復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
1,980円(税込)

敗者たちの中世争乱 年号から読み解く

関幸彦

1,980円(税込)

(本体価格 1,800 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:18ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 関幸彦
出版社 吉川弘文館
判型 四六判
頁数 256 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642058957

商品内容

武士の台頭した時代、中世。その力が確立するなか、幾度も政変や合戦が起きた。多くは、当時の年号を冠した争乱の名前でいまに伝えられている。
鎌倉幕府成立時の「治承・寿永の内乱」から戦国時代の幕開けを告げる「享徳の乱」まで、十五の闘諍(とうじょう)を年代記風に辿り、そこにまつわる記憶とともに、野史や外伝もふまえつつ敗れた者への視点から描き出す。

▼目次
謡曲『望月』 -プロローグ
鎌倉 「関東」と敗者たち
--治承 源頼政の存念 -交差する記憶と記録
--文治 反骨の証明か、大河兼任の乱-奥州藤原氏の意地
--建保 和田合戦-和田義盛の執心、朝比奈三郎の抗心
--承久 後鳥羽上皇の残念 -「武家、天気ニ背ク」の深層
--宝治 三浦一族の悔恨 -宝治合戦が伝えるもの
--弘安 霜月騒動の余震 -安達泰盛の強盛と没落
南北朝 「吉野」の記憶と敗者たち
--建武 中先代の乱 -北条時行の粘り強さ
--正平 四条畷合戦と楠木一族の順義 -吉野という記憶
--観応 観応の擾乱の周辺 -足利直義から直冬へ、負の連鎖を考える
--康暦 小山義政と康暦の蜂起 -呼び出される抗心の旗印
--明徳 明徳の乱と山名氏清 -「六分一殿」の思惑
室町 両府相剋と敗者たち
--応永 応永の乱から禅秀の乱へ -大内義隆そして上杉氏憲を考える
--永享 永享の乱と公方持氏の抗心 -両府激突
--嘉吉 嘉吉の乱の奥行き-将軍横死の顛末
--享徳 享徳の乱と古河公方成氏の矜持 -都鄙争乱と戦国への助走

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!