復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

6

投票する

評論「自由意志」




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 6

著者 デジデリウス・エラスムス著 山内宣訳 徳善義和解説
出版社 聖文舎
ジャンル 専門書
登録日 2007/05/22
リクエストNo. 38660

リクエスト内容

『痴愚神礼讃』で有名なエラスムスの神学における代表作。
人間の「自由意志」について論じた作品で『自由意志論』、『自由意志について』とも訳される。本論に対しルターが『奴隷意志論』(『奴隷(的)意志について』とも)を著しふたりの間で論争になったことはあまりにも有名です。エラスムスは『奴隷意志論』への『反論』を書き論争から手を引きました。
『奴隷意志論』は『ルター著作選集』(教文館)や『世界の名著 ルター』(中央公論新社、抄訳)など現在でも比較的読みやすい状況にありますが『自由意志論』は古本市場にも出回ることも少なく、聖文舎『ルター著作集』にも収録されていましたがこちらも絶版です。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全6件

  • 絶対神のもとでの「人間の自由」とは何か? これはキリスト教神学の難問中の難問。 答えは原則二つしかない。 人間には自由はない-すべて神の命令で動いていると答えれば簡単だが、承知できない人が多いであろう。それではヒトラーも神の命令でユダヤ人を虐殺したことになってしまう。
    しからば人間は神の命令に背いて動けるのか? 自由なのか? と問い返せば、キリスト教徒は容易に解答がえられない。  エラスムスのこの文章が翻訳されているとは知りませんでした。 ぜひ、読みたい。 (2009/06/03)
    GOOD!2
  • 欲しいです (2010/08/22)
    GOOD!0
  • 自分がカトリックに入ろうと考えた理由の一つが、エラスムスの著書に触れることであったので、エラスムスの「自由意志論」をぜひ読んでみたいと重いました。 (2010/03/19)
    GOOD!0
  • エラスムスとルターの自由意思論争の端となった書物で、この自由意思論争をエラスムス側からの主張を知る貴重な資料。 (2009/12/21)
    GOOD!0
  • このような翻訳があったとは知りませんでした。
    ぜひ読んでみたいです。 (2008/10/04)
    GOOD!0

もっと見る

NEWS

  • 2007/05/22
    『評論「自由意志」』(デジデリウス・エラスムス著 山内宣訳 徳善義和解説)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!