1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『なかよしいじわる元素の学校(かこさとし)』 投票ページ

なかよしいじわる元素の学校

  • 著者:かこさとし
  • 出版社:偕成社
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2011/04/02
  • ISBNコード:9784035270805
  • 復刊リクエスト番号:53132

得票数
32票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

化学の基本となる周期表をつくりあげるまでの科学者たちの苦心と発見とを紹介し、元素と周期表の意味について解説する。82年刊「絵で見る化学のせかい 2」の改題改訂新版。

復刊ドットコムスタッフ

元素がどのように研究され、元素周期表はどう作られたのか、元素名の由来等、元素についての情報が工学博士でもあるかこさとしさんのわかりやすい解説と絵で書かれた絵本です。この度の訃報により、多くの絵本と共に本書への注目も集まっています。


投票コメント

実家にこの『絵で見る化学のせかい』の全6巻セットがあり、化学とはなにかわからない幼稚園の頃から加古先生の絵柄に惹かれて繰り返し読んだものです。 中学高校生になってから見返してもとても子ども向けとは思えない詳しさとわかりやすいビジュアル解説で私が理系に進むきっかけになったといっても過言ではありません。 特にこの『なかよしいじわる元素の学校』の元素の発見と周期表の発明の歴史の説明はわかりやすく、よく憶えています。現本は実家に残っているのかもしれませんが、親となった今また読み返したいし子どもにも読ませたい一冊です。 (2015/10/17)

4

図書館で読み、子供にもわかりやすく化学の世界をひもといてくれる本でした。これがあれば化学が、子供にとって慣れ親しんだものとして、すっと入って行けるものになるでしょう。なぜ今廃刊になっているのかが不思議です。 当時はあまり有難味が理解されなかったのかもしれません。 しかし、今なら再び支持されるに違いありません。 復刊されることを願っています。 (2011/05/27)

3

ぽ

子供向けの絵本としても素晴らしいものですが、サイエンスを学んだ大人が読むと、その素晴らしさが一層わかります。科学に興味を持たせるような本やグッズも次第に充実してきましたが、こと元素に関する限り、この本を超えるものは未だに存在しません。ぜひ、多くの人がこの本を手に取ることができるように、復刊を強く希望します。 (2014/11/18)

2

子供が小学校の理科の授業で元素のことを教わり、図書館でこの本を見て欲しいと言い出しました。 最近の本はカラー写真が多く、図鑑のようなタイプのものが多いのですが、この本は元素の性質や仕組みをわかりやすい喩で記述してあり、大人が読んでも判りやすいと思いました。 (2011/11/12)

2

皆さんのコメントを見せて頂き、ぜひ読みたい!と思いました。かこさとしさんは、「からすのぱんやさん」や「だるまちゃんとてんぐちゃん」等、子供と一緒に楽しませて頂いてました。大人になった我が子と、この本をまた読みたいです。 (2018/05/17)

1

もっと見る

新着投票コメント

皆さんの感想を拝読し、私も読んでみたくなりました。 (2018/06/04)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2015/09/15
『なかよしいじわる元素の学校』が10票に到達しました。
2011/04/02
『なかよしいじわる元素の学校』(かこさとし)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

学習参考書教育書受験書に関するQ&A

二十年近く前に小学校の試験で読んだ小説を探しています。

小学校の国語の試験に出た小説を探しています。 太平洋戦争で学童疎開した少年が主人公でした。 少年は地元の子供たちから、度胸試しで高所から川に飛び込むことを求められます。少年はバカにされたくなかったた...

TOPへ戻る