1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『解法の手びき 全5巻(矢野健太郎)』 投票ページ

解法の手びき 全5巻

得票数
51票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

現在リクエスト登録されている「解法の手びき」の、次世代版です。こちらは現在の教育課程から見ると旧々課程になります。
数I・代数幾何・基礎解析・微分積分・確率統計の五冊が刊行されておりました。

投票コメント

高校時代、数学にのめり込めたのは矢野先生が書かれた解法の手びきシリーズでした。「深く真髄にタッチ」だったでしょうか、この謳い文句に惹かれて、勉強していたことが懐かしいです。その後、大学の数学科に進学し、数学者を目指しましたがそこまででした・・・。 最近矢野先生監修のモノグラフ数学公式集を購入しました。解放の手びきの代わりとして眺めています。 (2015/06/04)

1

矢野健太郎氏との出会いは中3で解法の手引き数学1でした。コーヒーブレークのページに円周率40桁の語呂合わせ暗記法が乗っていて、感動しました。今、古本で解法の手引きシリーズを収集しているのですが、代数幾何の行列一次変換の解説は大学で習う線形代数の半分くらいが説明されています。この本をしっかり読めば大学教養の線形代数にスムーズに入れると思います。 (2014/10/26)

1

久しぶりに本棚の奥から取り出したら、なかなか読みごたえのある内容だった。 現在の参考書のように最初のページから問題を並べて解説していくというのではなく、高校生向けの「きっちりとした読み物」という立場に立っており、正直受験のためならこの参考書は役に立っていない。 私も過去、途中で放棄した。 それでも今30年を過ぎて読み返すと、この本が矢野先生の思うところをよく体現しているのがわかる。 とくに数Ⅰについては(想像だけれど)矢野先生自身が数学に寄せる想いのようなものを強く読み取れる. 「エレガントな解答」というものをもう一度感じてみたい。 (2012/09/09)

1

いい本です。 高校の数学の教科書では、納得や完全な理解ができない人のための本です。 これに相当する他の本は、探しましたがいまだ見つけることができません。 学習指導要領は10年単位で変更されますが、そのたびに数学の教科名や学習範囲が変わるので、それに追随できなくなり、絶版になってしまったということでしょうか。 数学自体は、学習指導要領とは関係ない真理でありますので、本のタイトルに「数Ⅰ」とかつけるのをやめ、純粋に数学の分野名をつけて販売してはどうでしょうか。 (2012/07/26)

1

これほど優れた本が絶版とは悲しいです。 私自身、この本のおかげで数学ができるようになりました。 数学の参考書は数多くありますが、この本より優れたものを見たことはありません。 特に近頃の書店で見かける劣悪な参考書を見るたびに、この本を復刊していただきたいと強く思います。 (2012/07/04)

1

もっと見る

新着投票コメント

手に入らなくて、テクニックしか持っていませんが、著者のファンです。 (2017/12/22)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/12/09
『解法の手びき 全5巻』が50票に到達しました。
2004/12/21
『解法の手びき 全5巻』(矢野健太郎)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

学習参考書教育書受験書に関するQ&A

二十年近く前に小学校の試験で読んだ小説を探しています。

小学校の国語の試験に出た小説を探しています。 太平洋戦争で学童疎開した少年が主人公でした。 少年は地元の子供たちから、度胸試しで高所から川に飛び込むことを求められます。少年はバカにされたくなかったた...

TOPへ戻る