1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. コミック・漫画
  4. 『『のらくろカラー文庫1~15、別巻1、2』(田河水泡)』 投票ページ
  5. 投票コメント一覧(Good!数順)

コメント一覧

『のらくろカラー文庫1~15、別巻1、2』

全571 件

昭和57~59年頃、叔父の家にのらくろ上等兵やのらくろ伍長というようなタイトルのハードカバーの漫画本が5冊ほどありました。可愛らしい動物達が戦場で懸命にがんばるユーモラスな姿を応援しながら夢中になって読み耽った思い出があります。小学生だったためほとんど楽しかったとしか覚えていないのですが、時に戦争物の冷ややかさを感じた記憶もあり……。大人になった今こそぜひ読みたい漫画だと思い、リクエスト投稿することにしました。 (2018/10/18)

2

幼い(昭和30年代)、近くに住む大学の先生が、地下の書庫にご自分の子供の頃読まれたのらくろを全部保存されていて、その書庫から借りては夢中になって読みました。ぜひとも復刊をお願いします。 (2016/03/05)

2

子供のころ知り合いの家で読んだ記憶があります。 自分は戦争経験はない世代ですが、昭和のあの頃戦争を体験していた祖父祖母世代の方々がまだまわりにたくさんいた時代で、のらくろだけではなく、戦争(軍隊?)の作品はもっと身近なものであったように思います。 私にとっては懐かしいものですが、今の子供たちにとっては遠い歴史の話になってしまっている戦争をしていた時代のお話、興味深く目に映るのでは? (2017/10/15)

1

小学生のころ夢中で読んでいました。 ひょうひょうとした仕草や、ちょっと間の抜けたような話し方が懐かしく思い出されます。 野良からどんどん出世していく所までは読みましたが、 隊が解散した後のお話は読んだことがないので、 是非是非読んでみたいです。 (2017/01/24)

1

小学生の頃、町の図書館でよく読みました。とても懐かしいです。ハードカバーのもので、おそらく昭和44年に復刻されたものだと思います。カラー文庫の方は知りませんでした。なかなか手に入らないようなので、ぜひ復刊をお願いしたいと思っています。 (2016/10/17)

1

なつかしいので。 (2016/01/28)

1

昔、小学校の図書室に有りよく読んでいた。 今の世代に、読んで欲しい物です。 (2016/01/28)

1

のらくろを絶版にしたら若い人に読めないじゃないか (2016/01/12)

1

子供の頃にお小遣いをためては購入していた大好きなシリーズです。長年の間に引越等を経験するうちに残念ながら損失、とうとう一冊もなくなってしまい、ただただ読みたい気持ちばかりが募っておりました。手軽なこのスタイルのこのシリーズが大好きでした。現在日本の周辺国との外交関係を考えれば、物語の内容的に不適切な本だとして指摘する国もあるかも知れません。ですが、「のらくろ」は歴史的なものであり、戦前期から戦後期に渡る日本の移り変わりを現在に伝える貴重な作品の一つであると思いますので、それを手軽にしたカラー文庫シリーズをぜひ今一度復刊していただけたらと思います。 (2014/01/25)

1

中学生の頃に図書室で何度も呼んだ記憶があります。 久しぶりにまた読みたいと思い探したのですが、さすがに見つけることができませんでした。 そんな時に、復刻ドットコムの戦後3部作を知り読んだのですが、余計に本編を読みたくなってしまいました。 是非復刊してほしいです。 (2013/06/10)

1

小学校の時に、兄貴が1冊持ってたのを読んだのが始まりです。 それからのらくろの虜になりました。 最初の10冊は、古書店で旧装版のセットを2万5千円で買うことができました。妻に誕生日プレゼントの名目で買ってもらって、今でも大切に持っています。解説にもあります続編の5冊は見たことすらありません。ぜひとも読みたいと思います。 (2013/04/04)

1

出版されていた当時は、本屋で見かけたものだけを買っていて、別巻の存在さえ知りませんでした。歯抜けの状態のまま、そのうち揃うだろうと思っていたら、いつのまにやらあえなく絶版に。今読み返すと本当に面白く、なぜその当時、もっと情熱を持って全巻揃えようとしなかったのかが悔やまれてなりません。 (2012/05/21)

1

幼少期に母親が買ってきてくれた思い出の一冊です。 あらすじを思い出すのさえ苦慮するくらい遠い過去の ことですが、{のらくろ}のさまざまの表情が髣髴と思い出され 癒されています。 スタッフのみなさまのご尽力で復刻が実現されますよう切に願っ ております。 (2012/05/12)

1

小学生のころ、講談社の漫画全集を読んで、ファンになりました。 その後、このカラー文庫が出版され、「総攻撃」と「決死隊帳」を買いました(現在も大事に持っています)。 最近、自分の子どもにその本を見せたところ、すっかりファンになってしまったようで、上等兵から読みたいとせがまれています。 自分も久しぶりに読み返したいので、是非復刊してください! (2012/05/02)

1

当初発売されていた時は小学生だったため、 小遣いが足りなくて購入できず、 いざ購入できる年齢になったら、すでに絶版…。 復刊していただけると、非常に嬉しいです。 交渉が止まっているようですが、期待して待ってます。 (2011/09/06)

1

率直に言って、現在の1万円以上する相場(のらくろ喫茶店について)よりも安く購入したいため。 戦前の軍隊ものは数冊持っており、また市場の相場も安い。 しかしながら、続編のシリーズになると急に値段が跳ね上がる。 僕は軍隊時代以後ののらくろが見たい。 あの田川水泡独特の間の世界を、晩年の熟練した技のもとに、戦争と離れた世界にて見たいものである。 (2010/03/03)

1

「のらくろ」については、戦前版の復刻本を持っているんですが、 読みやすさと手軽さ、そして今の人に「のらくろ」を読んでもらう ためにもあればと思いますので1票入れさせていただきます。 あとは・・・・2冊くらい、昔手に入れたんですが散逸してしまいましたので(苦笑 (2008/07/22)

1

私の通っていた中学校にのらくろが置いてありましたが、軍曹に昇進する話までしか読むことができませんでした。 私は「サザエさん打ち明け話」に見られるような長谷川町子さんの師匠としての田河先生のお人柄に惹かれ、是非続きを読みたいと思っています。 (2008/06/19)

1

子供の頃、かなり古い漫画が家にあり、それを読んでいました。 タイトルは「のらくろ」。ユーモア溢れたそれは、子供心に楽しく、想い出の漫画となりました。 兵士として失敗するのらくろや、大陸で活躍するのらくろの姿が印象に残ってます。ぜひ復刊していただきたいです。 (2007/10/11)

1

「週刊アスキー」誌上に唐沢なをき氏が「凸凹黒兵衛」のパロディ漫画を描いているのを何度か見て興味が湧き、是非オリジナルのほうを読みたいと思っております。 ですから復刊の際には「凸凹黒兵衛」を含む別巻も是非お願いします。 (2006/09/16)

1

幼い頃、テレビで見た記憶があります。 のらくろ2等兵・・だったかなぁ。 単行本は呼んだ記憶がありません。 ふと、思い出しここへ来て検索してみると リクエストされているではないですか・・ ぜひ、読んでみたい。 (2005/12/01)

1

日本活劇漫画の原点。 この「文化遺産」が、たとえば夏目漱石の小説の様にどこでも 手軽に購入出来ないという事は甚だ遺憾である。なぜこうまで 再販されないのか?もしかしたら最近の某囲碁少年漫画の様に 某団体より出版自体に「圧力」が掛かっているのだろうか? などと邪推もしたくなる。もし本当だとしたら悲しいことだ。 なんとしても再販を実現して下さい。お願いします。 (2005/11/22)

1

子供のころ楽しくて次から次へ読みあさったことを覚えています。しかし、今その楽しかった内容を殆ど覚えておらず、ここ何年か本屋を探していましたがありません。なんとか復刻してもらいあの時の楽しさと同時に懐かしさ・子供のころの事を少しでも蘇らせれたらと思い1票投じます。 (2005/08/21)

1

小さい頃にハードカバー(?)を1度だけ読んだことがありました。 まだ、漫画をあまり読んだことが無い頃に唯一、 本棚にあった漫画でした。 内容はおろか、書いてある文字も良く読めず、絵本代わりに、 父親に「呼んで」とせがんだ思い出深い作品で、 ぜひ、もう一度読んで見たいと思います。 交渉が膠着状態とありますが、なにとぞ、よろしくお願い致します。 (2005/07/22)

1

小学生のころ、のらくろがとーっても好きで、とーってもこの本が欲しかったのですが、小学生だったがゆえ、お金もなく…。働くようになったいまは、お金は多少はあるが、本がなくと。なんとかして手にいれたいです。 (2005/05/02)

1

3歳位の頃、のらくろの枕を使っていました。昭和40年代後期です。今、成人の視点で読み返してみても興味深く読めると思います。子どもにも見せてあげたいと思います。アメリカの鼠やアヒルよりも、断然のらくろ! (2005/04/24)

1

四十路ですが、当時戦争ゴッコに明け暮れていた私の愛読書でした。前官房長官福○氏のお顔をTVで拝見する度、無性に読みたくなります(ソックリ)。復刻版を何冊か所有しておりますが、後日談を是非読みたいので復刊を希望します。 (2005/02/23)

1

わたしが小学生の頃、布製ののらくろの漫画本が図書室に置いてありました。戦争漫画とはあまり考えておらず、「のらくろ」そのものにとても魅力を感じていました。今思えば、あの愛らしい姿と正義感の塊のような人柄、いや「犬柄」に強く惹かれていたのだと思います。40歳近くなった今、無性に読みたくて仕方がありません。 インターネットでは「お取り扱いできません」「在庫切れ」の文字が出るばかり。布製の復刻版があったとしても2倍以上の値段にはね上がっています。この「カラー文庫」は手頃な価格で、しかもオールカラーです。布製の本よりは買い手がつきやすいと思うので、復刊の価値ありだと思います。そして、このサイトを見つけていない人でもきっとのらくろファンは沢山いると信じています。 期間限定または出版数限定でもかまいません。どうか復刊して下さい!!よろしくお願い致します。 (2005/02/20)

1

いつの頃の版か判らないのですけれど ガキンチョの頃 家に有った”のらくろ ”のシリーズ本を読んでいました (多分一部分の版だけ・・・) 何故か じっとしゃがみ込んで読みふけってしまいますね 未だ出会った事の無い” のらくろ ”にも ぜひ逢ってみたい☆ (2004/09/25)

1

小学生の頃、地域の図書館で読みました!おもしろい上にもう一つおまけが!中学高校に入って、古典の授業が分かる分かる!言葉遣いなんて「のらくろ」そのままだもの!おかげですごくいい点数を苦労なくとる事もできました。まさに一石二鳥です。時代の勉強もできるし、もう一度読みたいよ! (2004/09/14)

1

全571 件

TOPへ戻る