復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,420円(税込)

なく、おこる <五感のえほん 1>

秋山さと子 文 / スズキコージ 絵

2,420円(税込)

(本体価格 2,200 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:22ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:11 個

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 秋山さと子 文 / スズキコージ 絵
出版社 復刊ドットコム
判型 A4・上製
頁数 40 頁
ジャンル 児童書・絵本

商品内容

<五感のえほん>プロジェクト始動!
1983年、訪問販売のみで発売された伝説の絵本シリーズが、新しい装丁でよみがえります。
今をときめく豪華な執筆陣にも注目!


▼<五感のえほん>とは?
2015年、復刊ドットコムから新たな絵本シリーズが誕生します!
元々は、1983年に「ブリタニカ絵本館ピコモス」(日本ブリタニカ社 刊/全25巻/監修:谷川俊太郎 小松左京)として、訪問販売でのみ発売された絵本シリーズ。
再編集にあたり、わたしたちの社会や生活に根付く五感(みる、きく、かんじる…)でのセレクトを行い、<五感のえほん>(全10巻)として刊行していきます。
人間の動作的なものに加え、子どもたちが日常の中で直面すること、感じてほしいことを一流作家たちが存分に表現したオリジナル絵本です。

監修者より
五感を感じる、認識する。
本絵本シリーズのテーマは、それにつきます。
いのる、あじわう、みる、はなす、きく、なく…。
なにげない生活のなかで、 無意識のうちに始まり行われている感情の動きそのもののきっかけが五感から発生しているのです。
各界の卓越した表現者による本シリーズは、まずは五感を認識してからはじまる発見の絵本だとおもうのです。
--土井章史(東京 吉祥寺・トムズボックス主宰)


第1弾は、『なく、おこる』。
『ユングの心理学』『ユングの性格分析』(講談社現代新書)などでも知られる秋山さと子氏が書いた文章に、“コージズキン”こと、鬼才・スズキコージ氏が絵をつけた伝説の一冊です。
発刊当時、書店売りもされず図書館所蔵も滅多にない伝説の絵本です。
みずみずしくテンポの良い秋山さと子氏の文章と、独自の世界観を放つスズキコージ氏による相性抜群のコラボレーションをお楽しみください。


▼イメージ画像:(クリックで拡大します)
なく、おこる イメージなく、おこる イメージ
なく、おこる イメージなく、おこる イメージ


▼著者プロフィール
秋山さと子
1923年東京都生まれ。文化学院、駒澤大学仏教学部、同大学院を経て、1964年から4年間ユング心理学研究所に在籍。東京ユング研究会を主宰しつつお茶の水女子大学、駒沢大学、東洋大学で教鞭をとる。1992年没。

スズキコージ
1948年静岡県生まれ。1972年、『ゆきむすめ』(岸田衿子 作)でデビュー。絵本著作多数、受賞多数。また、映画や演劇のポスター、舞台装置、衣装を手がけ、壁画や看板、音楽など活躍の場は広い。

※本書は、1983年に日本ブリタニカ社から刊行された「ブリタニカ絵本館ピコモス」(全25巻)の中の『なく、おこる』を底本に、新たに出版するものです。
※画像は、制作中のものです。実際のものとは異なる場合がございます。
<五感のえほん>シリーズ・ラインナップ
◆第1期◆好評発売中
◎『なく、おこる <五感のえほん 1>』(秋山さと子 文 / スズキコージ 絵)
◎『つくる <五感のえほん 2>』(谷川俊太郎 文 / 福田岩緒 絵)
◎『はなす <五感のえほん 3>』(竹内敏晴 文 / 長谷川集平 文・絵)
◎『かぞえる <五感のえほん 4>』(楠田枝里子 文 / 飯野和好 絵)
◎『くらす <五感のえほん 5>』 (森崎和江 文 / 太田大八 絵)

◆第2期◆
◎『かぐ、あじわう <五感のえほん 6>』(岸田衿子 文 / 司修 絵)…2016年4月刊行
◎『いのる <五感のえほん 7>』(森崎和江 文 / 山下菊二 絵)…2016年5月刊行
『みる <五感のえほん 8>』(谷川俊太郎 文 / 高橋常政 絵)…2016年6月刊行
『そだつ <五感のえほん 9>』(寺山修司 文 / 小竹信節 絵)…2016年7月刊行
『はこぶ <五感のえほん 10>』(佐々木幹郎 文 / いわむらかずお 絵)…2016年8月刊行

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!