1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『モリエール全集(モリエール著  鈴木力衛 訳)』 投票ページ

モリエール全集

得票数
18票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

フランス古典劇の三大作家の一人であるモリエールの戯曲の全集。

モリエールは軽い喜劇を多く書いた十七世紀フランスの喜劇作家。彼の作品は、まるで十七世紀フランス版の吉本新喜劇だ。
モリエールは人気のあった舞台俳優でもあった。彼は人を楽しませるのが好きな演劇人だったが、いつも健全な分別を失わなかった。

「人間ぎらい(孤客、ミザントロープ)」のような内省的な作品もあるが、軽い作品が多いので、週末の読書の楽しみなどにとてもよいと思う。毎週一個ずつ読めば、何ヶ月間かの間楽しめる。
シェークスピアがつまらないと思うような人でも、モリエールなら、少なくとも楽しいとは思っていただけるのではないだろうか。

モリエールの作品を一冊ずつ出版すると、薄い本ばかりになってしまうので、全集のほうがよいと思う。[この全集は全四巻]
邦訳のモリエール全集は他にもあるようだが、ぜひ、鈴木力衛氏の訳によるこの全集でほしいところだ。鈴木力衛氏の訳は、読みやすくて品もあり、とても好感が持てる。(おまけに、他社のものよりこの全集のほうが安上がりだ。)

投票コメント

数名の訳者によるモリエールの著作を読んできましたが、 鈴木力衛訳のものが最も読みやすかったこと、 岩波文庫における著作が数点廃刊になっていること、 内藤濯訳の『人間嫌い』は好きになれないこと、 以上3点から希望致します。 (2007/05/08)

1

以前、モリエールの作品が大好きだったことがあって、10個ばかりの作品を文庫本で持っているのだが、まだ読んでいないものも読みたい。 それに、持っているのは古い本ばかりなので、そろそろ傷みがきている。古典的な重要作家の作品なのだから、保存しておきたいとも思う。 鈴木力衛氏の翻訳が一番いいと思うので、この全集がほしい。 モリエールの戯曲は、だれが読んでも楽しめるはずだ。 (2002/04/08)

1

鈴木力衛氏の訳は読みやすいから、是非読んでみたいです。 (2008/04/07)

0

今、浩瀚な新全集が発売されていますが、力衛訳は収録作品数の少ないものの、非常にこなれた日本語で実に楽しい。グレーの函、赤い表紙の装丁も洒落ていて、あの体裁のままで復刊して欲しいですね。 (2007/09/21)

0

是非、鈴木訳の復刻をお願いします。5500円でも買う。 (2006/07/31)

0

もっと見る

新着投票コメント

鈴木力衛訳のダルタニャン物語を読書中です。 とても面白いのは作者のせいか訳者のおかげか知りませんが、モリエールの鈴木訳も読んでみたい気持ちになりました。 (2009/08/26)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2002/04/08
『モリエール全集』(モリエール著  鈴木力衛 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

全集・選集(海外文芸)に関するQ&A

娘が魔女の首を切る 海外民話の児童書のタイトル 

10年ほど前に読んだ海外の民話で、 同じ国の民話のコレクションの児童書です。 タイトルは 「(国の名前)の民話」 だったと思うのですが、思い出せません。カバーは民話に関係した挿絵が緑系で書いてあ...

TOPへ戻る