復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5

投票する

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(阿部 行蔵訳)

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(阿部 行蔵訳)

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 5

リクエストに関連する復刊/関連商品をみる

著者 マックス・ウェーバー
出版社 河出書房
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784309241074 9784309705033
登録日 2007/03/16
リクエストNo. 38099

リクエスト内容

本書は河出書房版『世界の大思想23:ウェーバー,政治・社会論集』に所収の『プロ倫』で、訳者は阿部行蔵によるものである。『プロ倫』の訳は既に大塚久雄訳が定番となっているが、大塚訳は阿倍の訳に比べると、平明かもしれないが、どちらかと言えば弛緩した印象を受ける。緊密さ、日本語としてのレヴェルでは阿部の訳の方を評価すべきだと思う。阿部行蔵は社会思想の専門家で元東京都立大教授だが、経歴が同志社出身、カリフォルニア大卒と行った具合で、「神様」大塚に比べると学会の遥か周辺部に位置する,殆ど在野の研究者と言ってもいいくらいである。そのせいか、この阿部訳は学会から殆ど無視、というか参照の対象にすらなってないようだ。鈴木直が『輸入学問の功罪』という著書の中で高畠素之と向坂逸郎のそれぞれの『資本論』訳を比べ、アカデミーの権威主義、事大主義を告発しているが、これは何もマルクスだけの問題でないことは、阿部と大塚の訳を比べても十分理解できると思う。是非、阿部行蔵訳『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を復刊してもらいたい。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全4件

  • 世界の大思想所収のものを読んだことがありますが、大塚訳よりこちらのほうが分かりやすかった。 (2008/02/24)
    GOOD!1
  • 本の内容の欄に詳しく書いた通りですが、訳の質が定番となっている大塚久雄の訳よりも、優れていると思われるからです。大塚訳は少し弛緩しているのではないでしょうか。それに比べ、阿部の訳は緊密で、しっかりした訳だと思います。ドットコムで復刊されたと宣伝されているのは、中山元の新訳の間違いで、阿部行蔵訳ではありません。いい加減、訂正してほしい。 (2007/03/16)
    GOOD!1
  • 大塚訳しか知らないので。 (2009/03/11)
    GOOD!0
  • こういう名著には2、3種の訳があると、比較することによってより理解が深まると思います。特に原文で読もうとする人には。 (2009/02/08)
    GOOD!0
タイトル 価格 サイト
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 2,640円 アマゾン
※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

NEWS

  • 2010/01/22
    マックス・ウェーバーの名著が画期的な翻訳で復刊!『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』 (5票)復刊決定!

  • 2007/03/16
    『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(阿部 行蔵訳)』(マックス・ウェーバー)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!