1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. コミック・漫画
  4. 『『のらくろカラー文庫1~15、別巻1、2』(田河水泡)』 投票ページ

『のらくろカラー文庫1~15、別巻1、2』

得票数
573票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

のらくろは、戦前に『少年倶楽部』の連載とは別に、書き下ろしの10冊の単行本(『のらくろ上等兵』、『のらくろ伍長』、『のらくろ軍曹』、『のらくろ曹長』、『のらくろ小隊長』、『のらくろ少尉』、『のらくろ総攻撃』、『のらくろ決死隊長』、『のらくろ武勇談』、『のらくろ探検隊』)が出版され、これらは、昭和44年に戦前と同じように布張り、箱入りで復刻されました。
また、10冊の内容の続編として、昭和50年代に5冊の単行本(『のらくろ召集令』、『のらくろ中隊長』、『のらくろ放浪記』、『のらくろ捕物帳』、『のらくろ喫茶店』)が出版されました。
これらの15冊は、のらくろの正伝ともいうべき内容の本です。
その内容は、野良犬の「のらくろ」が猛犬連隊に入隊し、数々の失敗や手柄をあげながら、大尉まで出世しますが、軍隊を除隊し、大陸開拓へ向かいます。その後、猛犬連隊に召集され、一度は軍隊に戻りますが、その後、猛犬連隊は、解散。元の野良犬に戻ってしまいますが、仕事を探し始め、保険の外交、旅館の番頭、私立探偵、喫茶店の見習いなどをした後、おぎんちゃんと結婚し、独立し、喫茶店を開いて終わりというものです。
そして、これらの15冊に、のらくろと同様に田河水泡先生によって描かれた『蛸の八ちゃん』と『凸凹黒兵衛』を別巻として加えた全17巻を、縮刷版として文庫化し、手頃な値段で昭和59、60年に出版されました。これが『のらくろカラー文庫』です。

投票コメント

昭和57~59年頃、叔父の家にのらくろ上等兵やのらくろ伍長というようなタイトルのハードカバーの漫画本が5冊ほどありました。可愛らしい動物達が戦場で懸命にがんばるユーモラスな姿を応援しながら夢中になって読み耽った思い出があります。小学生だったためほとんど楽しかったとしか覚えていないのですが、時に戦争物の冷ややかさを感じた記憶もあり……。大人になった今こそぜひ読みたい漫画だと思い、リクエスト投稿することにしました。 (2018/10/18)

2

幼い(昭和30年代)、近くに住む大学の先生が、地下の書庫にご自分の子供の頃読まれたのらくろを全部保存されていて、その書庫から借りては夢中になって読みました。ぜひとも復刊をお願いします。 (2016/03/05)

2

子供のころ知り合いの家で読んだ記憶があります。 自分は戦争経験はない世代ですが、昭和のあの頃戦争を体験していた祖父祖母世代の方々がまだまわりにたくさんいた時代で、のらくろだけではなく、戦争(軍隊?)の作品はもっと身近なものであったように思います。 私にとっては懐かしいものですが、今の子供たちにとっては遠い歴史の話になってしまっている戦争をしていた時代のお話、興味深く目に映るのでは? (2017/10/15)

1

小学生のころ夢中で読んでいました。 ひょうひょうとした仕草や、ちょっと間の抜けたような話し方が懐かしく思い出されます。 野良からどんどん出世していく所までは読みましたが、 隊が解散した後のお話は読んだことがないので、 是非是非読んでみたいです。 (2017/01/24)

1

小学生の頃、町の図書館でよく読みました。とても懐かしいです。ハードカバーのもので、おそらく昭和44年に復刻されたものだと思います。カラー文庫の方は知りませんでした。なかなか手に入らないようなので、ぜひ復刊をお願いしたいと思っています。 (2016/10/17)

1

もっと見る

新着投票コメント

子供の頃図書館で読んだ (2019/06/01)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

読後レビュー(1件)

  • 懐かしい

    ショウ 2016/02/05

    懐かしくて読んじゃいました。小学校の図書室になぜかマンガなのに「のらくろ」と「はだしのゲン」だけ置いてあって大人気でしたね。でも抜けてる刊数が沢山あって、もう一度はじめから全部読んでみたいと思っていたので夢が叶いました。戦争マンガですか怖い絵はなく、面白く描かれていて小さい子供にもおすすめです。とても貴重な作品ですので、まだ読んだことない大人の方も読んでみると良いですよ。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2012/08/28
『『のらくろカラー文庫1~15、別巻1、2』』が500票に到達しました。
2012/03/05
『のらくろ捕物帳 [カラー復刻版]<のらくろ幸福(しあわせ)3部作 2>』復刊決定!
2012/03/05
『のらくろ喫茶店 [カラー復刻版]<のらくろ幸福(しあわせ)3部作 3>』復刊決定!
2012/03/05
『のらくろ放浪記 [カラー復刻版]<のらくろ幸福(しあわせ)3部作 1>』復刊決定!
2001/12/22
『『のらくろカラー文庫1~15、別巻1、2』』が規定数に到達しました。
2000/12/17
『『のらくろカラー文庫1~15、別巻1、2』』(田河水泡)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2006/11/13
復刊活動の新情報をお知らせします。

田河水泡「のらくろカラー文庫」の復刊交渉を再開しました。



今後、新情報が追加され次第更新したします。
2002/10/10
メール連絡済み
この本は出版社へ復刊希望のメール連絡済みです。
実際に交渉した際には改めましてご連絡します。
(交渉先:出版社)
2001/12/22
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
交渉スケジュールが決定次第ご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

犬に関するQ&A

耳の長いピンク色の犬が泥棒に連れ去られた友達を助ける話

【⠀いつ頃の本か 】→私が幼稚園生の頃に読んでいた本で、2005年頃だったと思います 【⠀覚えてる本の内容⠀】→耳の長い動物(確か犬だった気が…)泥棒もしくは強盗のような人となにかアクションを起こす...

TOPへ戻る