の宴』(邦訳、東京創元社)を、メアリ・シェリーの『フランケンシュタイン』で始め、アンナ・カヴァンの『氷』で締めくくっている。
「わたしにとって、それはSF史の一つの項点を形づくるもの、したがって分類不可能なものである。……一方、それはバラードがウィンダムを超えたものとおなじように、バラードのはるか彼方、形而上学の寒風の中へと船出した破滅小説である」
本書はいかようにも読み取ることができる。もちろんSFとして、また全体主義の寓話として、あるいは世界の終末のヴィジョンとして、そしてへロイン中毒者の蠱惑的なメタファーとして。
SF史上、幻の傑作とされてきたアンナ・カヴァンの『氷』、遂に邦訳!

投票コメント

アンナ・カヴァンは邦訳が少ないのが非常に残念。何年か前にサンリオSF文庫にも収録が予定されていた「輝く草地」がやっと邦訳刊行(表題作だけがアンソロジィに収録されただけだったが)されてアンナ・カヴァンの再評価につながればいいなぁと思っていたがまた数年が経過してしまいましたね。個人的には「ジュリアとバズーカ」の読後の印象が強いけど「氷」は彼女の代表作。せめて「氷」だけでも復刊して欲しい。 (2008/01/23)

1

買い逃してはや十数年。古書価3000円台で出てる時に買っておけ ばよかったです……今や7000円超がネットでひっかかるばかり。 たまに5000円で出てるのは前金とかいうのが怪しいし……。 と、ずうううっと探し続けて疲れました。忘れた頃にSFのベス ト本などで嬉しそうに紹介する人を呪い殺してやりたいくらいで す。はやく復刊してくれないとしょうもない理由で殺人者になる かもしれません、できれば千円台で、どこかで出してもらえない でしょうか? よろしくお願いしますです。 (2005/06/09)

1

とあるサイトで偶然見かけて以来、ずっとほしいと思っています。 この著書自体を死って以来、もう3年くらい古本屋を回っているのですがなかなか見つかりません。 是非復刻して頂きたく思い、投票させていただきました。 よろしくお願いします。 (2004/04/08)

1

まさにSF界のカフカ!という感じで、とても面白かったです。 アンナ・カヴァンのお顔も作風に似合って素敵でした(どうでもいいことですが)。 すぐさま、「ジュリアとバズーガ」も買いました。 まわりで、あまり彼女を読んでいる(知っている)人がいなかったので、こちらで名前を発見してうれしくなりました。 「愛の渇き」は持ってないので、こちらも読みたいなぁー。 サンリオSF文庫よかったですねー。 (2003/05/29)

1

これもなかなか復刊されないですね。 感想が難しい作品の1つですが、このつかみどころのない雰囲気 がよいのだ、という感じでしょうか。 今ならば時代の流れに合って発刊当時よりは理解されるのでは? と思います。 (2002/12/22)

1

もっと見る

新着投票コメント

再び絶版になっているので 出来れは文庫で読んでみたい (2014/12/17)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

アンナ・カヴァン 著 / 山田 和子 訳
972円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2015/04/23
『氷』販売開始しました!
2008/05/29
復刊!アンナ・カヴァン『氷』
2002/11/20
『氷』(アンナ・カヴァン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る