復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

メルボンさんの公開ページ 復刊投票コメント一覧

復刊リクエスト投票

  • 完訳 アーサー王物語

    【著者】サー・トマス・マロリー

    各地でさまざまに語り継がれてきたアーサー王伝説を1冊の本にまとめ上げ、物語として“完成”させたと言われるトマス・マロリー。
    しかし、彼の書き上げた『アーサー王の死』のオリジナルは残っておらず(何しろ14~15世紀を生きた人物である)、現存する唯一の写本は名門パブリックスクールのウィンチェスター・カレッジで発見されたため「ウィンチェスター写本」と呼ばれる。
    一方、出版物としての『アーサー王の死』は、イングランドで初めて印刷機を用いた印刷業を立ち上げたと言われるウィリアム・キャクストンが1485年に完成させたものが最初で、こちらは「キャクストン版」と呼ばれる。
    「ウィンチェスター写本」と「キャクストン版」との間にはストーリーや言葉遣いなど多くの面で相違があるが、よりオリジナルに近いのは「ウィンチェスター写本」だと言われている(とはいえ、こちらもマロリーの手によるものではない)。
    本書は、マロリーの研究で学位を取得した日本大学名誉教授の中島邦夫博士を中心に翻訳された本邦唯一の「ウィンチェスター写本」の完訳版である。(2019/01/18)
  • われら船乗り―海の慣習と伝説

    【著者】杉浦昭典

    世界の船乗りたちが世代を超えて語り継いできた海の慣習や伝説、いわゆる"Maritime folklore"などを扱った一冊。神戸大学海事博物館顧問の杉浦昭典先生の著書というだけでも読む価値大です。(2018/10/06)
  • 大帆船時代 -快速帆船クリッパー物語(中公新書 542)

    【著者】杉浦昭典

    大航海時代とは、即ち大帆船時代であった。エンリケ航海王子の時代からナポレオン時代まで、帆船は大海を統べる海洋の王者だったのだ。現存唯一のいわゆる「ティークリッパー」であるカティーサーク号を中心とした、神戸大学海事博物館顧問の杉浦昭典先生による名著。(2018/10/06)
  • 帆船史話

    【著者】杉浦昭典

    1979年出版の本を1991年に「王国の海賊編」、「戦艦の時代編」の二冊に分けて復刊した本書。91年版も既に絶版のため、復刊を希望します。(2017/03/12)
  • 海の昔ばなし―海、船、人、航海の一口知識

    【著者】杉浦昭典著/服部武司画

    エンリケ航海王子によって始まったいわゆる「大航海時代」のみならず、古代から近代までを扱う一冊。ぜひ読みたい。(2017/03/12)
  • 海賊たちの太平洋

    【著者】杉浦昭典

    神戸大学海事博物館の杉浦昭典先生による海賊本。ぜひ読みたい。(2017/03/12)
  • 海賊キャプテン・ドレーク イギリスを救った海の英雄

    【著者】杉浦昭典

    神戸大学海事博物館の杉浦昭典先生による著書。2010年に復刊されましたが、現在はこちらも絶版になっています。(2017/03/12)
  • 世界の帆船博物館―上田毅八郎画集

    【著者】上田毅八郎著/杉浦昭典解説

    神戸大学海事博物館の杉浦昭典先生が解説を書いておられるというだけで、ぜひ一度読んでみたい。(2017/03/11)
  • クーデター―その成功と失敗の分析

    【著者】尾鍋輝彦

    本サイトで、エドワルド・ルトワック著「クーデター入門―その攻防の技術」(http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=61963)を検索していて出合った。類著であり、興味深そうな内容なので。(2016/06/12)
  • クーデター入門 -その攻防の技術

    【著者】エドワルド・ルトワック

    クーデターは如何にして起こるのか、その成否はどこで決するのか、そして権力の側はそれをいかに防ごうとするのか。こういった点を、体系的かつ実践的に知りたい。原著は改訂を重ねてアップデートしているそうなので、最新版での復刊を望みます。(2016/06/12)
  • Webの創成 ― World Wide Webはいかにして生まれどこに向かうのか

    【著者】ティム・バーナーズ=リー (著); 高橋徹 (翻訳)

    WWW(ワールドワイドウェブ)の考案者であるティム・バーナーズ=リー氏による、ウェブの標準化への困難な道のりを描いた記録。広く読まれるために、新書版などでの復刊が良いのではないか。(2016/02/21)
  • 英国史

    【著者】アンドレ・モロワ

    様々な民族や王朝が入り乱れ、とかく初心者には難解になりがちな英国史を簡潔かつ丁寧に描いたアンドレ・モロワの名著。1958年に新潮文庫で復刊されているが既に絶版となって久しく、また翻訳も古いため新訳での復刊を希望。(2015/02/15)
  • 図説イングランド海軍の歴史

    【著者】小林幸雄

    イングランド海軍の歴史を、その創設からトラファルガーの海戦まで描いた通史。総論的なイングランド史では描ききれない海洋国家の歴史を知る事ができます。
    但し、図版など含め誤字などの誤りが散見されるそうなので、復刊の際には修正されている事を望む。(2015/01/25)
  • フランス反骨変人列伝

    【著者】安達正勝

    安達正勝氏による四人の「反骨の人」の物語。ぜひ読んでみたい。(2014/10/15)
  • マラーを殺した女 暗殺の天使シャルロット・コルデ

    【著者】安達正勝

    『物語フランス革命』や『マリー・アントワネット フランス革命と対決した王妃』など、フランス史、中でもフランス革命史に関する名著・好著の多い安達正勝氏による“暗殺の天使”シャルロット・コルデの物語。
    無垢な「ただの田舎娘」にすぎなかったシャルロットが、歴史に残る恐ろしい暗殺者となったのはなぜだったのか。ロマン派の詩人アルフォンス・ド・ラマルティーヌが彼女を形容する際に用いたという“暗殺の天使”(「弱さと強さ、純粋な意図と犯罪的手段、誤りと真実、殺人と殉教」が混じり合った行為であった、との評との事)という言葉は彼女の思想を良く表している。(2014/10/15)
  • ナポレオンを創った女たち

    【著者】安達正勝

    『物語フランス革命』や『マリー・アントワネット フランス革命と対決した王妃』など、フランス史、中でもフランス革命史に関する名著・好著の多い安達正勝氏によるナポレオンにまつわる女性たち(母・妻・愛人など)の物語。ぜひ読みたい。(2014/10/15)
  • フランス革命と四人の女

    【著者】安達正勝

    『物語フランス革命』や『マリー・アントワネット フランス革命と対決した王妃』など、フランス史、中でもフランス革命史に関する名著・好著の多い安達正勝氏による四人の女性の物語。フランス革命という時代に生まれたが故に、「一介の主婦」や「一介の娼婦」でいられなかった(またはそれで終わらずに済んだ?)女性たちを安達先生がどう描くのか、ぜひ読みたい。(2014/10/15)
  • オーブリー&マチュリンシリーズ全10作(+未邦訳全11作)

    【著者】パトリック・オブライアン

    C.N.パーキンソンのホーンブロワーシリーズと並んで有名な海洋冒険小説シリーズ。是非全シリーズを揃えたい。(2014/04/18)
  • 16世紀の帆船 三省堂図解ライブラリー

    【著者】リチャード・ハンブル 文/マーク・バーギン 画/杉浦昭典 訳

    帆船模型を趣味とされている方はもちろん、「ホーンブロワーシリーズ」や「オーブリー&マチュリンシリーズ」等の海洋冒険小説を読む方や、(「オーブリー&マチュリンシリーズ」の映画化作品である)「マスターアンドコマンダー」等の映画を楽しむためにも良い友ではないでしょうか。(2014/04/18)
  • ホレーショ・ホーンブロワーの生涯とその時代

    【著者】C.N.パーキンソン

    名探偵シャーロック・ホームズや諜報員ジェームズ・ボンドと並び、英国を代表する架空の人物ホレーショ・ホーンブロワー。世界的にも人気の高い彼をあたかも実在の人物であるかのように描いた本作は、ファン必携の逸品ですが、絶版の現在その価格は高騰し入手困難となっています。
    新しい世代のファン達の為にも、新訳で豪華装丁の復刊に期待します。(2014/03/12)

T-POINT 貯まる!使える!