復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

6

投票する

不安の概念

不安の概念

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 6

リクエストに関連する復刊/関連商品をみる

著者 キェルケゴール 斎藤信治訳
出版社 岩波書店
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784003363522 9784122001473 9784475024068 9784582768824
登録日 2006/01/30
リクエストNo. 32426

リクエスト内容

激しい憂愁と懐疑に堪えたキェルケゴールは,主体的な存在を問題とした最初の思想家であった.ここに今日に至る実存哲学の祖としての思想史的意義がある.本書はこのような彼の自己自身との厳しい総決算であり,質的飛躍による真実絶対への生を創造する過程を,深い体験の表現において展開した内容豊かなもの.(岩波書店ホームページより)

『死に至る病』と並ぶキェルケゴール(キルケゴール)の主著。
本作は『死に至る病』の原型といえる。
キルケゴールを語る上で不可欠な著作である。
岩波文庫に収録されていた。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全5件

  • 読んでみたい。 (2006/06/04)
    GOOD!0
  • 読みたいです。
    『死に至る病』も名著だったので。 (2006/03/17)
    GOOD!0
  • 『死に至る病』だけ読んでりゃいいってもんじゃない (2006/02/01)
    GOOD!0
  • 『死に至る病』を読む前に、まずこの『不安の概念』から読むことをおすすめします!「悪魔的なるもの」「不安」といった概念から、「絶望」へといたる思索がよ~く分かります。 (2006/01/30)
    GOOD!0
  • 友人と読書会をしたいため。
    キルケゴールの他の著書の理解のためぜひ必要だと考えます。
    「不安の概念」を読んでおかないと「死に至る病」の理解が難しくなる。 (2006/01/30)
    GOOD!0

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

タイトル 価格 サイト
新訳 不安の概念 1,980円 アマゾン
※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

NEWS

  • 2019/05/23
    『新訳 不安の概念』復刊決定!

  • 2006/10/10
    復刊!キェルケゴール著/斎藤信治訳『不安の概念』

  • 2006/01/30
    『不安の概念』(キェルケゴール 斎藤信治訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!