復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

【訳あり品特価】北辺の機関車たち(30%OFF)

大木茂 武田安敏 堀越庸夫

3,080円(税込)

(本体価格 2,800 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:28ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

お気に入りに追加

得票数:33票
北辺の機関車たち
※当商品は「訳あり品」です。商品に若干の汚れやキズ等が見られる場合がございます。
これらを理由とする返品や交換はお受けできません。あらかじめご了承ください。

※「訳あり品」と「発売が翌々月以上先の予約商品」を同時購入される方は、「まとめ発送」ではなく「分割発送」をご指定ください。
なお、以下の場合は「まとめ発送」をご指定いただいても問題ありません。
・「訳あり品」と「当月or翌月発売の予約商品」の同時購入
・「訳あり品」と「発売済み商品(配送時期:3~6日後と表記されているもの)」の同時購入
・「訳あり品」同士の複数購入
著者 大木茂 武田安敏 堀越庸夫
出版社 復刊ドットコム
判型 A4変・函入り
頁数 148 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784835454887

商品内容

当商品は「訳あり品」です。
通常税込定価:4,400円のところを30%OFFでご提供いたします。数に限りがございますので、お早めにどうぞ。


雪と蒸気機関車の国、北海道。
冬の北海道とそこに生きる機関車たちに魅せられた男たちにより
ある時は厳しく、ある時は優しく、またある時は幻想的に捉えられた
鉄道写真集史上不朽の名作『北辺の機関車たち』。
1971年の初版と同じ造本で、ここに復刊決定!


多くの鉄道ファンから熱烈な支持を受け続ける鉄道写真集の傑作がついに復刊決定です。
国鉄蒸機が最終章にあった時代に、早稲田大学の学生だった大木茂、武田安敏、堀越庸夫の3名により撮影され、1971年にキネマ旬報社より刊行された『北辺の機関車たち』には、氷点下20度、30度近くまで下がる北の厳しい大地を疾走する蒸気機関車と雪のコントラストの世界が見事なまでに表現されています。
撮影地ガイドなどまだない時代だからこそ、はるかに自由に撮影ができ、絵になる場所も多く存在していた時代。ひたすら機関車を追いかけ、撮影を続けた若者たちの放つ独特のにおいや息づかいが、この写真集からは漂います。

初版刊行から46年が経ち、大幅に進化した印刷技術によってあらたによみがえる、3名の若者たちによる珠玉作品をぜひお手にとってお楽しみください。

▼「はじめに」より
雪と蒸気機関車の国、北海道。我々は幾度となくこのさいはての地を訪れ、ここに働く機関車たちを追い続けた。この写真集は、冬の北海道とそこに生きる機関車たちに魅せられた我々3人の共同のアルバムともいうべきものである。
~中略~
厳寒と雪と流氷と、そしてそこを走る機関車、それを守る人々…。場所的にも非常に片寄っており、一般的な意味での北海道の機関車たちを十分とらえたとはいえないが、総花的に撮ることをやめた我々の主義からいえば、それは意味のあることであった。
冬の北海道の素晴らしさ、そしてその中で働く機関車たちの暖かさ、何よりもそれをこの本から感じていただければ幸いである。

▼目次
◇宗谷路のC55
◇さいはてに走る
◇凍てる朝/生田原・留辺蘂(るべしべ)/山間にこだます/峠の印象
◇雪と氷の浜
◇重連の行路
◇函館への道

★本書の特長
1. 鉄道写真集の白眉『北辺の機関車たち』を初版と同じ造本にて再現した豪華保存版
2. 現代の最新デジタル技術、印刷技術を駆使して表現する新しい『北辺の機関車たち』が放つ美麗な誌面にも注目。半世紀の技術革新の進歩がわかります!

※本書は1971年にキネマ旬報社より出版された『北辺の機関車たち』を底本とし、新たなデザインで復刊するものです。

(c) 大木茂 武田安敏 堀越庸夫

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全33件

  • 最新の印刷で見たい本です・・・ (2017/02/27)
    GOOD!0
  • キネマ旬報「蒸気機関車」の広告に出ていた記憶がありますが、当時小学生だった私には買えませんでした。大木茂氏のHPに当時の写真の一部が掲載されていますが、是非再版を希望します。 (2017/01/05)
    GOOD!0
  • 聞くからに面白そうです。 (2016/05/25)
    GOOD!0
  • 見てみたい! (2013/01/18)
    GOOD!0
  • 中学、高校のSLブームのころ、私も拙い写真を撮っていましたが、そのころのバイブルがキネ旬の「蒸気機関車」でした。 それに掲載されていたこの写真集の広告、表示の写真は強烈な印象がありました。数年前にネットで著者のサイトを知り、記憶が蘇ってきました。 蒸気の写真では 最高峰であると信じています。是非 復刊してください。 (2012/09/21)
    GOOD!2

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!