復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
3,300円(税込)

アウステルリッツ 新装版

W・G・ゼーバルト 著 / 鈴木仁子 訳

アウステルリッツ 新装版

予価 3,300円(税込)

(本体価格 3,000 円 + 消費税10%)

配送時期:2020/02/中旬

Tポイント:30ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

得票数:15票
アウステルリッツ
著者 W・G・ゼーバルト 著 / 鈴木仁子 訳
出版社 白水社
判型 四六判
頁数 298 頁
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784560097489

商品内容

全米批評家協会賞ほか、多数受賞の最高傑作。建築史家の主人公が語る暴力と権力の歴史。建築史家のアウステルリッツは、帝国主義の遺物の駅舎、要塞、病院、監獄を巡り、<私>に暴力と権力の歴史を語る。解説:多和田葉子。

▼著者プロフィール
W・G・ゼーバルト
1944年、ドイツ・アルゴイ地方ヴェルタッハ生まれ。フライブルク大学、マンチェスター大学などでドイツ文学を修めた後、各地で教鞭をとった。やがてイギリスを定住の地とし、イースト・アングリア大学のドイツ近現代文学の教授となった。散文作品『目眩まし』『移民たち 四つの長い物語』『土星の環 イギリス行脚』を発表し、ベルリン文学賞、ハイネ賞など数多くの賞に輝いた。遺作となった散文作品『アウステルリッツ』も、全米批評家協会賞、ハイネ賞、ブレーメン文学賞を受賞し、将来のノーベル文学賞候補と目された。エッセイ・評論作品『空襲と文学』『カンポ・サント』『鄙の宿』も邦訳刊行されている。2001年、住まいのあるイギリス・ノリッジで自動車事故に遭い、他界した。

鈴木仁子(すずき ひとこ)
1956年生まれ。椙山女学園大学教授。翻訳家。主要訳書:ゼーバルト『移民たち』『目眩増し』『土星の環』『空襲と文学』『カンポ・サント』『鄙の宿』、ベーレンス『ハサウェイ・ジョウンズの恋』、ゲナツィーノ『そんな日の雨傘に』(以上、白水社)ほか多数。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全15件

  • 季刊誌「kotoba」2019年秋号「新しい古典を探せ!」特集で、池内紀氏が遺したエッセイでも紹介されていましたが、せめて「アウステルリッツ」だけでも、復刊して欲しい。もちろん、現在、入手困難な作品すべての復刊を望みます。 (2019/09/29)
    GOOD!1
  • 中古が高いのと、新品で欲しいから。 (2019/09/13)
    GOOD!0
  • 是非読んでみたいので。 (2019/07/07)
    GOOD!0
  • 読みたいです! (2019/06/06)
    GOOD!0
  • 小野正嗣先生のラジオを聞いて興味を持ったため。 (2019/04/25)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!