復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

64

投票する

精神の生態学 第二版

精神の生態学 第二版

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 64

著者 グレゴリー・ベイトソン、佐藤良明
出版社 新思索社
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784783511755
登録日 2010/05/28
リクエストNo. 50487

リクエスト内容

http://book.asahi.com/mybook/TKY200806040148.html
精神科医の斎藤環さんにも多大な影響を与えたベイトソンの集大成論文。
佐藤良明さんが一人で訳している2000年発刊バージョンを希望します。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全64件

  • 大著ゆえ購入を逡巡してるうちに出版社が倒産。中古本にたっぷりプレミアムが載っかって、おいそれと買えない値段になってしまった。論考は多岐にわたるが、情報系としての人間理解に非常に役立つと思う。志ある出版社から再刊してもらいたいが、手の届く範囲に価格が設定されることを願うばかり。 (2018/10/10)
    GOOD!6
  • 出版社が倒産、需要もあって古本価格の高騰、原書のペーパーバック版は、お手頃価格ではあるけれども、皆が皆原書に赴かなければならない理由があるわけでも無く、訳者の訳も、良い(原書と突き合わせての比較をしたわけではありませんが)と言うか、読み易い、いつまでも読み伝えられていくべき古典である、と思える、等々理由はいくらでもあげられます。是非とも復刻してほしい! (2018/08/02)
    GOOD!4
  • 知った時には既に価格が高騰しており、図書館で何とか読みました。繰り返し読んで血肉にしたい内容が多く、ぜひ手元に置きたい本です。出版社が倒産してしまったとのことですが、同社の本がちくま学芸文庫で復刊された例(『社会学への招待』 ピーター・L. バーガー著)もあるので、何とか復刊してほしいです。 (2019/06/11)
    GOOD!3
  • 本書は文化人類学者・精神医学者として活躍したベイトソンの主著であり、秀逸な人間観察がなされた名著と言われているのを聞き、ぜひ手に入れたいと思いました。
    ダブルバインド理論やコード化の理論など、人文科学全般に多大な影響を与えたベイトソンの主著を読めない状態にあるのはもったいないので、ぜひ復刊していただきたいです。
    ぼくの大学の師である佐々木啓教授も、本書をおすすめ本として紹介していた記憶があります。 (2020/10/11)
    GOOD!2
  • 教養を深めたいと思い様々なサイトで有効な本を探した。この本が何度もヒットする。しかし絶版だという。中身には問題がなく,出版社が倒産しただけらしい。そんなに素晴らしい本なら読んでみたいと思う。そして,できることならば復刊され,後世に残ることを期待する。無理な事情ではないため,そういった良書がこの世から消えていくのはもったいない。 (2020/03/16)
    GOOD!2

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2021/03/29
    『精神の生態学 第二版』が50票に到達しました。

  • 2018/03/20
    『精神の生態学 第二版』が10票に到達しました。

  • 2010/05/28
    『精神の生態学 第二版』(グレゴリー・ベイトソン、佐藤良明)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!