1. TOP
  2. ショッピング
  3. 児童書・絵本
  4. 『いのる <五感のえほん 7>(森崎和江 文 / 山下菊二 絵)』 販売ページ

いのる <五感のえほん 7>

いのる <五感のえほん 7>

  • 著者: 森崎和江 文 / 山下菊二 絵
  • 出版社: 復刊ドットコム
  • 判型: A4変・上製
  • 頁数: 40 頁
  • ISBN: 9784835451886
  • ジャンル: 児童書・絵本
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 13 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 2,700 円 (税込)
    (本体価格 2,500 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 25ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

<五感のえほん>第2期(6~10巻)刊行スタート!
1983年、訪問販売のみで発売された伝説の「ピコモス」絵本シリーズが、<五感のえほん>として復刊!
森崎和江と山下菊二という豪華著者同士による『いのる』が、新たな装丁でよみがえります!


▼<五感のえほん>とは?
★復刊ドットコムが放つ、新・絵本レーベルです★
元々は1983年に、ブリタニカ絵本館ピコモス(日本ブリタニカ社刊/全25巻/監修・谷川俊太郎、小松左京)として“訪問販売でのみ”発売された絵本シリーズ。
再編集にあたり、わたしたちの社会や生活に根付く五感(みる、きく、かんじる…)でのセレクトを行い、<五感のえほん>(全10冊・第1期/第2期)として発刊いたします。
人間の動作的なものに加え、子どもたちが日常の中で直面すること、感じてほしいことを一流作家たちが存分に表現したオリジナル絵本です。

監修者のことば
五感を感じる、認識する。
本絵本シリーズのテーマは、それにつきます。
いのる、あじわう、みる、はなす、きく、なく……。
なにげない生活のなかで、 無意識のうちに始まり行われている感情の動きそのもののきっかけが五感から発生しているのです。
各界の卓越した表現者による本シリーズは、まずは五感を認識してからはじまる発見の絵本だとおもうのです。 
--土井章史(東京 吉祥寺・トムズボックス主宰)


<五感のえほん>シリーズ第7弾は、『いのる』
詩人で作家の森崎和江が著した、日常の中にある“祈り”を生活者の視点で描いた、暖かなおはなし。
戦後シュールレアリスムの第一人者・山下菊二との豪華共演を存分にお楽しみください!

あきおの むらの うみの かみさまは
おんなの かみさまです
なまえは「おいわずさま」と いいます
うみの まんなかの ちいさな たかい しまに
いらっしゃるのです
とおくて ここから みえません

『いのる』という行為は、とても神聖でとても身近なものです。
宗教性がうすいと呼ばれる日本でも、私たちは知らず知らずのうちに、お祈りを日常的な行為として行っています。
本作には2017年の世界遺産の登録候補にもなっている、『神宿る島』宗像(むなかた)・沖ノ島と関連遺産群にも関連する「お言わず様」という古来からのしきたりも作中に登場しています。

▼イメージ画像:(クリックで拡大します)
いのる イメージ1いのる イメージ2いのる イメージ3
いのる イメージ4いのる イメージ5いのる イメージ6いのる イメージ7

※画像は製作中のものです。実際のものとは異なる場合がございます。

▼著者プロフィール
森崎和江(もりさき かずえ)
1927年生まれ。
17歳で単身九州へ渡り、1947年、福岡県立女専を卒業。1950年、詩誌『母音』同人となる。1958年、筑豊の炭坑町に転居し、谷川雁、上野英信らとサークル交流誌『サークル村』を創刊。1959~61年、女性交流誌『無名通信』を刊行。詩集に『ささ笛ひとつ』(思潮社)、『地球の祈り』(深夜叢書社)など多数の著書がある。

山下菊二(やました きくじ)
1919年生まれ。
1938年、上京して、福沢絵画研究所に入る。49年、美術文化協会の会員になるが、翌年、退会。以後、多くの会を結成、あるいは参加。1952年、小河内村へ行き、ダム反対闘争。以後、松川裁判、安保闘争、狭山裁判などに加担。1975年、筋萎縮症と判断される。1986年、死去。代表作に『あけぼの村物語』(53)、『見られぬ祭』(65)、『葬列』(67)、『転化期』(68)など。

※本書は、1983年に日本ブリタニカ社から刊行された「ブリタニカ絵本館ピコモス」(全25巻)の中の『いのる』を底本に、新たな装丁で復刊するものです。

★こちらもおすすめ★
『くらす』(森崎和江・文 太田大八・絵)
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68323800
のどかで懐かしい日本の原風景
日常生活に追われるあまり、「暮らし」はあっても「暮らす」という感覚が薄らいでしまうこともあります。
本書では、日本にかつてあった「暮らす」風景をやさしいタッチで描いています。

<五感のえほん>シリーズ・ラインナップ
◆第1期◆好評発売中
◎『なく、おこる <五感のえほん 1>』(秋山さと子 文 / スズキコージ 絵)
◎『つくる <五感のえほん 2>』(谷川俊太郎 文 / 福田岩緒 絵)
◎『はなす <五感のえほん 3>』(竹内敏晴 文 / 長谷川集平 文・絵)
◎『かぞえる <五感のえほん 4>』(楠田枝里子 文 / 飯野和好 絵)
◎『くらす <五感のえほん 5>』 (森崎和江 文 / 太田大八 絵)

◆第2期◆
◎『かぐ、あじわう <五感のえほん 6>』(岸田衿子 文 / 司修 絵)…2016年4月刊行
◎『いのる <五感のえほん 7>』(森崎和江 文 / 山下菊二 絵)…2016年5月刊行
『みる <五感のえほん 8>』(谷川俊太郎 文 / 高橋常政 絵)…2016年6月刊行
『そだつ <五感のえほん 9>』(寺山修司 文 / 小竹信節 絵)…2016年7月刊行
『はこぶ <五感のえほん 10>』(佐々木幹郎 文 / いわむらかずお 絵)…2016年8月刊行


すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/03/22
『いのる <五感のえほん 7>』(森崎和江 文 / 山下菊二 絵)の注文を開始しました。

この商品は現在販売中です。

絵本に関するQ&A

絵本さがしています!キーワード:雲の上の男の子 / 鳥 / 海の底に住んでいる女の子

今から20~25年ほど前に、知り合いから頂いた絵本をさがしています。 うろ覚えなためキーワード程度になりますが、 登場人物は、雲の上に住んでいる男の子(王子?)と鳥(つばめ?)と海の底に住ん...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る