復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

東アジアからみた「大化改新」

仁藤敦史

1,870円(税込)

(本体価格 1,700 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:17ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

お気に入りに追加

著者 仁藤敦史
出版社 吉川弘文館
判型 四六判
頁数 224 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642059558

商品内容

中大兄皇子・中臣鎌足のクーデターに始まる一連の政治改革「大化改新」は、東アジア世界のなかでどのように位置づけられるのか。膨張する隋唐帝国への対応を迫られた高句麗・百済・新羅の動向と比較し、改革の必然性を解明。皇極・孝徳期の外交政策、内部対立、「任那(みまな)」問題、難波遷都をもとに、古代日本の一大画期を新たな視点から再検討する。

▼目次
隋唐帝国の成立と東アジア諸国 -プロローグ
唐帝国の成立と周辺諸国の対応
--唐帝国の支配
--唐帝国の支配拡大
唐の高句麗征討と六四二年の対応
--高句麗の対応
--高句麗征討と百済・新羅の対応
東アジア情勢と倭国の外交方針
--六二三年の変化
--皇極期の外交
--「乙巳の変」前夜
孝徳期の外交基調と「任那の調」
--孝徳期の「任那」問題
--前史の検討
--「任那」認識の変化
孝徳政権の外交的対立
--唐・新羅と百済
--内政の対立と分裂外交
難波遷都と外交
--孝徳期の外交路線
--難波遷都の意義
「大化改新」論 -エピローグ

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!